相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】実の娘【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


私55歳で去年妻を病気で亡くしました。

私には二人の娘がいて長女は28歳で次女は26歳です。

二人ともすでに結婚して家をでています。

妻の看病などでかなり体力的にも精神的にまいっていたのは確かで仕事も休みがちになりました。

そんな私を見て、娘たちが私に気を使ってくれたんです。

長女はまだ4ヶ月の子供をかかえながら、よく家にきてくれたり、次女もたびたび顔をだすように

なってくれました。次女は仕事をしているので遅くまではいないんですが、長女はよく家に泊まって

いきます。長女はよく母乳がでるらしく、日に何度かあまった母乳をしぼり、冷凍庫へ。。

そんなある日、長女が子供に授乳しているのを私がみてて、長女が「この限定巨乳、いつまで続いかなぁ。」

確かにパンパンにはってそうなは解かってはいるが。。。

「ねぇねぇお父さん、お母さんのおっぱいのんだことある?」と言われて、「すこしはあるかなぁ」っと

「旦那はよくのむんだよね」って。。。「あははww」となにやってんだかと思いつつ。。。

「どうせいっぱいあまるし。。。」って娘がいうと「俺に飲めってことか?」と言い返すと「そういう意味

じゃないけどね。張りすぎて痛いんだよぉ」ってちょっとしかめっ面で娘が授乳しながらいった。

「片方飲ますともう一方からもでるのよ」って娘がいうと「おかあさんもそんなこといってたなぁ」




「そう、片方を桶でうけてたわぁ」っていうと「私もそうしたいよ」っていうのでお風呂場から洗面器をもってきて

渡したら、もう一方の胸を出して洗面器に母乳を出し始めた。今までは見ないようにしてきたんだけど

それだけ表立ってやられるとみないわけにはいかない。胸は血管がうきでるほどパンパンになってる

かわいそうになってきて、俺が洗面器をもって母乳をうける。「思い出してきたわ。昔こんなことしてたなぁ」

というと。「お母さんの母乳しぼってたのを思い出してきたわ」と俺がいうと「お願いできる?」と

娘がいうので「わかったやってみる」といいつつ、娘の胸をもんで母乳をだしてやった。

「飲んでみたい?」と娘がいうので「うん。ちょっとだけ昔を思い出すよぉ」というと。娘が「いいよ」って

いうので娘の乳首を吸ってみると「その吸い方はちょっとやらしい吸い方だよ」って「長いことこんなことしてないから」

というと、娘が「いいよぉ、好きなだけ吸って」っというのでつい癖がでたのか。舌で乳首をころころと。。。

「あははww気持ちよくなるじゃん」って娘がいうのでつい調子にのって。。。。

そうしてるうちに赤ちゃんはねてしまてって。。。。

「まだ出したらない」って娘がいうので母乳しぼりは続き。。俺はまた娘の乳首を。。。。

そうしているうちに明らかに娘の様子がおかしくなってきて。。。。

つい娘にキスをしてしまい、舌をからませ。。。ってそして挿入。。。。

「まだ妊娠しないから中にだしていいよ」っていうのでつい中だし。。。。。

「たまにならエッチしてあげるよ」って長女が言ってくれてるので月1回のペースで長女とこんな関係がつづいています


告白体験談関連タグ

||||||

【近親相姦】実の娘【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月11日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ