相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】尿道炎【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


俺には中3と中1の娘がいます。

半年ぐらい前の日曜日だっと思います。部活から昼下がりに家に長女が帰ってきたとき

「お父さん、病院いきたい」というので「どうしたんだ?」っと風邪でもあるまいと。

「おしっこすると痛い」というんです。けっこう我慢してたみたいで、「ちょっと見せてみろよ」

というと「絶対いや」と娘。「ええやないか」と俺。

もう何年も娘の裸は見てないけど、正直、そんなエッチな感情ではなく、心配でみておきたいと

なんとか説得して、半分強引にパンツを下げて、足を広げてみたんです。

娘のあそこは、母親とそっくりだなと。毛の生え方も似てるし、まだ処女膜はついてました。

性病ではないだろうと。ちょっと安心しました。

安心したのか、俺の下半身は勃起してしまった。

その後、病院に連れて行ったら、診察は尿道炎ということでした。

帰りの車のなかで俺が「きたない手でさわるからそうなるんやで」と

「。。。。」娘は顔まっかにしてました。思い当たることがあるんだろうと直感でわかりました。

「お前も年頃だから、自分でさわることもあるだろうし、別に悪いことでもないけど」

とフォローのつもりで言ったんだけど図星だなと。。。。




「健康な証拠だし。」

「お母さんもちょくちょくしてるしさぁ」といってやると

「そうなん?」と聞き返してきて「うんうん。寝るための行為だとかいってるよ」といってやりました

「どれぐらいの間隔でしてるんや?毎日か?」と聞くと、「毎日ではない」と娘がいいました

「それはほぼ毎日ってことだよな」っていうと娘は「かもしれない」

「お母さんがしてるのはよくみたなぁ」といったんですけど本当のところはさせてたんですけど。

それからよく娘とオナニー話をするようになって、お母さんは見られながらするのが好きなんだよとか

娘のオナニーを見たくて仕方なかった俺は何とか説得してみせてもらうことになったんです。

娘も母親と同様にみられたら、すごく興奮するみたいで、すぐに逝ってしまった。

果てた娘にすっかり興奮してしまって、クリトリスをなめてやったら、また昇天。

69の体勢になって娘にフェラさせてしまった。

そして、セックスはしてないけど、中3の娘と週一はこんなこしてる


告白体験談関連タグ

|||||||||

【近親相姦】尿道炎【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ