相互リンク先の更新情報!

【姉】コンドーム 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


先日、姉の結婚式があった。2年前に姉の職場に転勤してきた男性と結婚。

出会いの際のエピソードが披露宴で紹介されていた。



オレは、それを聞きながら、あの時のカレシ?とは違うんだなと

7年くらい前のことを思い出していた。



7年前…。姉が大学生(19歳)でオレは高校生(16歳)の時。



————–



「私の机の引き出しから車のキーを取ってきて。」

出かける準備で慌ただしい姉がオレに言ってきた。オレは仕方なく姉の部屋に入り

机の引き出しを開けた。1番上の引き出しには入っていない。

次に下の引き出しを開けたらキーがあった。






「ん?」もう一度1番上の引き出しを開けたら、隠し忘れていたのかコンドームがあった。

しかもLサイズとパッケージにデカデカ書かれている。 6個入りなのにすでに3個しかない。

非処女確定ww



姉は学業成績優秀、顔も可愛くスタイルも良い、しかも礼儀正しいと近所でも評判の女性だった。

それに引き換えお前は…。オレは親からため息をつかれてたw



それでも、オレは姉を慕っていた。成果があらわれることはなかったが、勉強の仕方、

参考書選びや恋愛のことまで親身になって相談にのってくれる優しい姉だったから。

そういえば、度量の大きい男が良いのよ。と言っていたが、チ○コがデカイのも好みだったのかw



天然なところもあり、夏はタンクトップとショートパンツを部屋着にしていた。

細身だがおっぱいは大きいので、歩くとユッサユッサと揺れるおっぱいに目のやり場に困った。

普段は色気はないのだが。



今の芸人のギャグを使わせてもらえば、

「これだから処女は。(ため息) 童貞の想像力を見くびるなよw」という心境だったのに…。



すでに、姉のおっぱいを揉みしだいている奴がいたのか。



その後、金曜の深夜に姉から電話がかかってきた。

大学のサークルの懇親会が長引いて終電に間に合わないので友達の家に

泊まるとの連絡だった。



「母さんに伝えといてね。」と姉に言われたので、オレは母に伝えた後、

姉の部屋に入り机の1番上の引き出しを開けたがコンドームは無かった…。



—————–



現在、姉夫妻は海外に新婚旅行中。

結婚式の2次会で義兄はたくさん子供が欲しいと宣言していたから

コンドームは持っていかなかったかもしれない。



何にせよ、いまだに素人童貞のオレにとったら羨ましい話だ。





出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

||||

【姉】コンドーム 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月14日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ