相互リンク先の更新情報!

【小中学生】家庭教師【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


俺の名前は、R。この話は俺が中学3年生の頃の初体験の話。

「今年は受験があるから。」

とか言って親が俺に家庭教師をつけたんだ。実際めんどくさいから俺は反対したけど、却下されて結局家庭教師をつける事になった。

「鬼みたいに勉強させる人だったらどうしよう。」とか、「ブスで、デブで、うざい人だったらどうしよう。」とか考えてたら、

「R~。先生来たよ~。」って母さんが言ったので、適当に返事して玄関開けたら、最初考えてた人とは全然違う感じで美人で細くて優しいそうで、鬼とは無縁の女の家庭教師だったんだ。ちょっと見とれてたら、

「君がR君?今日から君の家庭教師になりました、長谷川梨紗子(24歳B;89W;54H;79)です!梨紗先生って読んでね!」

と言われ、「よろしくお願いします!」という具合に挨拶を済ませて早速勉強かと思ったら、

「部屋ちょっと整理してからじゃないと集中出来ないぞ!」

と、言われ二人で掃除を始めました。掃除を進めていくと、CDやらゲームソフトやらマンガが色々出てきて、

先日友達から借りたエロいDVDが出てきて、それを先生に見られてしまいました。

「R君もこういうの見るんだ。良いのよ。年ごろだもんね。」

と言われ、俺はもう何も言えない状態になってしまいました。

その後勉強を教えてもらい、その日は何とかなりました。

2日後にまた先生がきました。今度はちゃんと掃除を済ませておいたので前みたいにはなりませんでした。

けど、あの日以降先生のこともまともに見られなくなってしまって、勉強どころじゃなくなってしまいました。そしたら、




「ねぇ、R君。この前の事まだ気にしてる?」と言われ、

「そりゃ、気にするよ。」と言ったら、

「R君が良ければ、先生とSEXしてくれない?」

といきなり言われて、

「でも、俺先生を気持ち良くできないかもよ」

「良いのよ。先生が、R君を気持ち良くさせてあげるから。気にしないで。ベッド行こっ。」

「もう先生まんこグチョグチョなのぉ。早くR君のチンチン入れてほしいの!」

(幸い、家族は外出中で誰にも聞かれなかった。)

と言いながら全裸になり、俺も全裸にされ、

「R君の初めて私で良い?」と聞かれ、

「はい。」

「いくよ。あんっ!大きい!」

先生は、先生の全裸を見て勃起した俺のチンコ(17cmぐらい)をまんこの中に入れられ、おもいっきり腰を振ってました。

「あんっ、あんっ、あんっ。」ヌチャ、ヌチャ、ヌチャ、ヌチャ。

今までかなりオナニーしてたので、すぐに射精する事はなく10分以上騎乗位のまま腰を振ってました。

そしたら先生が、「あっ、イクッ、イッちゃう~。」と言って俺より先にイッてしまいました。

「スゴいねぇ、私のほうが先イッちゃったよ。」

「先生、俺がイクまで騎乗位のままでSEXしたい!」

と言ったら、心良くOKしてくれたのでそれから10分ぐらいずっと腰を振ってました。

パン! パン! パン! パン! 次第に腰を振る速さが速くなっていって、

「先生、俺もうイキそう。」

「中に出して!中に出して!」

「でも、子供が出来ちゃうよ!」

「大丈夫!ピル飲んだから!あんっ!R君、私もイキそう!ねぇ、一緒にイって!」

「あっ、イクッ!」

「私も~!」

ドピュッ、どぴゅどぴゅ~~

「はぁ、はぁ、いっぱいでたね!気持ち良かった?」

「うん。最高だった。勉強飽きたら、また俺とSEXしてくれる?」

「もちろん!」

てな感じで俺の初体験は終わった。それからもずっと先生がきたらSEXして中出し。プライベートで会って先生の家でSEX。

今でも続いてる。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||

【小中学生】家庭教師【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月14日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ