相互リンク先の更新情報!

【浮気・不倫】Eカップの隣の主婦3 【告白体験談】

カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談
tag:


668配達屋New!04/04/2802:49ID:jX9DGDWv

その日は朝から曇りで肌寒いです・・・



ぴんぽーん「おはようございます」「おはよう」「どうぞ〜」

その日の彼女は紺色のダンガリーシャツにベージュのスパッツです。

「ズボンめずらしいね〜」「そうでもないのよ、よく履くの」

「チーズケーキ作ったの、どうぞ」「ありがとう」

コーヒーとチーズケーキがでました。

「上手にできてる、とてもおいしいよ」「ほんと、うれしいわ〜」



669配達屋New!04/04/2802:59ID:jX9DGDWv

ソファーで並んでお茶してます。



最近の話題、世間話等をしました。「こっちに来てよ〜」「えっ」

彼女をだっこするように、私の股の間に座らせます。




「いいかな」「ええ、ちょっとなら」後ろから手を回し、胸を鷲づかみ

にします。そして彼女のうなじのあたりに顔を擦ります。いいにおいがします。

「たまんない〜、この重量感」ずっしりとした乳房の量感が伝わります。



670配達屋New!04/04/2803:07ID:jX9DGDWv

ダンガリーシャツのボタンを4つ外します。



濃い緑のブラです。肩ひもを外し両乳房をだします。

乳首を舐めます。「あ〜ん、そこ敏感なの〜」舐めたあと、ゆっくり

乳房全体を揉みます。

しばらくし、ズボンに手をかけました。

「ごめんなさ〜い、きのうから生理になったの〜」

「お口でしてあげるから」「ああ」



672配達屋New!04/04/2901:12ID:lvVCm6UB

「準備はどうかしら〜」



彼女は私の股間に手をやりました。

「大丈夫みたいね、ベルトゆるめて」ベルトを緩め、ズボンを膝下まで

下ろします。彼女はパンツの上から息子をしごきます。そしてパンツの

両端に手をかけゆっくり下ろします。

「わ〜、元気だわ〜すごいは〜、いただきます」いうやいなや息子を咥えました。

そして丹念に先っちょからしゃぶり始めます。



674配達屋New!04/04/2901:20ID:lvVCm6UB

付け根へと・・・



しばらくしました。「うっ、もうそろそろいいよ〜」彼女は息子を放し

ました。「ねぇ〜パイズリしてよ」「えっ」「パイズリ」「パイズリって

何〜」「お○ん○んをおっぱいに挟み擦るんだよ」「私にできるかしら」

「これだけでかけりゃできるよ、ブラジャー取ったほういいかも」



675配達屋New!04/04/2901:27ID:lvVCm6UB

「そう〜、それじゃやってみるわ〜」



背中に手を回し、ブラほっくを外しブラジャーを取ります。

フルカップの大きなブラジャーです。そしてダンガリーシャツ

のボタンも全部外し前が完全に開きました。

大きな乳房が突き出てます。「和室のほうがいいかも」隣の部屋に

いきます。「布団敷いてよ」「ええ、いま敷くわ〜」彼女は布団を

敷きます。



676配達屋New!04/04/2901:33ID:lvVCm6UB

私は下を脱ぎました。



まずは、立ったままで・・・

「こっちに来て〜」彼女を引き寄せ乳房の間に息子をあてます。

「両側から挟んでみて」「こうかしら」「そうそう」「なんか

変な感じね〜」彼女の乳房はお碗型より釣鐘型で前に突き出てます。

「うまい、うまい」私は息子を上下します。

「う〜気持ちいい〜」



677配達屋New!04/04/2901:43ID:lvVCm6UB

「上手だよ、上手〜」「いつも奥様ともこんなことしてるの〜」

「いや〜初めてだよ」「まあ〜やだ〜」

次に元気な息子を乳首に擦ります。「いや〜ん、変な感じよ〜」

しばらくしました・・・



「仰向けに寝てよ」「こうかしら」「シャツ脱いでよ」彼女は上半身

裸になりました。もう一度、息子を胸のところに持っていき挟みます。

「両サイドからぎゅっと挟みます」「いくよ〜」

私は激しく上下運動を始めます。



678配達屋New!04/04/2901:49ID:lvVCm6UB

ぎゅっ、ぎゅっ、ぎゅっ・・・・



「うっ」  「あっ」

ぴゅっ、ぴゅっ、ぴゅっ、どくどくどく・・・

「え〜・・・」ついに爆発しました。

そして大量の精液が胸の上から首、あご、顔にまでかかりました。

「ごめ〜ん」「いいけど、すごい量ね〜」

彼女はテッシュで拭きだします。



679配達屋New!04/04/2901:57ID:lvVCm6UB

私もテッシュで彼女の顔、首を拭きます。



「ほんとにごめん」「ええ、でも匂うわね」「精液の〜」「そうよ」



ようやく拭き終わりました。

彼女はブラをつけ、シャツをきました。

「どう、すっきりした」「ええ、まあ」

「私半年に1回ぐらいなの〜、こないだ初めてしたでしょ、あれが今年

初めてよ〜」「でも不思議よね。ブラジャーがお宅に入ったために私たち

こんな関係になったのよ〜」「う〜ん、そうだね」



出典:同じマンション・アパートの美人妻Part4


告白体験談関連タグ

|||

【浮気・不倫】Eカップの隣の主婦3 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月14日 | 告白体験談カテゴリー:浮気・不倫の告白体験談

このページの先頭へ