相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】従姉の姉ちゃん2【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


中3でオナニーもしたことのない俺が女の体を知ってしまったうえに、いつもその女がそばにいるとしたら

もう我慢できるはずもありませんでした。

なつネエはうちの父親から厳しく門限をきめられ、なんと6時でした。もちろんアルバイト禁止でした。

小遣いもなんと5000円でした。まあ我が家も余裕があるわけではないので、父親とゆりネエの両親と約束だったそうです。

そんなことから、俺が4時ごろ家に帰ると、なつネエは大抵家にいました。中3の俺はすでに帰宅部だったし、家にまっすぐ帰りました。

強烈な初体験を済ませた翌日は、俺から「エッチしたい。」と言い出しました。

なつネエ「いいよ。しよっか?」と微笑みながら、あっさりOKでした。

とはいえ、やりたいだけで特にテクニックもないので、この日からゆりネエの保健体育の実技「特訓」が始まりました。

まずは昨日もやったキスでした。本気のキスは初めてだったし、舌を絡めたり、唾液交換するなんてディープキスなんてそれだけで発射しちゃいそうだった。もう息子はビンビンでした。

それを察したなつネエはコンドームを取り出して、「今日からこれ使うからね。脱いで脱いで」と言いました。

なつネエも脱いで、シミひとつない白い全裸に大きなおっぱいと黒々としたアンダーヘアが見えて、それだけで発射しそうでした。そして、コンドームを俺の息子にはめてくれました。

僕が下で、なつネエが上になって、セックスの体位(騎乗位というらしい。)で、入れてすぐに発射しちゃいました。

「昨日あれだけ出したのに、早い・・・!これから特訓だね・・・・!」となつネエは言いました。

その日は夕方の両親が帰ってくるまで、何度も何度も「特訓」しました。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【近親相姦】従姉の姉ちゃん2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月10日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ