相互リンク先の更新情報!

【小中学生】従姉妹5【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


そのまま男子トイレに直行し、奥の方の個室へ入り、鍵をかける。

なぜか結構綺麗なトイレで広くて数も多い。地元のはかなり薄汚いのに・・・

「お兄ちゃんとトイレ別じゃないの?」

「今日はいいんだよ。特別」

「ふーん」

「あと、トイレでは静かに話そうね、分かった?」と屈んで耳元で囁く。

「うん」とゆうも囁き返す

そして俺は巨大化したモノを隠すためのタオルを外し、パンツを脱いで文字通り全裸。

ゆうの目はモノに釘付けになっている。

「じゃあゆうも水着脱いじゃおっか、きついしおしっこできないでしょ」ここは特にヒソヒソと話す。

俺の顔と膨張したソレを交互に見ながら頷く。

「じゃあ脱がしてあげるね」

俺は密着し、ゆうのお腹辺りにそれを押しつけながら肩の紐をずらしていく。

そして屈みながら水着を腰あたりまで一気に降ろした。

思わず息を呑む俺。




そこには膨らみかけで成長途中を感じさせるおっぱい。

小さな乳輪は薄い肌色で、乳首は小粒。

しばしなめ回すように

少し角度を変えて見ると小さくツン、と張ったような形、、、

思わず人差し指で先端をこちょこちょくすぐると、くすぐったそうに笑いながら腰をよじる。

腰あたりまで降りていた水着もそのまま膝あたりまで降ろす。

こないだ見たツルマンをまた拝むことができた。よく見ると白い産毛が見える。

思わずスジを指でなぞると、

「それくすぐったいよ、はやくおしっこしてプールいこ」と急かす。

普通の声の大きさで喋るので軽く焦る。まぁ他の個室は空だったし、誰かが入ってきた様子もなかったし大丈夫だろうと思った。

「そうだね。でもさっき言った約束守れないと行けないよ。静かにね」と囁く

「はぁーい」囁き返す。

そのまま便器に座らす

「おしっこ出そう?」

「わかんない」

「じゃあ見てあげるから足広げて」

足を開かせ、改めて中を観察。


告白体験談関連タグ

||||||

【小中学生】従姉妹5【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月9日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ