相互リンク先の更新情報!

【寝取られ】澄江 【告白体験談】

カテゴリー:寝取られ告白体験談
tag:


ずいぶん下がっちまって、裏にいっちまったなあ……

ちょっと、上がらせてもらうな……年寄りの話しを聞いてくれよな…





………………………………………………………………その日は、土曜の夜でな、明日は休みだった…





部屋に着いた澄江は、珍しげに部屋ん中を見ていたよ……





「男のひとり住まいなんかこんなもんだよ…」





〔片付いてるじゃない……あッ…これ奥さんの写真?…きれいな人だったのねぇ……〕








澄江は、タンスの上に飾ってあった千代の写真を、ジッと見ていたよ…





「秋田に墓があってな…毎年行ってるよ」





〔そうなんだあ…〕

そう言うと、澄江は軽く手を合わせてくれたんだ…





「部屋、ここだから…」





八畳の居間と、俺と千代が寝ていた寝室、それに俺の料理本が置いてあった部屋、キッチンと、風呂場、トイレ…



澄江に見せた部屋は、俺の本が置いてあった部屋だ…



「狭いか?…」





〔そんな贅沢言えないわよ…充分……〕





やはりちょっと狭いと感じたんだろうなあ…





「荷物は多いんだろ?」





〔六年分あるから…でも整理すれば…〕





俺は、澄江を後ろから抱きしめた………そして、夢中で唇を重ねたよ…





澄江は、意外にも、まったく抵抗しなかったよ…





それどころか、澄江の方からも、舌を絡ませてきた…





俺は、手を澄江の胸におき、もみしだいた…





〔ン!ン!ン!……待って…待って……お願い……待って…シャワー使わせて……〕





澄江はこの時始めて身をよじって、抵抗した…





「ごめんな……はなからこんなことするつもりじゃ無かったんだが…」





〔…いいの…謝ったりしないで……嫌だったら、お部屋に入ったりしないもの………でも、村さんいいの?奥さんの写真があるのに…〕





「女房が亡くなって、この部屋に入れた女は、澄ちゃんだけだ…」





これは本当だった。美子はもちろん、他の遊んだ女も入れた事はなかったよ…





〔ありがとう……シャワー借りるね…〕





澄江は風呂場に向かった…



俺は、千代の写真に手を合わせて、後ろを向かせたよ…「千代…ちょっとだけ目をつむっててくれなぁ」





風呂場から澄江の声がした…





〔村さん…ここにあるバスタオル借りるね……〕





しばらくすると、澄江は胸からバスタオルを巻いて出て来た…





まぶしかった……





「俺もシャワーにかかって来るよ…」





まぶし過ぎて、気が動転していたんだ…あまりに澄江が堂々としている様に見えてなぁ……

部屋に来ると決めてから、こうなる事は、覚悟の上だったんだろうなあ…





頭の中でそんな事を思ってシャワーにかかっていたよ……



(カチャ!…)





俺の背中に、柔らかい身体があたった………横の鏡に澄江の全身が写っていたよ…





きれいだった…背中にあたる乳房の柔らかな感触……鏡に映る背中から臀部の曲線……女の美しさが凝縮された身体だった…





俺はシャワーのノズルを手に取り、澄江と向き合った…



澄江の背中に温かいシャワーをかけながら、唇を重ねたよ…





澄江の舌が、俺の口に入り込み、舌と舌をからめあった……





俺の下半身が、にわかに温かさに包まれた……自分が勃起していることさえ忘れていたよ…





澄江の手は、俺のち〇ぽを握りしめ、舌をからませていた……





言葉はいらなかった…





澄江の全身は、他の女と違った……柔らかさ…手のひらまでも柔らかい…乳房の弾力……一点…乳首だけが硬く尖って、ツンッ!と上を…





白い肌ではないが、軟体動物の様に、どこを触っても柔らかい…





頭の隅で……世話をしている男が六年もの間、澄江を手放さなかったのは、この身体だったのか……



そう思ったよ…





もつれる様に、澄江をベッドに運び、俺はむさぼった……





乳房を吸い、淡い陰毛を探り、舌で亀裂を押し広げてクリを剥き出した…





〔村さん…ぁぁ…村サン…ぁぁ……〕





亀裂の奥深くにち〇ぽを、挿入して、感触を堪能した……

美子ほどではないが、まとわり付く感じと、入口付近の締め付けは、男を虜にするには充分な締め付けだった…





真綿に包まれた様な心地よさ……澄江の肉体を表現するのは難しいが……喘ぎ声も、消え入りそうな小さな声で伝えてくる……





〔ぁぁ…イイ…ムラサン…モット…ぁぁ…モットツヨク…アア…ィイ…〕



俺は懸命に堪えたよ…無意識の内に、澄江を囲っている男に対抗していたのかも知れねぇなぁ…





〔アアア…ムラサン…キモチィイ…キテ…ムラサンキテッ…アッ!アッ!…キテェ!!〕



澄江は身体をくの字に曲げて、全身を硬直させた……何度も…何度も身体を震わせ、全身に電流が走る様に絶頂を知らせたよ…





俺のち〇ぽは、まだ勃起したまま澄江の中にあった…



〔ハア・ハア・ハア・村さん…まだでしょ…きて…〕





俺は、澄江のきての言葉に、猛然と突き上げた…





〔アッ!アッ!アッ!…スゴイ!…ムラサン…スゴイ!…キテ!モットキテ!…イイ…アッ!スゴイ!キテ!キテ!…〕





澄江の身体がくの字に曲がるのと、俺の射精が同時だった…





「はぁッ!はぁッ!はぁッ!」

〔ハァ!ハァ!ハァ!ハァ!……〕





澄江は下から俺にしがみつき、唇を押し付けてきた…





こんなにも長いことキスをしたのは、千代以来だったよ…





澄江の身体は、うっすらと汗をかいていた…





「ふゥ……」





俺は澄江の身体から降り、左側に横たわる澄江の首の下に腕を差し込んだ…





澄江は俺の方に向き直り、手を俺の胸の上に置いた…



「早く引っ越して来いよ」





〔ぅン…〕



「手伝うから……いつにする?





〔ぇッ……まだ…あの人に話してないもの…〕





「いつ来るんだよ?」





〔…火曜日と金曜日…〕





金曜日?……昨日、男が来た!……澄江は昨日男に抱かれた?!…

そして今日俺に?…





俺は言いようのない怒りと嫉妬が沸き起こった…





澄江に始めて会った時から、予感があったんだ…





気になる女から、どんどん引き付けられていたんだよ…





そして、抱いて…確信したよ、澄江に惚れてしまったとなあ…





澄江は俺の心の変化に気付いていない…

男をあの人と呼ぶ澄江にこの時の俺は怒ることさえ出来なかったよ…





「早く決断しねぇと、いつまでも今の状況が続くことになるじゃねぇか…」





〔ぅン…わかってる…〕





「俺はいつでも男に会って話してやるから…」





〔ぅン…ありがとう…〕





その夜から、澄江は時々俺の部屋に泊まる様になった……

火曜日を金曜日を除いてだが……





これが俺を苦しめた………気持ちは、どんどん澄江にのめり込み、本気で自分のものにしたいと思いつめていたよ





その女が、火曜日と金曜日…男に抱かれるために……嫉妬と憎悪に、胸をかきむしられる思いだったよ…





魔の二日間……これが続いたんだ





澄江が帰って来た日、俺は澄江を押し倒し、すべてをむさぼったよ…





話しはしたのか!いつ俺の女になるんだ!何度抱かれた!よかったのか!何回イカされたんだ!………





澄江にぶつけたい言葉が、頭の中を駆け巡り、痛いほど勃起したち〇ぽで、澄江の身体の奥深くを突き上げたよ…





そして、ついに澄江が話しを切り出す日が来たんだ…



………………………………………………………………万国歳造さん

ハハハハ…倒れてねぇよ!新しくスレ立てたからさ





りょうさん

ありがとうなあ…

まぁ、これから。ちょっと込み入ってくるんだが…

楽しんくれなあ









出典: 

リンク: 


告白体験談関連タグ

|||

【寝取られ】澄江 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月21日 | 告白体験談カテゴリー:寝取られ告白体験談

このページの先頭へ