相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】妹のヴァギナに弟のペニスが【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


以前はあたしは、小学生の弟のペニスをいじってエッチ遊びを教えてあげてたけど、今はもうやめた。

今は中学生の妹が弟のエッチ遊びの相手をしてやってる。家族の目の前でしてる。

先に風呂からあがった弟は素っ裸で、妹が風呂から上がるのをまってる。

妹は風呂から上がっても、髪を乾かして弟をまたせる。

待ちきれない弟は、勃起した自分のペニスをさすってる。

妹は無造作に弟のペニスをもんで、またがって、自分のヴァギナに挿入して、腰をふる。

父ちゃんは弟に「中でだすな。何事も、こらえられない男にはなるな」といつも教える。

父ちゃんと母ちゃんはエッチのとき、あたしたちやおばあちゃんに見られても、「おう」とかいっただけでやめない。  

父ちゃんは言う。昔の日本人はみんな大人だった。

みんな心をきたえて、心をおおきく成長させた。

大人だから、裸で男女かくさず混浴したり、親や子供が目の前でエッチしてても、みんな、それに大人の対応をした。

今の日本人は子供になってしまった。

子供になった日本人は、混浴なんかで、昔みたいに大人の対応ができなくなったと。

大人と大人の付き合い方や、楽しみ方が理解できなくなった、情けないと。

明治大正になって、学校で西洋の道徳を教え始めた。




西洋の道徳では、人間を子供扱いして、人間を低く見下す。  

学校でそういう西洋の道徳の勉強をしてるうちに、日本人がみんな子供になったのだといった。

父ちゃんの妹の叔母ちゃんが、叔父ちゃんと夫婦でうちにあそびきた。  

あたし朝早くシャワーを浴びてて、ふりかえったら叔父ちゃんと目が合った。  

(え、あたしをのぞいてたの‥‥)。

あたし、叔父ちゃんの手を引いてなかにいれちゃった。

抱きついて、叔父ちゃんのトランクスを下ろした。

叔父ちゃんのあそこ、おっきいー。こういうの男根ていうのかな。

叔父ちゃん、あたしのヴァギナに口をつけて、吸って。

あーん、そんなに強く吸わないで。

叔父ちゃん、舌を使うのが上手い。

あたし気持ちよくて「あ、あ」って声だしちゃった。気を失うとこだった。

避妊具を渡した。叔父ちゃんは、あたしのヴァギナに、ペニスをそっといれた。

うえになった叔父ちゃんは、あたしにむかってやさしく腰を突いた。いつまでも突いてた。  

やっと精液を出した。あたしのなかで精液があったかかった。

あたし気持ちよくて、ぐったりしちゃった。

叔母ちゃんに、また来てねといった。横にいる叔父ちゃんにもきこえるように。

叔母ちゃんは笑って「うん、また来るね。この人、舌使うの上手いしね。」といった。

あたしの顔をみて「あんた気を失ってなかった?」といった。みられてたみたい(笑)。

そういう叔母ちゃんも、うちの父ちゃんと、久しぶりの兄妹エッチをしたようだった。


告白体験談関連タグ

||||

【近親相姦】妹のヴァギナに弟のペニスが【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月12日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ