相互リンク先の更新情報!

【友達】見せちゃった【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


中3の夏休み、私はお母さんと、大阪の叔母さんの家に遊びにいきました。

叔母さんには、私より3つ年下の男の子がいて、名前は義之といいます。私はヨックンと呼んでいます。

ふたり共一人っ子で、すぐ近所に住んでいたから、実の姉弟のように育ちました。ところが2年前、叔父さんが転勤になり、大阪に引っ越すことになったんです。

お別れの日、ぐずって引越し屋さんのトラックにキックしてる姿がかわいくて、私までもらい泣きしました。

久しぶりに見たヨックンはすごく背が伸びてて、もうすぐ追い越されそうです。私の胸で泣きじゃくってたひ弱な印象は無くなってました。

でも会ってすぐ、「友達ちゃんとできた?」って聞いた時、「当たり前だろ!」って答えたふくれっ面に昔の面影を感じてうれしくなりました。

聞けば、ゲームをたくさん持っていて、ヨックンの部屋が友達同士のたまり場になってるそうです。

実際、この日も二人上がり込んでました。

その子達、ホントによく来るみたいで、叔母さんも「リョウ!、ショータ!」って、呼び捨てで呼んでました。

しばらくして、お母さんの肩凝りがつらいという話から、叔母さんがこの近くに評判のいいマッサージ屋さんがあるから二人で行こうというので、私は留守番を任されました。

ひまを持てあました私は、ヨックン達の様子を見に、2階に向かいました。

部屋の前まで来て、びっくりさせてやろうと思い、ノックもせずいきなりドアを開けました。

作戦は大成功でした。もうそのあわてようったら。

でも、なんか動きがヘンなんです。驚いてるというより、なんか隠したような・・・あっ、そっかぁ~!って思いました。

私は何も気付いてないフリをして、文句を軽口で受け流し、スキをついてベッドの下に隠した本を引っ張り出しました。




ある程度予想してたけど、偶然開いたページを見てあまりの過激さにビックリしました。

そこには脚を大きく広げニッコリ微笑む姿がありました。

リョウ君が「兄ちゃんとこから持ってきてん」と教えてくれました。

思わず見入っていると、私が怒らないので安心したのか、ショータ君が「こっちの方がすごいで」と、他の本まで出してきました。ホントにスゴかったです。椅子に縛られ卑猥なおもちゃを埋め込まれてたりとか。

なんだか私まで興奮してきました。

するとリョウ君が「この本、もう飽きてもたわ。1番見たいとこ、隠れてんねんもん」と、ふて腐れたようにいいました。

「それはしかたないよ~」となだめるとリョウ君は信じられないことを言い出したんです。

「おねぇちゃん、みせてくれへん」って・・・

ヨックンが「お前、変なこというなよ!」とリョウ君の肩を叩きました。

「なんやねん!お前かて見たいいうてたやん!」と突き返しました。

ヨックンは私と目が合うと、真っ赤になって下を向いてしまいました。

あぁ、ヨックンもそんな年頃になったんだなぁと、妙な感動をおぼえました。

そして、スカートに注がれるみんなの視線が私の露出願望に火をつけました。

無垢な瞳に私のすべてをさらけ出してしまいたい。そんな悪魔的な欲望が私の理性をかき消しました。

「そんなに見たい?」

私の言葉がよほど以外だったのかみんな一瞬固まってたけど、まるで揃えたように頷いたのが可愛くてたまりませんでした

誰にも言わないと約束させて、私は座ったままお尻を浮かしてショーツを抜き取り、裾フレアのスカートをめくると、立て膝のままゆっくり脚を開きました。

灼かれるような視線が痛いくらい突き刺さってきて、全身がわななくほどの興奮を感じました。

リョウ君が「オ○コて、こんなになってるんや」と息を漏らすようにいいました。耳慣れない関西風なフレーズがよけい私の羞恥心を駆り立てます。

するとショータ君が「おねぇちゃん、こんな恰好してよ」とさっきの本を差し出しました。

そこには犬のようにお尻を高く持ち上げた姿が写し出されてました。

…省略されました。全部表示する

中3の夏休み、私はお母さんと、大阪の叔母さんの家に遊びにいきました。

叔母さんには、私より3つ年下の男の子がいて、名前は義之といいます。私はヨックンと呼んでいます。

ふたり共一人っ子で、すぐ近所に住んでいたから、実の姉弟のように育ちました。ところが2年前、叔父さんが転勤になり、大阪に引っ越すことになったんです。

お別れの日、ぐずって引越し屋さんのトラックにキックしてる姿がかわいくて、私までもらい泣きしました。

久しぶりに見たヨックンはすごく背が伸びてて、もうすぐ追い越されそうです。私の胸で泣きじゃくってたひ弱な印象は無くなってました。

でも会ってすぐ、「友達ちゃんとできた?」って聞いた時、「当たり前だろ!」って答えたふくれっ面に昔の面影を感じてうれしくなりました。

聞けば、ゲームをたくさん持っていて、ヨックンの部屋が友達同士のたまり場になってるそうです。

実際、この日も二人上がり込んでました。

その子達、ホントによく来るみたいで、叔母さんも「リョウ!、ショータ!」って、呼び捨てで呼んでました。

しばらくして、お母さんの肩凝りがつらいという話から、叔母さんがこの近くに評判のいいマッサージ屋さんがあるから二人で行こうというので、私は留守番を任されました。

ひまを持てあました私は、ヨックン達の様子を見に、2階に向かいました。

部屋の前まで来て、びっくりさせてやろうと思い、ノックもせずいきなりドアを開けました。

作戦は大成功でした。もうそのあわてようったら。

でも、なんか動きがヘンなんです。驚いてるというより、なんか隠したような・・・あっ、そっかぁ~!って思いました。

私は何も気付いてないフリをして、文句を軽口で受け流し、スキをついてベッドの下に隠した本を引っ張り出しました。

ある程度予想してたけど、偶然開いたページを見てあまりの過激さにビックリしました。

そこには脚を大きく広げニッコリ微笑む姿がありました。

リョウ君が「兄ちゃんとこから持ってきてん」と教えてくれました。

思わず見入っていると、私が怒らないので安心したのか、ショータ君が「こっちの方がすごいで」と、他の本まで出してきました。ホントにスゴかったです。椅子に縛られ卑猥なおもちゃを埋め込まれてたりとか。

なんだか私まで興奮してきました。

するとリョウ君が「この本、もう飽きてもたわ。1番見たいとこ、隠れてんねんもん」と、ふて腐れたようにいいました。

「それはしかたないよ~」となだめるとリョウ君は信じられないことを言い出したんです。

「おねぇちゃん、みせてくれへん」って・・・

ヨックンが「お前、変なこというなよ!」とリョウ君の肩を叩きました。

「なんやねん!お前かて見たいいうてたやん!」と突き返しました。

ヨックンは私と目が合うと、真っ赤になって下を向いてしまいました。

あぁ、ヨックンもそんな年頃になったんだなぁと、妙な感動をおぼえました。

そして、スカートに注がれるみんなの視線が私の露出願望に火をつけました。

無垢な瞳に私のすべてをさらけ出してしまいたい。そんな悪魔的な欲望が私の理性をかき消しました。

「そんなに見たい?」

私の言葉がよほど以外だったのかみんな一瞬固まってたけど、まるで揃えたように頷いたのが可愛くてたまりませんでした

誰にも言わないと約束させて、私は座ったままお尻を浮かしてショーツを抜き取り、裾フレアのスカートをめくると、立て膝のままゆっくり脚を開きました。

灼かれるような視線が痛いくらい突き刺さってきて、全身がわななくほどの興奮を感じました。

リョウ君が「オ○コて、こんなになってるんや」と息を漏らすようにいいました。耳慣れない関西風なフレーズがよけい私の羞恥心を駆り立てます。

するとショータ君が「おねぇちゃん、こんな恰好してよ」とさっきの本を差し出しました。

そこには犬のようにお尻を高く持ち上げた姿が写し出されてました。

いくらなんでもこんなポーズはと迷ったけど、恥ずかしいと思えば思うほど、そうなってしまいたいという、別の感情が襲って来るんです。

私は言われた通り、四つん這いになり、スカートを捲くり上げました。

狂おしいくらいの羞恥心が心の中を蝕んでいきます。

ヨックンの「お姉ちゃん、触っていい?」と言う声に私は逆らえません。そんな理性なんてカケラほども残っていませんでした。



私はおもちゃでした。この子達の欲望を満たすために存在し、それにこの上ないよろこびを感じるただのおもちゃになっていました・・・。


告白体験談関連タグ

|||||||

【友達】見せちゃった【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月15日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ