相互リンク先の更新情報!

【友達】自慰休暇【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


自慰休暇

 明日から三連休という週末、男のいないヒマな女三人でビアガーデンに行って飲み倒した。終電ぎりぎりに飛び込んだ電車は蒸し暑いわおっさんのべたべた肌はくっつくわ

サラのヒールは踏まれるわお尻触られるわでモラル無しのサルを満載した貨物列車状態。せっかくビールで洗い流した背骨や首筋の隙間にべったりとこびり付いた心の垢みたいなものがまたじわじわと溜まってゆく。本格的に落とさなきゃ私はどうかしてしまうに違いない。

  座れた頃にはガラガラの車内。ボックス席に足を伸ばしてぼうっとしていたらなにやらむずむずと淫靡な気持ちがわき上がってきた。よし、今日はゆっくり寝て、あしたの朝から調達しよ。

最高のオナニーのために。

 九時過ぎに起きて冷蔵庫の麦茶をがぶがぶ飲んでトイレに駆け込む。酒を飲んだ朝は必ずひどい下痢になる。盛大に出してお腹がぺったんこになると軽いシリアルをたべてノーブラにTシャツ、薄いブラウスを引っ掛け、

ノーパンのままびっちりのジーンズを穿いてお買い物。

  まずはクルマでDo it yourselfの店。端から全部眺めて自分の体に使えるモノを考える。人が見たら発情したメスネコみたいに見えたかも。

  木材コーナーにあるテーブルの足を見て手に取ってみる。でもあそこに入れるのは無理。自然木やガーデンチェアが置いてあるところの木材を組み合わせれば自分を乗せて縛り付けられるほど大きな三角木馬もできるのに……。でも大物すぎ。無理無理。でも長さ80センチ、太さ10センチの白木の杭はなにかに使えそう。1本買ってみる。

  住宅設備のところでときめくもの発見。階段の補助手すり長さ50センチ。太さと形が最高。高いけどカートに入れる。

  工具コーナーは一番の楽しみ。舐めるようにコーナーを練り歩く。ごつい電気工事用のゴム手袋買う。ちょっと迷って1.5センチの釘をひと箱買う。半田ごては板金用でヒーターがでかく、先が交換できるタイプを買う。

  ペットコーナーでは首輪の新調。小型犬コーナーのフリフリ付きも一度してみたいけど残念。自分の首は細いと思っていても、人間の首には大型犬用じゃないと入らない。首輪を眺めていると乳首がぴんぴんに立ってしまう。

やば、はやく買って帰らないとあそこにシミができちゃう。赤い首輪と、今回は鎖も買う。重い鎖は自分のため……と思うとあそこからどくりとあふれてきた。

  ガーデニングコーナーでコンセントタイマーを買う。けっこうしっかりしていて屋外用だけのことはある。他にも家で使う物をいくつか買い足して次はスーパーに寄ってお昼ご飯の買い出し。

 大きな荷物はクルマに残して食べ物だけ持って部屋へ戻った。玄関で靴と一緒に服も全部脱ぐ。もう一度シャワーを浴びてあそこの毛を全部剃る。シェーバーでつるつるにしたら、さてお昼ご飯。




  ご飯をお皿に乗せて床に置く。フライパンで卵を焼く。鍋敷きも床に置いておく。焼けた卵を床に寝そべってお腹に落とす。

「はぅんっ」

卵焼きがお腹に張り付いたまま身をよじってがまん。

私は人間食器……。

すぐに熱くなくなり、醤油をかけて手づかみで食べてご飯もわしづかみにして食べちゃう。食べ終わるとすぐ体を洗って床もぞうきん掛け。本番前のウォーミングアップ。

 持っていく物をリュックに入れてまたラフな格好でクルマに乗る。国道沿いにあるトランクルームは私のオナニー専用に借りている。都会の貸倉庫と違って郊外のは貨車のコンテナを利用した独立型になっている。

特にここは庫内にコンセントがある8畳タイプで広い。車を横付けしてカギを開けて荷物を運び込む。クーラーボックスに入れてきた飲み物やビールも運び込んでキャンプ気分。

  普通、内側からはカギが閉められない。でも扉にはかんぬきの跡が残っていて中から鉄の棒で閉められる。管理人室があるわけでもない道ばたのただの鉄の箱なので他の客以外はめったに来ない。近くに民家も無く車道を走る車はみんな飛ばしている。

 中に入ってかんぬきをかけてさっそく全裸になる。中はビニールシートが敷かれ、その上にカーペットが敷いてある。カーペットは私の汗や糞尿を吸うたび何度も交換してきた。

庫内は端にスタッドレスタイヤが4本とアルミ製の5段脚立、木製のガーデン用長いすがあるだけのがらんとした空間。

でもここが私専用の拷問部屋。何度かここで自虐オナニーをしながら改造してきた。天井を通る鉄パイプもあとからこっそり付け足したもの。

 これも自分で取り付けた裸電球を点けて買ってきた物を広げ始める。どきどきして手が震える。箱の外はまだ真っ昼間でクルマが行き交う音がすぐそばで聞こえる。9月の太陽は鉄の箱を40度以上に熱し、私はもう全身に霧を吹いたみたいに汗が噴き出している。

鉄の箱の中にははぁはぁ興奮しながら自分を虐める道具を準備している変態でいやらしい裸の女が居る。

 いつも通りまずはソフトなオナニーから始める。新品の首輪を嵌めて重い鎖を繋げると自然と四つんばいになってしまう。犬だ。私は人間なのに犬にされている。しばらく鎖を体に巻き付けたり、無理矢理犬にされている光景を想像して四つ足で歩き回ったりする。ゴム手袋を嵌めてお尻から指を這わせると見知らぬ男に触られているような感覚だ。

「すごい……いい気持ち……」

手袋で乳房を掴む、乳首をねじるようにして引っ張る。もう一つの手はお尻の割れ目に沿ってぬるぬるの場所へたどり着き、その太い指を乱暴に押し入れる。

鎖をガッと牽いて体を倒す。私の体は無防備な犬のように腹を見せて震える。手袋の中指を一番深く沈めて内股で強く挟む。

「う、ん……ううぅっ……いっちゃ…う…まだ……もっと酷くしないと……」

 手袋を外して釘の箱を開けて床に広げた。1メーター四方の段ボールに釘を刺してゆく。反対側からは剣山のように釘が突き出ている。100本近くの釘の上に腕立て伏せのようにして上半身を被せる。ここに体を乗せたら柔らかい乳房に釘がぶすぶすと刺さってしまうだろう。

「腕立て伏せ100回やりなさいっ」「はいっわかりました」

自分に無茶な命令を下します。

「さんっじゅう……い…ち……さん……じゅう……にっ……」

普段は10回も無理。でも休んではいけないのだ。私はこの拷問部屋のルールとして自分を痛めつける言葉には従わなくてはならないことになっている。

「さんっ……じゅう……さ、うっ!」

体が持ち上がりません。乳首に当たる釘山が乳輪や乳房全体に食い込んでゆき、乳房に穴が空く恐怖に必死で体を持ち上げる。

「うっくぁあああっ!さんじゅうさんっ!」

汗がだらだら顔や背中を伝い、お尻や股の間をつつっと撫でてゆく。自分の体を見ると人間の体からこんなにも液体がでるのかと思うほどの汗。私は今絞られている。この拷問で私は体内の水分を全部吹き出させて死ぬんだ。

「さんじゅう……うう……うううううっ」

二の腕がぶるぶると震えて体を支えきれない。

「ひやぁぁぁいやああいやああああ!」

私は柔らかい乳房を釘山に押しつぶすように伏してしまう。

「いいーーーーーーっ!」

乳房に食い込んだ釘がクリトリスに電撃のような刺激を伝える。飛び上がって床に転がると何本かの釘は乳房に薄く刺さっていたのか釘山の段ボールごと私に覆い被さってきた。

「あ、あぁっいっちゃう……ダメッまだっ」

被虐の炎を最高潮に燃え上がらせて釘山を体から外した。乳房には数カ所血が滲んでいたがたいしたことはない。

 さっき買ってきた工事現場の足場を組む鉄パイプ用自在クランプを足首にそれぞれ嵌めてボルトを締める。脚立を部屋の中心に据えて木製の手すり棒を脚立の中心に針金でがっちりと固定する。

はんだごての先をドライバーではずし、蒲の穂状のヒーターだけを残す。コンセントタイマーをセットして今から15分で電源が入るようにしたはんだごてをあそこのぬめりにまぶして肛門に押し込む。

「肛門を焼き潰すまで痛めつけてやるわよ!途中で抜いたらもっと酷い目に遭うことは分かってるわね」

脚立を三角木馬に見立て、その女性用拷問具に跨る。向かい側に設置してある大きな鏡は、手作りながら女を拷問に掛けるには大袈裟すぎる仕掛けと、柔らかなラインの女を写している。

太い木製のペニスを膣にあてがう。

「きつい……奥まで入ったら裂けちゃいます……串刺しにしないでください……おまんこが壊れちゃう……」

卑猥な自虐の言葉をつぶやく女が鏡の中で体を拘束してゆく。足首のクランプを脚立に噛ませてボルトを指で力一杯締める。両足は脚立と一体化してしまう。体重が足首の金具に掛かり、激痛が走る。

  首輪に繋がった鎖を天井のパイプに通してぴっちりの長さにして絡める。両手首にも足場金具を嵌めて手錠のようにし、口でボルトを締めてゆく。

天井から下りているフックに手首の金具を引っかけてぶら下がり、足首の負担を和らげた。

自分を責める準備が完成し、これから私は拷問に掛けられる。白状する罪もなく私が苦しむ姿を楽しむだけの陰惨な虐待だ。

太い木の手すりは膣を押し広げて体に楔を打ち込んだかのように私を突き上げている。その太さは初めての体験であり、今は男根の上に膣口が全体重を掛けて乗っている状態だ。それ以上沈めることは不可能に思われた。

「きついきついっ私のおまんこがぁああーーっ裂けちゃうよぉだれか助けてっ許してくださいっ」

私は本気の涙を流し、拷問される女を演じる。鏡の中の女はあり得ない太さの張り型に貫かれようとし、必死でもがいている。裸の体には汗がびっしりと珠を作り、苦痛に身をよじり、泣き叫び、体をぶるぶる震わせて凶器の侵入を防ごうと無駄なあがきを見せている。

 腕に力を込めて体を持ち上げているのも限界だった。ガクッと体が下がるとズボッと5センチめり込む。

「ぐぎいぃぃぃぃっ」

膣が裂けるような激痛に体を突っ張らせて体を引き上げる。それも続かず、ガクガクッと体はまた巨大な張り型の餌食になる。

体を支える腕の力はさき程の腕立て伏せで筋肉の限界に近付く。膣を限界まで広げ、肛門の半田ごてはその膣壁越しにゴリゴリと直腸の中で押され、張り型と同じ真っ直ぐに女体の股ぐらに突き刺さって見える。

張り型は狭い関を突破し、いやらしい液に塗れてぬめりを得てずるりずるりと奥へ進み、子宮を持ち上げ平らだった下腹部にその形を浮き上がらせる。

「あぁ~はやくいかないと……スイッチがぁ……」

当然はんだごてのスイッチが入るまで達しないように我慢しながら注送を繰り返す。全身から汗がダラダラと流れ落ち、裸電球に照らされた自分の体を正面の大きな鏡で見る。

脚立の木馬に股を割広げられておまんこに太すぎる木の棒、肛門にはコンセントに差したはんだごてがぶちこまれて犬の首輪だけが装飾具でそこからの太い鎖に首を吊られて両手も無骨な鉄骨用の部品で不自由にされて手の力を抜くと足首の金具に体重が掛かって皮膚が破れそうな痛みが走り、腕はもう体重を支えるのに限界でぷるぷる震えだして腹筋の力を入れるとあそこが締まって太い木の棒が体に潜り込んでいることを実感させられてどんなにがんばっても無情な拷問により女の大事な器官を壊してゆく。

注送を行うたび、へその下まで貫かれていることが分かる異様な膨らみ。

そんな惨めな女が鏡の中で油汗をだらだら垂らしながらびっしょりの裸身をぬめぬめと光らせてキチガイみたいに腰を振って変態的なオナニーをしている。

鏡に写る女の苦痛と快感はそのまま自分にはね返っている。直腸の中が暖かくなってきた。はんだごてにスイッチが入った。

あと数分で金属を溶かす程の高熱になるものを肛門に突っ込まれている……。

鏡の中の女は突然狂ったようにびしょびしょの髪を振りたくり、汗のしぶきをまき散らせて暴れ狂う。

どんなに暴れても体を縫い止めた木の張り型は腰を縫い付け肛門の半田ごてを振り落とすことは不可能。

「焼けるっお尻がっ助けてっ助けてっ助けてっ」

肛門を半田ごてで焼かれ膣に刺した木の棒で体を固定されのたうち回る姿は拷問される女、最高の被虐美、それを自分の体で体験する究極の快感……。

内股がぶるぶる震え、体中の筋肉を浮き立たせてのけぞる

「ぎっぎいいいいいーーっぐううぅうううあああああぐっあぐっあぐっ・・」

獣のような声を上げて絶頂を迎え、余韻に浸る前に手首の金具をフックからはずして大あわてで半田ごてを抜き取る。かなり熱くなっていて湯気が上がっていた。

「ばかねぇ、抜いちゃったら次の拷問って言ったわよねぇ。勝手にイッちゃったわよねあんた」

鏡の中の女に私は許しを請う。

「許してください……もうこんなに酷いことされたじゃないですか……もっと私を苦しめるつもりなんですか……」

「あたりまえよ、そこから降りて土下座しなさいっ!」

手首の枷を外して股間の張り型を抜きました。そのずるずると体内から引き抜かれる快感。今日のオナニーは暴走を始めていた。

足首の枷も外して、手すりの針金を緩め、更に30センチ木馬から突き出させてしっかりと固定。

「そうねぇ、そこの杭持ってきなさい。釘を2本とハンマーもね」

鏡の前に杭を置き、土下座して許しを請いました。

「あ……あの……申しわけありません。私は汚い豚女です。惨めで嫌らしい最下層のカスです。どうかご慈悲を……」

「許さないわよ。ほら、そこの縁台を持ってきて、杭を置きなさい」

私は木の縁台を鏡の前に置き、その前に座り込む。

「杭を横にして上にその嫌らしく揺れてるみっともないおっぱいを置くんだよっ」

「そんな……まさか……」

そう言いながらちょうど乳房の高さにある木材に乳首をあてがう。

「おまえみたいなバカのおっぱいはこの杭に打ち付けてやるんだよ、ほら釘を乳首に当てて打ち付けなっ」

釘を1本持ち、乳首を引っ張る指でいっしょに持ち、まっすぐ立てる。右手にハンマーを持つと全身が期待にぷるぷる震え始める。

「はぁはぁ……許して……はぁ……釘が……私の乳首に……はぁはぁはぁ……」

頭の中で声が響く。

「おまえは罰を受けるんだよっ、絶対に逃げられないんだ。さぁ覚悟しなっ!」

釘の先がぷっくりと膨らみ、固くしこっている乳首の横にチクリとする甘い刺激を全身に響かせる。

「両方の乳首を打ち付けたら、さっきの木馬に乗せてやるわよ。今度は首輪とか腕で体を支えられるなんて甘い事は言わないよ、その杭に鎖を繋げて乳首だけで吊してやるよ。乳首がちぎれるのが早いか、おまえのおまんこが壊れるのが早いかねぇ……。今度は半田ごてを外せないように両手も拘束してやるからね。今度こそ自分の肉が焼かれる苦痛を味あわせてやれるねぇ」

女は鏡の向こうから私に残酷な命令を下しました。

胴震いを止められないまま釘目がけて無情なハンマーが打ち下ろされた。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【友達】自慰休暇【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ