相互リンク先の更新情報!

【初体験】巨乳小学生Eさんと私の思い出:鮮血の思い出編 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


前篇:巨乳小学生Eさんと私の思い出(学校での体験談)







————————————————–

■鮮血の思い出編

————————————————–

535名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)00:45:47ID:CpanNVhsO

初エッチやその後のこともkwsk頼む





536名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)01:24:11ID:IEXifBfc0

ニヤニヤするような幸せな会話や話をもっと聞かせてくれ!!

さらに言えば、現在に至るまでの話をkwsk

無理とは思うが一応頼んでみるw








538名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)02:46:49ID:/WpoPVlE0

535

鮮血の思い出でよければ書きます。

でも短いですよw



536

幸せな会話は「他でやれ」って叩かれそうなのでかなり省いてますw

気が向いたら詳細書きます。





539名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:01:16ID:/WpoPVlE0

507の続き



Eさんの「好きにして…」「はじめて…」発言により興奮がMAXに達した私。

そして、私たちに被さっている毛布を剥ぎとり、私はその場に立ち上がった。



Eさんがちょっと横を向きながら恥ずかしがっている。

少しくねっと曲げた足がいやらしかった。



私「下…とるね…。」



黙って頷くEさん。

早くEさんの下半身が見たかった私は、Eさんのジーパンを下した。





540名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:07:39ID:/WpoPVlE0

純白のパンツが露わになった。

パンツのフロント部分には、可愛いピンク色のリボンが付いていた。

そしてパンツを脱がす…、そこには予想外の光景が…。



全く毛がなかったのだ…。

当然、綺麗な割れ目が丸見えだ…、中学校のときよりも鮮明に見える。

こういうときに聞くのもどうかと思ったが、Eさんに聞いてみた。



私「え?…なんで?w」



Eさんは恥ずかしそうに答えた。



E「なんか気持ち悪くて…。ダメだった…?」



いや、よかったw





541名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:17:03ID:/WpoPVlE0

もう我慢できなかった。

私も下半身を露わにして、横たわるEさんの両足をM字に。



そして、縦膝の状態でM字の作る谷へ近づく…。

私の太股が、Eさんの太股の裏にくっつく。



私は自分のモノを自分で掴み、Eさんの割れ目へ。

最初は上手く入らず、ヌルヌルしたモノでEさんの割れ目をなぞる様な形になってしまう。



E「あっ…。んっ…。」



そして、Eさんの割れ目にズブズブと私のモノが入っていった。





542名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:23:57ID:/WpoPVlE0

物凄くキツく締め付けられるような感覚だった。

Eさんが少し痛がる顔をしたが、そんなことに頭が回らないほど興奮していた私。



私「Eさん…、いくね…。」



そう言い、腰を振り始めた。

しかし、数回腰を振ったときに…、Eさんの顔が苦痛に歪んでいるのがわかった。



E「○…○くん…。ゴメン…。痛い…。うっ…」



我に返った私は、慌てて腰を引いた。

Eさんの割れ目からは少し血が流れていた…。

私のモノも少し赤く染まっていた…。





543名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:33:40ID:/WpoPVlE0

私「ゴメン…。ティッシュ持ってくる…。」



ティッシュで自分のモノを拭き、Eさんの割れ目をやさしく拭いた。



女の子を傷つけてしまったことに落ち込む私。

すると、突然Eさんが泣きだした。



E「ゴメン…。私のせいで…、つまんなくなっちゃって…。」



健気なEさんにまた興奮してしまい、Eさんをその場に起こす。

私は背後にEさんの周り、洋服の上からGカップのおっぱいを揉みしだいた。



Eさんはすっと手を伸ばし、黙って私のモノを掴み擦ってくれた。





544名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:43:32ID:/WpoPVlE0

以前は間違っていた手の動きが今回は合っていた。

しかし、やはりぎこちない動きだった。



洋服の上から、ブラジャーのカップの位置だけを下に下げる。

おっぱいの全容は見えないが、服が白く薄手のものだったので、乳首の位置がまるわかりだった。



乳首を弄くりまわす。そしてまた激しく胸を揉んだ。



E「○○くんっ…、○○くんっ…。」



Eさんが以前のように私の名前を連呼し出した。

Eさんの手が激しく動く。私を呼ぶ声もいやらしくなっていく。



私は、Eさんの言葉責めともいえる行為と、激しい手の動きに耐えられず、簡単に射精してしまった。





545名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:44:43ID:/WpoPVlE0

お互いいろいろ反省して、この日は一緒に寝たw



おしまい。





546名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:47:04ID:EIMGoyVy0

昔はタマちゃん似って言ってたけど、今はどうなんですか?有名人で言うと。





547名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2009/12/12(土)03:56:26ID:/WpoPVlE0

芸能人じゃない+名前分かんないんだが、どっかの局の

お天気キャスター(?)に似てるとか、少し前によく言われたらしいよ。



続編:巨乳小学生Eさんと私の思い出:勉強家編





出典:いろんなスレの後日談(その2)

リンク:


告白体験談関連タグ

|||

【初体験】巨乳小学生Eさんと私の思い出:鮮血の思い出編 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月10日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ