相互リンク先の更新情報!

【職場】塾の生徒に告白された時の話をする 【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


スペック

俺(当時18)、身長180、体重63

顔は普通だと思いたいが、髪が長めの茶髪だったのでチャラいと良く言われた

が、どうみても劇団ひとりがちょっと頑張っただけな見た目の俺



これは7、8年程前の話。

俺が大学生になって初めてしたバイト、それが塾講師

別に不純な動機があったわけではなく、

単純に勉強を教えて、相手に「わかった」と言ってもらえるのが嬉しかったから。

まぁそんなこんなで研修だのなんだのを経て

大学1年の時にはれて(?)塾講になれたでござる



不純な動機がないとかぬかしたがやっぱ嘘

ありました

大学だけじゃなくて色んな人と知り合って




あわよくば彼女にドゥフフ…みたいなことはぶっちゃけ考えてた

てのも、大学入学後3週間で大きな喧嘩を2回やってしまって

始末書を書かされ、退学寸前までになっていた俺を

同じ学校の女子陣は完全にDQNと思っていた訳で

もう俺のイメージの悪さがウンコマン並みだった

そんな俺に大学内での恋愛のチャンスは皆無であった



なので学外の生活にドキをムネムネさせていた

が、塾講師ってあれなのな

結構講師間の距離が他のバイトよりも最初は遠くて

基本年上だろうが年下だろうが敬語

あんまり親近感が持てず、若干距離感が常にあった



んである日突然、代わりの授業を依頼された

それが「世界史」

俺、社会がありえないぐらい無理で

アメリカの首都間違ったレベル

でも、「お願いですから」と頼まれ

世界史の授業をしぶしぶ承諾しますた



その授業からすべてが始まりました



「こんにちわー」

と生徒にあいさつすると、紹介通り倖田來未すぎる顔



でも喋り方は羊水ではなくすごい真面目な感じ

「初めまして、お願いします」

ただ、明らかに体を置いている位置が遠い

明らかに俺を遠ざけている感じ

話を聞いてみると、極度の男性恐怖症らしく

横に男がいるだけで汗がナイアガラのように吹き出でた

手汗だけど



ちなみにその生徒の名前は、もうめんどいから「くみ」で行こう

くみ、てんぱりまくりでずっと授業中水を飲む

うちわであおぐ

点をあおぐ

俺必死にトーク

何この授業www



つでに授業は1対2

しまった、これ重要な情報だった

あとでからんでくる



「あーど変態な授業してもうたなー」



と変に後悔した俺

だが次の日、塾長から衝撃の報告

「いやー、くみちゃんが俺先生のことを気に入ったみたいで」

「来週から世界史と国語、両方持ってくれないかな?」



お、、、おう、、、



んでまぁそれから

現役の時よりも必死に世界史の勉強を始めた俺(18)

ちなみにこの時俺童貞な

初めてくみを担当したのが7月ぐらいだったんだが

その次に授業ぐらいからくみがかなり薄着になってくる

あの迷彩柄のぴちぴちTシャツを俺は忘れない



んでくみと知り合ってからしばらくは淡々としたもんだった

って、当たり前だが



ある日の授業、くみが全くしゃべらない日があった

「どうした?何かおもしろくないことでもあったか?」

とくみに尋ねた

するとくみがえ〜だのう〜だのすごい悩んでいた

「言うてまえー」

と俺が言うとくみが

「先生、私と友達になってください!」



…何これ



まぁそんなわけで、くみから友達告白を受けた

んでそこまでふみとどまっときゃよかったんだが

色々油断した



これは本当に偶然なんだが

くみと俺には共通の知り合いがいた

で、その知り合いを通じて

なんとくみが俺のメアドを入手してきやがった

塾での授業開始時に

「これ、先生のアドレス?」

と俺のアドレスを見せられた時は、ち○こ1本減った



くみ(17)

身長165弱、体重は知らん

巨乳で顔と声が倖田來未にかなり似てた、ってのはもう言ったな



そしてその日から、くみからメールが来る様になった

わりと頻繁に

当然バイトの面接時に塾長から

「生徒とのメアド好感はだめだめヨ~」

と言われてたので、当時の俺の背徳感ったらなかった

まぁでも楽しいからやめられんかった俺はクズ



そんなある日、ある出来事がくみを揺さぶってしまった



ある日、1対2の授業だから

くみとあずき(17,♀)を同時に持ったことがあった

共に高3で女子で、ってこともあったんだが

俺は元々人の名前を覚えるのが苦手ってのがあって

くみ対して「あずき〜、問題解けた〜?」

と言ってしまった

くみは「え…?」てな感じ。

俺は「あー、しまったなー」ぐらいしか感じてなかったが

その数分後、涙を流し始めるくみwww

童貞の俺は完全にきんたま1個減った



で、泣き出すくみに俺は完全にてんぱったわけだが

それを横で見てるあずきもてんぱるwww



そしてその日の晩、くみからメール

「今日はごめんなさい」みたいなタイトルやったと思うが

ちょっとうろ覚え



そしてそのメールが事態を大きく変える



「ところで、最近国語の解き方が全然わからないんです

 だかが受験とかも不安で。

 明日教えてくれませんか?」



今でも忘れない。

このメールが来たのは土曜日

つまり「明日」とは日曜日

塾は、開いていない



やばい展開になってきた、と俺は思っていたが

童貞なのでローラばりの「おっけ〜」



そしてメールが来た次の日(日曜日)

俺たちは塾の外で会うことになった。

塾講師やってる奴ならわかると思うが

これは絶対にやってはいけないこと

マジで俺のやったことは人道はずれてるからその点よろしくw



いつも塾には制服で来ていたくみだったが

その日は当然私服

いつも制服だったってのもあってか、すごいかわいかった

がんばれ、塾講師としての俺!と何度も自制した



ここらへんから普通のデートになってまうので大幅省略



まずはスタバ→ファミレス



てな感じだた

とりあえずその中で、本当に勉強の話もした

が、そんなもん調子悪い時のイチローの打率ばりであって

ほとんど雑談してた

完全に講師と生徒がデートしていた瞬間である

おまわりさん、こっちこないで



そして初デート(?)はかなり長きにわたった

たしか1時ぐらいに集合して解散したの8時ぐらい

そしてくみはバス、俺は電車だったんだ

で、俺が「バイバイ」を言って電車の駅に向かおうとするとくみが

「見送ります」

あー、いい子だなーと思った。



このまま普通にこの小さな幸せの時間が終わると思った

その次の瞬間

くみが

「先生、手つなぎましょうよ!」



うあああqwせdrftgyふじこ



そんな誘いを童貞である俺が断れるはずもなく

はち切れそうなマイサン

しかし色んな意味でガチガチになっている俺を尻目に

くみはルンルン♪と本当に口ずさみながらスキップ

沈まれテント

ってお祈りする時は、たいていMPがたりない!ので無駄なあがきなわけである

そしてその日は解散



次の日も塾でくみと会った

なんか特別な環境でくみと二人と出かけてしまったから

講師としてすごい罪悪感があったが

くみは全然普通に話しかけてくる

処女とはそーゆうもんなのか

まぁこれも一夜の夢として良い思い出になるだろうなーと思ったら

ある日の晩、くみから電話がかかってきた

たしか10時ぐらいだったと思う



ちなみにとんでもなくどうでもいい話だが

その日、俺は車の免許の最終筆記試験に合格していた



んでまぁその電話、最初は普通だった

それこそ他愛もない話ってやつ

けどシンデレラの魔法が切れかかる時間あたりで

くみに魔法がかかり始めた

なんか恋愛トークになってきた

具体的な話は忘れたが

よくあるベタなパターン

「私は男の人が苦手だから、彼氏とかできないんだろうなー」

的な

で、それを俺が

「大学行ったら色んな出会いがあるよー」

と頑張って塾講師してかわしてた

そんな展開が続いていました



するとくみが

「先生は(恋愛の方は)どうなんですか?」

と尋ねてきた

じつはこのとき、ずっとくみのターンで

俺発信では何もしゃべってなかった

突然話をふられたから

「あ、俺?うーん、まぁ特にあんま何もないけど。」

と返した。

今思えば、このあたりからくみのパターンに入っていたのかもしれない



「(恋愛に関しては)何もない」とくみに伝えると

くみは「じゃあ先生は今幸せですか?」

と聞いてきた

なんだこの哲学的な質問は、とは思ったが

基本、とっさに嘘をつけない俺は

「いやー、どうやろ。特にしあわせでもないかなー」

とマジレス

すると



くみ「そうなんですか…。私、先生が幸せやったら、私も幸せなんです。」



たしかこれを2回言われた記憶がある。大事なことだったんだろう

そしてその後、つい来てしまった



「先生、好きです。大好きです」



Oh…



そして告白を受けてしまった童貞(18)

忘れもしない、この時、時計は夜中の3時…何分だっけ。忘れた

まぁ夜中だ。夜中だったわ。

俺はそのセリフだけでフルボッキしてしまった

童貞だったからな



そして当然その生徒に対して悪い気を抱いていなかった俺は

おkをしてしまった

その日から講師である俺と生徒であるくみの

禁断の…なんとかかんとか生活が始まったのである



後にあんな事件が待ち受けてるとは知らずに…

というベタなフリだけ一応しとく



まぁ塾長にも他の先生にもばれることもなく

俺とくみの恋愛生活は問題なく続いていた

そしてある日、くみが俺を家に誘った

これもまたベタな展開で

「今日、家にだれもいないから」

てな感じ。

つ、ついに童貞とおさらばか…

興奮と哀愁が愛入り乱れる中、くみの家に行くまでの道を

くみの手をにぎりしめて歩いていた



しかし、これが大変まずかった



実はくみの家の最寄り駅と

俺が当時働いていた塾の最寄り駅

同じM駅だったんだよね

つまり俺らは

M駅からくみの家まで手をつないて歩いていた

そして駅をほんの少し離れると街路樹に囲まれた

なかなか雰囲気の良い道があるんだが

そこを二人で手をつないで歩いていた

そして、別に何かきっかけがあったわけではないが

くみがなんとなく後ろを振り向いた

するとくみが

「あっ!!!」

と言って、突然前かがみになった



一体、何が起こったというのか!!(ガチンコ風)



俺「どうした?」

くみ「やばい!これはやばい!!」



慌てふためくくみ

なんかヤンキーとでも目があったのかなーとか

のんきにかまえていた

ここまでくみにビビられると気になるので

ふっと俺も何気なく後ろを見た

そこには、その時世界中で一番この光景を見てはいけない存在が…



そう



塾 長 で あ る



うっぎゃあああーーーーーーー



これは俺も焦った

かなり遠くにいたが、

その塾は、俺たち講師は私服勤務だった

当然塾長は俺の私服を見慣れているはずである

そしてその横にいる私服のくみは

振り返って塾長と目を合わせてしまっている



完全にAUTO



くみの家に着いてからも

「これ、ばれたかな?」

「やばいね、これ」

と二人で変にテンションが上がっていた



そして妙に高揚したテンションそのままに

童貞と処女が初めて一戦交えた



最初は

「うわー完全に塾長に見られたー」

って話で盛り上がってた。

でも正直、年頃の男女、しかも付き合ってる二人が密室にいたら

体はくっつくもん

そりゃあもうぺとぺとさんばりにね

で、ズキュウウウンってずっとしてると

こーゆう時は童貞の方が早くしびれきらすのかね

我慢できなくなってきて服を脱がせにかかった

くみは女子校に通っていたのでかなり抵抗があったらしく

なかなか脱がなかったが

それが逆に、脱がせた時の俺の気持ちをたかぶらせた



普段から思ってたが、くみはパイオツがでかかった

ちなみにスペックで書き忘れたがDカップな

んでやっぱ若いから、胸が力強いっていうの、あれ。

はってるのよ。

んでもうズキュウウウンしてるうちに頭も身体もめちゃくちゃあつくなってて

さぁそろそろ卒業しますか、てな感じになってきた。



童貞ではあったが

日頃からDT卒業スレで勉強していた俺なので

コンドーさんの装着は自己ベストぐらいの勢いで完了

このとき、マイサンはまだまだ元気

さあ、いよいよ童貞ど別れを告げる時

くみは「恥ずかしいから電気消しましょう」と

かわいらしい要求

ちなみにこのとき、まだ講師ー生徒やから

くみは俺に対して全敬語

これがたまらんかった



さぁいくぜ

ってなったが、文字通り壁にぶち当たった



は い ら な い



DTスレでチ○コを挿入しやすい角度までしっかり勉強していたのだが

やはり実践は違ったみたいで

全く入る気配のない俺のチ○コ

くみのマ○コの手前でうりんうりんなって

思わず自分のチ○コにキレかけた



そうこうしているうちにくみの下も渇いてきてしまった

そして手マンして濡らしてもう一度…

っていうサイクルを何周ぐらいしたかな

結構しましたよね



で、そこはお互い苦笑いしながら努力した

文字通り、これが俺ら最初の共同作業

でまぁ何回かチャレンジしているうちに入った

ちゃんと彼女の下も迎撃の準備は完了していた状態だったが

かなりキツキツだったのは覚えている

ものすごい締め付けだった



するとくみが「いったーーーー」と絶叫

ただAVの演技っぽいのじゃなくて

「いーてててーーー」みたいなお笑い系のリアクションだった

でも痛みはガチっぽかったのでゆっくり腰を動かす俺

腰の動きはイメトレしてたので

高速だろうがゆっくりだろうが

順応可能な俺の腰

まぁ後に椎間板ヘルニアになったがな



そうこうしているうちに絶頂の時

やっぱ童貞だったからかな、結構早かったと思う

そのとき、くみはいってなかったはず



そして俺もトランス状態から解放され、息子を引き抜いたわけだが

血がついていた

別に疑っていたわけでもなかったが

ここでくみが本当に処女だったことを確信

二人ともたしか汗だくだったと思うw



この快楽がきっかけで

くみはとんでもなく淫乱になってしまうのだが

それはまた別の話



とまぁ俺とくみの初めてはこんな感じでした

たぶんそんな面白くなかったと思うが



で、そんなこんなで俺とくみは

講師と生徒という関係でいちゃこらしてしまったわけだが

その日の晩に塾長から電話が来たわけだよ

おそるおそる電話に出ると

「明日、3時に塾に来てください」

「3時」とは、塾の授業がまた始まらず

生徒が誰1人来ていない時間帯である



この時点で、俺はもう絶望ビリーだった



んでまぁ次の日、塾に行ったわけだが

まぁあれだわな

クビだわなwwwwwwwwww

バイトでクビだぞおまえらwwwwwwwwww



まぁ結構話題の切り出し早かったよね

「えーと、昨日のお昼、見てしまったのですけどー

 (付き合ってるのは)いつからですか?」

てな感じですぐ話が本題に入った。

そして

「あー、つい先日からですけど、

 実はくみとは塾に入る前から知り合いでして、

 それで気が合ってこーゆうことになっちゃったんです」

という嘘を一瞬で思いついたおれGJ

まぁ「塾としてはどういう経緯であれ、

講師と生徒が付き合うのは許せない」

の一点張りで、事態は好転しなかったがなwwwww



バイトくびになったけど、付き合いは続いた



付き合ってから映画に行ったわけで

映画が好きな彼女でしたからね

ただ俺は映画は嫌いとかではなくて、あんまり見ない人で

映画館で映画見てると眠くなってくるんよねー

すると横にすわってたくみが

俺を起こすためなのか急にスイッチ入ったのか

突然俺の股間に手をつっこんで手コキを始めたwwwwww

まじかこいつ、と思ってたが

結局映画終わるまでの1時間ぐらいずっと俺のチ○コ触ってたw

まぁベタな話だとは思うがとりあえず1つ置いてくわw

まだまだあるけどwww



なんかくみは密室になったらスイッチが入るタイプの女の子だった

例えばカラオケとかね

カラオケに行った時はたいていしゃぶらせてくれって言われたかな

あとは俺一人暮らししてたんだが

なんかベッド以外の場所でヤることを強要されたりもしたなwwww

なんか付き合ってから、上下関係がおもしろい程に崩壊した感はあったwwww



かくして俺は、この日から約1週間後ぐらいに解雇された

ちなみにくみとは4年程続いたが今は別れてます



俺が卒論だなんだーってくそ忙しい時に

「会いたい会いたいー」

って西野カナ状態になってね



その割に、俺が空けた休日に友達と遊びに行ってたらいしてたから

あーダメだ、これキレると思って別れた



お前ら塾講師やる時は色々誘惑があると思うけど

しっぺ返しでかいから気をつけてなw



ついでに今は10歳年上の彼女とつきあってる



今の彼女とは合コンで知り合った

実は俺、大学に在学してた4年間ほぼずっとくみとくっついてたから

合コンとか全く行った事なかった

くみが「行くな」って言うてたからw

だが去年、初めて合コンに参加した

そこにれみ(33)という女性がいた



ちなみにスペック

れみ(33) 身長160センチ 体重は知らんがくみより格段に細い Bカップ

職業:服屋さん



その合コンはたた年齢層が高く

当時23歳である俺が最年少だった。

いずれの女性も大人のオーラが出まくっていて

俺のキャンタマはしぼみにしぼんでいた。

合コン開始時にはれみはいなかった

仕事が長引いたらしく、1次会終了30分前ぐらいに来た



1次会で俺は回りの女性陣と話が全く合わず

ところてんのように大人しくしていた

だかられみが来たところで何もしなかった

席はななめ前だったが全く話さなかった



まぁ当然のように二次会に流れて行く訳だが

二次会までの移動中にぼっちな俺

思えばあの日、この時が一番つらかった

男陣同士も俺以外なんか仲良くなってた感じで

俺は完全にはみ出していた



でまぁ二次会の店に行った訳だが

そこで俺とれみは隣になった

元からはみっていた俺と

後から来たからはみっていたれみは

必然的に話が盛り上がった

服屋なだけあってかなりおしゃれで

年齢を感じさせない人でした



んでその二次会後にれみとアド交換

そしてそれからまた別の日に3回ぐらい食事に行ったりした

だから…4回目ぐらいかな

れみが動き出した

まぁある所で飲んでたんだが

酒に強いれみが「もう1件行きたい」と言い出した

同様に酒が好きな俺もノリ気だった

するとれみが「一回行ってみたいお店があるからそこに行こう」

と言い出した。

酒が飲めればどこでも良い俺は承諾

一件目のお店の近くかなーと思っていたのだが

なんと電車でちょっと移動するとか言い出した

めんどくさいが、ほろ酔いだった俺はそれ以上に酒が飲みたかった



で、一件目から電車移動をしてある駅に行った

まぁ十数分で着いたかな

うん、普通の居酒屋だった

特においしくもなければまずくもない

ただ楽しいお酒ではあった

が、途中で気がついた



「しゅ、終電…!」



俺は終電の時間が気になった

たしかそのとき11時をまわっていたと思う

そしてれみに尋ねた

「終電何時!?」

何分かは忘れたが、とにかく終電は行ってしまっていた

宿無しハッチ決定の瞬間

あーやっちゃったなーと思ってると…



れみ「うち、泊まってく?」



なん…だと…



俺はお酒で多少酔っていたので一瞬頭が回らなかったのだが

このとき、俺はハメられていたわけで

つまり、この居酒屋がある店がれみの家の最寄り駅だった



やーーられーーーーたーーーー



いや、やられるのはこれからなんだが

野宿はさすがにきつかったので

ある程度腹をくくってれみの家に

本当にその居酒屋からすぐだったwww

歩いて5分ぐらいwwww

そしてれみの家で晩酌の続きが始まった



要は飲んでる時に

本当にドラマのように、抱き倒されたっていうの?

急に抱きつかれて、袈裟固めみたいな状態に持ってかれた

そして接吻



俺はモテるわけではないが

なぜか最後の最後で力技に出てくる女性と

関わることが多いらしい



このれみ(33)という女が

どんどん俺専用の家具を自宅に揃え始めてるって恐怖に

日々俺が覚えてる



出典:塾の生徒に告白された時の話をする

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||

【職場】塾の生徒に告白された時の話をする 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月11日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ