相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】妻の不倫告白その後 タクシーの運転手【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


最近また美紀の行動が怪しく成って来ました、美紀とは仲良く成りましたがSEXする時以外はお互い別の寝ています

2週間ぐらい前から、毎日夜中の2時から3時頃まで携帯で誰かと楽しそうに喋っています、

私は美紀の部屋の前で耳を欹てました

美紀「こんな夜中にタクシーのお仕事大変ねー気をつけてね」とか「ワンメーターで乗り逃げされたのーせこいねー大変ねー」

とか聞こえてきます、どうやら電話の相手は

タクシーの運転手みたいです、次の日の夜美紀が仕事から

10時頃帰って来ました、今美紀は介護の仕事と言って週3日位朝10時頃から夜の9時頃まで毎日帰って来ません

私達の食事はちゃんと作って行きますが、其の割にはお金が無い無いと言っているのです私は本当に仕事に行っているのか半信半疑でした

私「美紀最近毎日夜中電話しているけど誰」

美紀「女友達だよタクシーの運転手しているの」

美紀が俯きながら言いました、美紀が嘘をつく時の顔です

私「もう夫婦で隠し事しないで全部話す事になったよね?

浮気したかったら、ちゃんと話すって」

美紀「・・・・」

私「前だって川本と楽しそうに電話で話してたし」




美紀「あれは久しぶりだったから・・今はもう逢っていないし川本さんも彼女出来たみたいだから良かったねって言ってあげたの・・」それは私も解っていました川本から私に報告が有りました

私は心の中でどうせ女の子と言うと思っていたので

美紀を攻めて白状させようと思いました

私は美紀の後ろから優しく抱きつき私「御免な疑って」

と首筋にキスをし

其の後口にキスをし舌を絡ませながら

私「美紀が欲しい」

美紀「嫌よ今帰って来たばかりだしお風呂にも入っていないし」

私は興奮して美紀をリビングで無理矢理全裸にしました

そして美紀の乳房を揉みながら指をおまんこに2本挿入しました

そうするとツルッと簡単に挿りましたおまんこが既にトロトロに成っていました

でも少しおかしいのですヌルヌルしすぎています

私はもしやと思い、指を抜いて見て見ると指に白濁液がたっぷり付いていました

匂いを嗅いでみると精液の匂いです、私は確信しました

SEXして来たんだな男に中出しされたんだなと

そして私は指を根元まで挿入しグリグリ掻き混ぜると

美紀の体が反応して美紀の子宮が下がって来たみたいです

私の指先が美紀のプクッとした子宮口に触れました其の時

美紀の体がビクッと反応しました

美紀「あーあんそこ・そこ」

私は子宮口を指で優しく愛撫しながら言いました

私「どうするの?」

美紀「子宮を子宮口を指でホジホジ・ホジホジして欲しいの」

私「嫌だよ」

美紀「何で・何で嫌なの」

私は指で軽く美紀の子宮口をツンツンしながら言いました

私「本当の事言ってよ仕事じゃなくてタクシーの運転手の下の世話だろ?」

美紀「あんあんあん意地悪、そうなの川本さんと別れて寂しかったのだから彼の家でSEXしたのー子宮突かれてたの中に精液出されたのー」

私は興奮して指を子宮口に挿入し掻き混ぜました

美紀「あー凄いイク・イク・イク」美紀が逝きましたリビングで倒れこんで痙攣しています私もいつの間にか射精してました、そして次の日の朝

私「美紀アフターピルちゃんと持った?」

美紀「大丈夫まだ在るし、御免ね貴方、本当に愛しているのは貴方と子供だけよ」

私「解っているよでも嘘は駄目だよちゃんと報告してな」

美紀「解った、じゃ行ってきまーす」とタクシーの彼の所に今日もニコニコしながら行きました、また妻の病気が始まったのかと思いました、でも妻の報告を楽しみにしています!


告白体験談関連タグ

|||||||

【人妻・熟女】妻の不倫告白その後 タクシーの運転手【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月15日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ