相互リンク先の更新情報!

【職場】【次回完結】リストラ代妻【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


 のつづき



男達の期待に満ちた喧騒の中で、エレベータが開く微かな音を

俺は聞き逃さなかった。

無意識に入り口の方へ視線を向けた。



この瞬間の絶望を俺は一生忘れることができないだろう。

堂々と歩いてくる田近のすぐ後に、うつむく妻の横顔があった。



菜緒の登場で、場内が沸くかと思ったが、逆に静まり返ってしまった。

今まで騒いでいた男達は、黙ったまま無遠慮に菜緒を凝視していた。

この女をこれから抱けるのか・・まるで舌舐めずりする音が聞こえてくるようだった。



菜緒はベージュのスーツを着ていた。娘の入園式のために私と一緒に選んだものだ。

「なるべく上品で清楚に見えるものが欲しいなぁ」そう言った妻の笑顔が頭をよぎった。




あの時は、こんなことになるなんて想像もできなかった。

スカートからのぞく細い足を俺は恨めしく眺めた。

そのスーツは、男達の目を喜ばせるために選んだんじゃない!そう叫びたかった



「菜緒ちゃん、超久しぶり!」

「ほんと、噂どうり全然変わってないね」「相変わらず美人だよなぁ」

皆がいくら言葉を掛けても、菜緒は黙って俯いたままだった。

挨拶や褒め言葉も、皆が何の目的で、ここに居るのか知っている菜緒にとって

白々しいものでしかなかった。



「お姫様ご機嫌斜めだな。」耳元で囁くのは田近だった

菜緒に気を取られているうちに田近が社長室の中に、こんなにも傍に来ていた。



「こっちに連れてきて少し立場を分かって貰うか。あのお嬢様、今更、なに気取ってんだよなw」



「ううう・・うう」田近に文句を言おうとしても、言葉すら発すことはできない。



「だから無理だってw いい加減学習せいや」



「それにしても、あのスーツかわいいじゃん 細身の菜緒に良く似合ってるな。

 誰が見たって清楚な若奥様だ。脱がせるのが惜しくなってくるぜw」

そう言い残して田近は部屋を出て行った。俺は心に重たい鉛を落とされたような気がした。



「ちょっとごめんね。作戦会議だから」

田近はそう言って、男達を押しのけながら菜緒を社長室の横まで連れてきた。

そこは、ちょうど男達の居る場所からは死角となる。

だが、俺の居る場所からは少し首を捻るだけで、菜緒の表情までが良く見えた。



「もっと愛想良くしろよ。そんな態度じゃ借金チャラにはできないな。

 なんなら全部話して、旦那の実家から取り立てようか?w」



『菜緒!』怖い表情だった。切れ長の眼が鋭く田近を睨みつけていた。

しかし、それでも田近はへらへらしたままだった。



「おっかない顔も悪くないなw そうだ!スカート捲り上げろよ。今すぐねw

 やらなきゃ取引は無しだ。どうなるか分かるよな?」



「ひっ卑怯よ!」



「強制はしてないぜ」



「あの人の親友の本間君まで呼んで・・本当に最低な人!人間のクズよ!」



「おいおいw、じゃあ、本当に卑怯なくずになってやるよw

 いいか、よく聞け!今日、1回でも俺らの命令に逆らったら、お前の写真近所中にばら撒いてやるよ

 娘さんも可哀想なことになるな、母親が売女じゃ、虐め地獄確定だw」



「な、なんて恐ろしいことを・・・」

それは俺が見たことないような悲痛の表情だった。

『菜緒!菜緒!』こんなに近くに居るのに、どんなに叫んでも声は届かなかった。



「高飛車で通用するのは二十歳までだ。今更、気取ってどうすんだよ。

 これも仕事だと割り切れよ。てか、一晩で100万近い金がチャラになるんだぜ、

 たっぷりサービスするのが筋だろ。 これが最後通告だ!よく考えて選べよ!

親類や娘に軽蔑されて生きるか、こっちは一生だな、それとも一晩だけ我慢するか」



「ほ、本当に今日で最後にして、本当に、お願いだから・・・」



「だから、何度も最後だって、言ってんだろ。」

そう言って田近がアゴをしゃくった



俺はとっさに眼を瞑った。



「ほう、いいじゃんいいじゃん。」

「お!白かw 男を喜ばせるツボを心得てるな」

「もっと尻まで捲って、脚を開きな」

「それにしても、相変わらず、いい脚してんな。」



声に釣られるように恐る恐る眼を開けてみた。



菜緒が目を瞑っていた。

ギュッと音が聞こえるくらい堅く目を瞑っていた

その手には俺と選んだあのスカートの裾が胸の前でしっかりと握られていた(涙)

そして、菜緒の苦痛の表情などお構いなしに、田近は忙しなく手を動かしていた。

『田近あああぁ!』気がおかしくなりそうだった。



田近の手は菜緒の脚、太腿をまさぐり、そして股間を撫でてから、

両手を使って、菜緒の下半身を自由に這いまわっていた。

「この程度で、そんな恥ずかしがってどうするよ。いつになっても慣れないなあ。

 まあ、そのウブさが良いって奴も多いか。 ほら!顔上げな!」



「しっかし、何度抱いても、このラインは堪らんな」

菜緒の太もも〜お腹の丸みまでを撫でながら田近がくぐもった声を漏らした。

「興奮してきちまったよ。ゲストより先に頂くのは、やっぱ、まずいよなw」

「我慢できなくなりそうだから、そろそろ戻るか」



そう言いながら、田近は妻の手を引いて、男達が首を長くして待つ中央まで連れて行った。

「ほら、菜緒ちゃん、皆さんにちゃんと挨拶しな」

田近に背中を押され、菜緒が一歩前に出た。場は静寂になった。



——————————————

『え?!』俺は思わず心の中で唸った。

今まで俯いてばかりいた菜緒が、皆の前へ一歩出ると、しっかりと顔を上げた。

毅然とした表情でじっと正面を見据えている。

美しいと思った。俺はこんな最悪な状況だというのに、素直に妻を美しいと思った。



「菜緒です!よろしくお願いします!」よく通る声が静かな室内に響き渡った。



背筋をピンと伸ばし凛とした美貌を引き締めながら、ゆっくり男達を見回す。

友人の妻を嬲り者にしようという卑怯な者達を見下すように厳しい視線を送る。

目が合った男達は萎縮し、ある者は慌てて視線を外し、またある者は顔を赤らめて俯いた。

一番前に居た男などは、緊張したのか噴き出た汗を必死に拭っていた。



菜緒の堂々たる態度を前にして、言葉を発する者は誰一人居なかった。

『このまま終われ、頼む、終わってくれ!』そう願った。

しかし、それは空しい願いだった。静寂を破ったのは、やはり田近だった。



「さすが!クールビューティー菜緒!今日も健在だねぇw」



田近は一番前の男を指差した。

「そこ!何、動揺しまくってんだよw」

「い、いや、やっぱ菜緒ちゃんに睨まれると、ダメージ大きいな」

「たしかに、美女の視線ってのは、それだけで凶器だよなぁ」



「ふうん、じゃあ失格だな。ゲストをビビらせちゃ駄目だわ。

 はい、やり直し! もう一度、挨拶しな!」



顔に疑問符を浮かべながら菜緒が背筋を伸ばした。

「菜緒です、よろ・」

「駄目、駄目、ぜんぜん駄目!」

挨拶を途中で遮られ、菜緒は抗議をこめた視線を田近の方へ向けた。

しかし、田近はそんな視線など全く気にも留めずに、ニヤっと笑った。



「脱ぎな」 短い命令だった。



菜緒は一瞬、「えっ」という戸惑う顔を見せた後で、諦めたように頷いた。



細い指先がゆっくりとした動作で上着のボタンに掛かかった。

この瞬間、それまでの静寂が嘘のように、室内が一気に沸き上がった。



———————-

菜緒との交際が発覚した時も、そして結婚した時も

仲間達の嫉妬と羨望は凄まじいものだった。

あの頃は、そんな嫉妬や羨望がむしろ嬉しく心地良いものだった。



だから、俺は気位の高い恋人を美しい妻をよく仲間達に見せびらかせていた。

よりによって、そんな仲間達の前で、妻は自ら素肌を晒そうとしていた。

その行為が嫌々であることは、ボタンを外す震える指先や強張った表情から

誰の目にも明らかだった。

それでも、妻は自ら一枚一枚衣服を脱ぐしかなかった。



菜緒の指によってジャケットのボタンが全て外されると、

男達の盛り上がりは更に加熱した。



「菜緒ちゃ〜ん今日は何でスーツなの〜?」「似合ってるから許す!」

「就活を思い出すなぁ。菜緒ちゃんのリクスー眩しかったなぁ」

「お前、絶対オカズにしただろ」「俺は散々抜いた(笑)」「お前もか!」

「俺もw、いつもクールな菜緒が俺の頭の中ではリクスー姿で、あっは〜ん全開w」

「うほ!それ、グッと来るな」



心が死ぬというのは、どういうことなのだろうか?俺は今すぐ自分の心を殺してしまいたかった。



菜緒は下卑た野次を澄ました顔で受け流して、ジャケットを脱ぎ去った。

下はノースリーブだった。剥き出しの肩に蛍光灯の光が反射して輝いていた。

男達は露出した白い肌を食い入るように見つめていた。

次は何を脱ぐのか、期待を一身に集めて、菜緒はスカートのチャックに手を掛けた。



「ちょっと待ちなよ」高橋だった。

「は、はい!」

それまで大人しかった高橋が急に発言したことに菜緒は驚いたのか、反射的に返事をしたようだった。

学生時代の仲間達には強気に出れる菜緒も、高橋は別格なようだ。



「ただ脱ぐだけじゃ芸がないだろ、柳が苦労して舞台を整えたんだぞ、”そこで”やれよ」



高橋が指差す場所は、管理部の島だった。机の上のものは綺麗に片づけられ、毛布が敷かれていた。



「ガキじゃあるまいし、少しは皆を楽しませる工夫をしなさい!」



男達は、ほぼ全員、高橋の方を振り向いた。皆、このオヤジ何者?という顔だった。



「そこへ上がったら、速攻で上を脱ぎな!

 で、こんな感じに、あっは〜んってポーズを決めな、腋をじっくり見てやっから」

言いながら、高橋は片手を頭の後へ持っていき、もう片方を腰にあてて、体をくねらせた。



「うお!」男達は、これから菜緒がするポーズを想像して瞳を輝かせた。

これによって男達が高橋を見る目は、胡散臭いオヤジから、頼もしいオヤジへと一気に変貌した。



あの菜緒が机の上で見世物にされるのか・・・

無残な痴態を演じさせられる菜緒を思うと、目の前が真っ暗になった。



男達の荒い息遣いの中、菜緒はふらつく足取りで椅子を踏み台にして机の上に登った。

「おおぉぉ」

何人かの男が身を屈め、菜緒を下から見上げて歓声を上げた。

「いい脚してんな、おい」「下から見ると格別だな〜」

歓声に釣られるように、他の男も身をかがめて感想を漏らした。



「おおおおおぉぉぉぉぉぉっ!」一際大きな歓声が上がった。





涙で霞む視界の奥に、

あっはーんのポーズを決めた菜緒が居た。



顔を赤らめながら高橋の指示で身体をくねらせてた。

腰にあてていた手も頭の後ろへ持って行き、

無防備な腋を晒しながら、左右に身体を揺らしていた。



上半身を覆っているものは、白のブラジャーだけだった。







出典:2chスレタイは内緒

リンク:内緒


告白体験談関連タグ

|||

【職場】【次回完結】リストラ代妻【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月17日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ