相互リンク先の更新情報!

【妹】あんま 【告白体験談】

カテゴリー:妹との告白体験談
tag:


5年生の夏休みに親戚の叔父さん達が遊びにきた。夜になると両親は親戚の叔父さん達と近所のスナックに飲みに出てしまい

俺は一緒に来た従姉(当時確か中一か中二)と二人で留守番することになった。昔から会うと何かと理由をつけて電気あんまとかされたので

なんとなく苦手だったんだ。しばらく一緒にテトリスやっていたんだけど

いきなりねえちゃんが「あたしが勝ったらあんまね」と勝手に罰ゲームを決めてきた。

俺はテトリスは得意だったし自信があったので「じゃあ俺が勝ったら姉ちゃんにあんまする」というと

あっさり「いいよ」と返された。俺は内心「しめた!」と思い本気で勝ちに行った。

・・・しかし従姉はメチャクチャ強かった。アッという間に俺の負け。

従姉は楽しそうに俺を寝転がすと両足首を掴みぐにぐにと股間を足の裏で刺激し始めた。

昔は痛いだけだったのに何とも言えない快感が走り、俺のチンチンは勃起してしまった。従姉は小さな声で「あれ?」と言ってそこで止めてしまった。

ちょっとの間従姉は何かを考える様な顔をしていたが「さ、2回戦だよ」とぼんやりとしている俺を引き起こした。

俺は今までにない快感を味わったので「今度はワザと負けよう」と考えていた。

そんな感じで2回戦も従姉の圧勝。従姉は「今度はズボン脱ぐんだよ」と新たな要求。

俺は一応嫌がるフリをしながらもジーパンを脱いでブリーフ姿に。

心の中はあの快感を早く味わいたい思いでいっぱいだった。

従姉は今度は足の指でチンチンを撫でながら刺激を加えてきた。快感に思わず「あぁ」と声を出してしまう。




従姉は興味津々という感じで俺の反応を見ながらチンチン、タマタマへと刺激を加えてくる。

暫く勃起してギンギンになったチンチンを足の裏で撫でていた従姉が急に股の間にしゃがみ込んできて「ねぇ、おちんちん見せて」と

言うが早いか俺のブリーフを引き下ろした。俺は抵抗もせず天井を向いたチンチンを見せる。

「・・・へぇ、大きいね。たか○のは仮性っていうの?」と聞かれたがその頃の俺はどういう意味なのか判らなかった。

「毛はまだあまり生えてないんだ」みたいな事を言いながらそっとチンチンをニギニギしてきた。

俺はもうあまりの気持ちよさに答えるどころではなかった。

従姉は握りながらもう片方の手の指で亀頭を撫で始めた。

俺「あっ、姉ちゃん、なんか・・・」 

従姉「何?」そんな会話をした途端俺のチンチンが射精した。

初めての射精だった。従姉は「うわ!」と逃げようとしたけど間に合わず手と太もものあたりに俺のモノがべっとりと付いてしまった。

「・・・これって精液だよ」訳も分からずボーっとしていた俺に従姉は色々教えてくれた。

どうやら雑誌やら友達の話とかからそれなりの知識は仕入れていたっぽい。

「気持ちが良くなるとこういう風になるんだって」と説明しながら

ポケットティッシュで後始末をしている従姉はなんとなく得意そうな顔をしていた。


告白体験談関連タグ

|

【妹】あんま 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月10日 | 告白体験談カテゴリー:妹との告白体験談

このページの先頭へ