相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】目の前で姪甥が遊ぶ【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


 春の夕方、妻の兄の家でビールをごちそうになった。目の前に田園風景が広がる。 

 ひろい家の廊下から、小学生の甥と中学生の姪があそぶ声がする。

 老義母が「二人ともね、なかよくするのはいいけど、宿題はしたの?」と心配する。

 高校生の姪が「私の友達の中に、ああいう遊びが、まだやめられないやつがいるけどね」といった。

 そして「なかで出しちゃだめだよ」と弟に声をかけた。 

 

 おれは、ふりかえって、二人のこどもの「あそび」を見た。

 裸であおむけの弟に、姉が馬のりになって、

 自分の股間に、弟の小さな男性を挿入してる。

 姉は腰を前後にふって、弟と自分を刺激する。 

 われわれ大人の、目のまえでしてるのだった。   

 

 二人とも、けたけたとよく笑う。

 妻は「この近辺では、昔からどこの家でもこうだよ」といった。

 自分も小学生のころ、こうやって兄や近所の男の子と遊んだと。 




 その夜、おれが風呂からあがったとき、老義母がはいってきた。

 老義母はバスタオルで、おれの体を拭きはじめた。勃起部分も拭いた。 

 戸は開いてて、居間の義姉や姪たちはこっちをじっと見てる。

 老義母は、おれの勃起をくわえ、吸った。

 おれはその口の中に射精した。妻は顔をそむけた。  

 あとで妻に聞いた。この老義母は、むかしから妻たちの近所に住んでて、

 幼い義兄は、隠れて性をもてあそばれてた、と。

 妻は、幼い兄がペニスをくわえられてるのを、何度も目撃したという。  

 やがて義兄の婿入りがきまった。

 義姉は、自分の母親との関係を知ってても、逆らえず、義兄と結婚した。   

 婚礼の日が近づくと、義姉はだんだん無口になったらしい。 

 深夜、おれは妻に手をひかれ、家の裏手にまわった。    

 あけた窓から、風呂場がよく見えた。   

 義兄、義姉それに老義母の三人が、裸でからみあっていた。   

 義姉は、義兄の勃起部分をくわえ、義兄は、妻の母の股間を手でまさぐる。   

 しばらくして相手をかえ、また続ける。

 「窓をあけて、わざと人にみせてるの」と妻はいった。 

 三人の悦び遊びは、いつまでも続くようだった。  

 

 翌日、妻はまた泊まりたいといった。 

 その夜中に目をさますと、横に妻がいなかった。

 台所に全裸の妻と義兄がいた。

 兄は椅子にすわり、妻はそれにまたがっていた。   

 明け方にまた目が覚めた。 

 浴室で、高校生の姪がシャワーを浴びてた。 

 目が合った。姪はおれの手を引きよせた。

 おれは姪の、ピンクの女性部分を口で吸い、その秘所を味わった。

 姪は避妊具を差し出した。おれは挿入し、射精した。  

 帰りの車のなかで、妻は「見たでしょ、ごめんなさい」といった。

 おれに嫉妬心はなかった。この兄妹は幼い頃から、そうであったのだろう。

 「仲良くていいことだ」と答え、片手運転でコーヒーをすすった。


告白体験談関連タグ

||||||

【近親相姦】目の前で姪甥が遊ぶ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ