相互リンク先の更新情報!

【出会い系】還暦前のおっさんが出会い系で… 【告白体験談】

カテゴリー:出会い系での告白体験談
tag:


階下に、貧乏しとる還暦前のおっさんが単身で住んでいる。



午前中、荷物を預かってくれてたこともあり、おっさんをたずねると、「ワシ、この生活抜け出せそうや」。

またよからぬことやっとんなと思いつつ、台所で茶を飲みつつ話を聞くと、あらましはだいたいこんなところやった。



「一週間前に『ひまつぶし』思て出会い系に登録してみた」



「そしたらすぐ100通とかとどくんよ、これとかこれとか、、この娘なんか『処女でいるのが恥ずかしい、50万で私を抱いて』いうねん。

 写真これ(おもくそギャル。キャプションに「真美 富豪の娘」と)。この人なんかな、離婚して慰謝料330万もろてんけど、

 人生つまらんからおもいきって使いたいいうてな。50歳やいうねんけど、この写真、どう見ても20代にしか見えんやろ?」



「ワシも『毎日でもエッチいけます』とか書いてね、まあそんな毎日は無理やけど、腰も痛いしな〜わはは、でも今でもいくらでもいけるよワシ」



「でな、この人とずっとやりとりしててな、この写真(叶姉妹の妹みたいなの)。他のは裸の写真やらオナニーしてるのやら送ってくる、すごいねん。

 でもこの人はちゃうねん。貿易会社に勤めてるんやけど、ホストクラブやらに貢ぐのに疲れた言うてんねん。




 それやったら信用おけるひとにてな、ワシのこと気に入ってくれててな、こういう事情やからワシも信用できんねん」



「つきあってくれるなら1000万くれるいうねん」



「もう夜も眠れないいうて、夜中もメールくるし、仕事の合間にしょっちゅうメールくんねん。

 これ来た時間を書き留めたやつ。もうこの一週間で200通もきてんねん。真剣やねん」



「さっきの330万かて、中途半端な額やろ。ウソじゃ書けへん」



「この前会おういうことになって駅で待ち合わせしてんけど、改札がいっぱいあってな。

 連絡しようとサイトに問い合わせるんやけど、返事が来ん。そういうメールを取り次がんのよ。ワシがよう使うと思って、サイト側が邪魔しよんねん。

 せやから何度も文句言ってやった。それを証拠に次にその子からメール来ても、ワシの送ったのと全然かみあわん」



「前なんか、他の子でワシのためにサイト料20万を振り込んだけど、それはだめいうて送り返したてサイトから連絡がきてん。

 『何勝手なことしくさんねん!訴えるぞ』て送り返したわ」



「もう、一週間やけど、これで10万は使たかな〜、、ほんまタバコも買えへん」



「今日3時にまた約束したんよ。会社の仕事早く終わらすって。車がいる思て昨日日産行って車も見積もりとった、、

 え、金?その人の名義で買うから。車?フェアレディZ。車いるやろ?」



「ワシが何て名乗ってるか?いや、『名無し』やで」



・・・仮に会えたとしてその人が「やっぱビタ一門払わん」言うたらどうすんのと聞いたら「それはない!」の一言やった。

「サイトでかかった金も会ったら払ってくれるって言うねんもん」。



もちろん、俺は午前中長い時間かけて、罵詈雑言も含めあらゆる言葉を費やし、説得を繰り返したが、

これまでも知り合い友人等々から寸借サギ、サイフ持ち逃げなどなど散々だまされても、だまされても、今回はガチで信じるとのことだ。



帰り際の彼の一言。「もし会えたらお祝いしよな、うまいもん食いにいこな、きっとワシエエ顔しとるわ」。



今度こそ、地獄行き超特急が走り始めたかもしらん。



出典: 

リンク:


告白体験談関連タグ

||||

【出会い系】還暦前のおっさんが出会い系で… 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月9日 | 告白体験談カテゴリー:出会い系での告白体験談

このページの先頭へ