相互リンク先の更新情報!

【風俗】黄金町の思い出を書く 【告白体験談】

カテゴリー:風俗での告白体験談
tag:


33歳のおっさんの昔話

今の若い子はユートピアを知らないから可哀想とも羨ましいともいえる



書き溜めてないので淡々と書く

飽きたらやめる



黄金町を聞いたくらいはあるだろう

横浜の京急黄金町駅〜日ノ出町駅まで続くいわゆるちょんの間ってやつだ



昼も夜も深夜も営業してる

外国人9割、日本人1割の売春婦が小さいお店でピンクのネオンを焚き、入口で前を通行する男に手招く



黄金町にいる外国人は



コロンビア、チリ、その他南米系が2割






台湾、香港、韓国、中国など東アジアが3割



フィリピン、タイ、インドネシアなど東南アジアが3割



ロシア、その他黒人とか国籍不明が1割



日本人は1割満たないくらい



システムは15分1万円

部屋に入ったら猛スピードで服を脱ぎ、1〜2分愛撫したりフェラされたりして、その後女がローションをマムコにつけて挿入

もちろんゴムはつける



はじめて黄金町に足を踏み入れたのは17年くらい前

当時16歳、歩くのすら怖い。そして外人のお姉さんたちがおそろしくエロい。



外人のお姉さんたちはセクシーな格好をして玄関前に立っているか座っている



女のレベルは高いと言っていい

ブスもいるが、ほとんどはヤレるレベルだ

むしろモデルクラスの女もいる



中国人や韓国人は時短といって、とにかく時間を縮めようとする輩が多い。入って5分でタイマーがピピっとなるのはザラだ



東南アジア系にもそういうのが一部いるが、比較的タイ人は優しい



ロシア系は時間ピッタリ



南米系はむしろ長い。30分くらいいても大丈夫なときが多い



黄金町の建物はいわゆる掘ったて小屋のような小さな2階建て



小料理屋の名前の看板がある

同じ店に1人の女しかいない場合もあれば3人くらいいる場合もある



玄関が閉まっている場合はプレイ中か休憩中



人気のお姉さんの店の前では、出待ちで行列ができる場合もある

もちろん列をつくって並んでるわけではない

みんなタバコなどを吸って様子を伺っている



16くらいに行ったと言ったがそれはあくまで見学通行

実際に店に入れる勇気を得たのは19歳くらい

エイズとかも怖かったがこのくらいの歳になるとリスクより性欲が上回る



はじめて入った女は中国人

Fカップはあると思われる美乳

歳はたぶん20代後半

見た目はグラマーで背が高い

芸能人でいうと藤原紀香をバージョンダウンさせた感じ

付き合ってくれと言われたら普通に喜んで尻尾ふるレベル

つまり結構イイ女



中国人の日本語には独特のアクセントがある。まあ出身地域によるとは思うが。そこで萌える人もいると思うが、おっさんの場合は少し萎えた



だが今は目の前のタワワな胸に夢中

中国人はおっぱいデカイ女が多い

そして美乳が多い

あくまで黄金町内の話



おっぱいを堪能したかったので対面座位を希望した。おっぱいに吸い付きながら20秒でイった



なんせ最初だからそわそわしてしまった

これくらいしか記憶がない



次に入った女、タイ人

松浦亜弥を太らせた感じ



その次、タイ人

ちょっと浅黒い女、マムコがゆるい



次、中国人

入口でみたらかわいかったが下半身デブで萎えた



ここらへんは普通のプレイなので省略

普通に気持ちよかった



さて、何回か通いはじめると最初に感じた恐怖や不安がなくなる

割りと平気で歩けるようになり様々な女を物色できるようになる



しかし南米系やロシア系の白人系にはまだなかなかいけない

そこはちょっと怖い

日本人は外国人のお姉さんと比べてしまうとブスだった

今なら普通に入れるレベル

だがしかし当時の俺は目が肥えている



また日本人は外国人が1万円という金額に対して、2万とか3万とかふざけたことを言う。ブスビッチのくせに

というわけで黄金町で日本人を相手にしたことはない



タイ人はなかなかオススメお姉さんが多い



タイ人というと浅黒いチビを想像すると思うが、多民族なのかなんなのか実は結構綺麗な女が多い。色も白いしスタイルも良い



だかこれも日本後のアクセントで多いに萎える場合が多い。タイ語はちょっと鼻にかけて発音するので潰れた声をだす



しかしそんなマイナス要因を吹き飛ばす綺麗な女がいた

hitomi

という昔の芸能人に結構似ている女



おっさんが歩いているとその女とすれ違った

他の男もかなり見ている。それほどエロい女だ

そんなわけでおっさんはその女を尾行した



どこの店にいるのか尾行を開始すると、どうやらおっさん以外にもその女を尾行する男がいるようだ

こんなときはかなりのせめぎ合いが起こる



ガン飛ばしは当然、知らんぷりをしながらサッサとついていったり、勇者は直接その女に話しかける



おっさんは当時19かそこらのシャイボーイだったが、これほどhitomiな女に出逢えるチャンスはないと思い、勇者になった



近付いていき話しかける。



どこでやってるの?



それを見て周りの男たちからの舌打ちが聞こえる。おっさんの勝利である



ひとみお姉さんに話しかけると、ひとみお姉さんは、ああ…という感じで店に連れていってくれた



服を脱いでやはり上物だと知る

長い手脚と張りのあるおっぱい

顔はhitomiなので美人である



おっさんはなにか思い出づくりに変態なことをしたい気分になった



というわけで、プレイ開始。サクッとしゃぶってもらった後で正常位で挿入。ありえないほどの美人が出会って3分で、しかも1万円で抱ける。



ゴシゴシ腰をついてると



はぁぁ…



とか言っている。あの時代はよかった。



そんなわけで正常位を続けながら変態プレイを開始する。耳の穴をひたすら舐めるという行為だ。お姉さんによってはそんなことをすると罵倒され、追い出されることもある。しかしタイ人は比較的寛容な人が多い。



5分くらい耳に吸い付いていた

たまたまツボだったのかやったらデカイ声を出しはじめて興奮した

唾を耳にべっちょべちょに流し込んで、お姉さんの耳を唾のため池のようにした



デカイ声で喘ぐので思い切り射精できた。もちろんゴム付きの中だし

ひとみお姉さんは気持ちよかったと言ってウェットティッシュをだし、俺が舐めた乳首やら体やらを拭いていた。耳の中は超入念に拭いていた。あなたは変わってますねとかなんとか言われ口にキスをしてくれた。



またきてね〜とか言われ、笑顔でサヨナラしたが、ひとみお姉さんと会ったのはその日が最初で最後だった



ちなみに店を出るとさっき舌打ちをした男が出待ちをしていた



なんかいろいろ汚い。賢者タイムのおっさんはそう思いました



一度変態プレイをすると、以後エスカレートしていく

唾攻撃はたまたまやったのでそれ以降興味がなくなったが、とにかく普通のセックスでは物足りない



次に入った女は香港の女。

結構印象深い。



背は低め、胸はしっかり大きい

顔も雰囲気もフジテレビアナウンサーのショーパンに似てる

歳は当時23とか言っていた



ちなみに黄金町は歩きながら女を物色しているときぐ最高に楽しい

なんせ大小7〜8本の路地に、これでもかというくらいお姉さんが詰め込まれている



そうだなあ当時100人くらいは常にいたような気がする。そこから好みのお姉さんを選べるのだ。幸せこの上ない。



香港のお姉さん。このお姉さんは当時のおっさんより少しだけ年上というのがまたそそる。しかも容姿はショーパン。



おっさんはその日そのお姉さんに入ると決めていたが、どつせなら変態なことしたいと思ってアルコールを注入してから行くことにした。



ちなまに黄金町には普通に酒を飲める店もある。ビール一杯1000円くらい取られるが。なぜそんなに高いのかはわからん。需要と供給バランスだと思う



一杯だか一本だか1000円だか800えんだかのビールを3、4本空けて、香港のお姉さんに突入。一気飲みに近い感じで飲んだのでかなり酔っている。



入る旨を目で伝えると店前で思い切りブチュっとキスをしてみた。おっさんは当時若かったし雰囲気イケメンだったのであんまりお姉さんに嫌がられたことはない。



香港のお姉さんは照れながら2階へ手を引いてくれた。ちなみに玄関のネオンもピンクなら部屋の中もピンクの光で淫靡さがたまらないのが黄金町。



お姉さんは服を脱ぐとなんていうかほんのちょいぽちゃ。これがまたぐっとくる。おっさんは酔っぱらってたので支離滅裂な会話を繰り出す。



ずっと会いたかった。愛してる。



ずっと、とは酒を飲み出す1時間前の話である。愛してるとはセックスしたいの訳である



おっさんは香港のお姉さんを寝かせると、一発目からクンニした。



今考えると汚くてどうしようもない。なんせ黄金町のお姉さんは一日中セックスしている。たぶん7、8人以上は出し入れしてる。



しかしそこは変態プレイのおっさん。普通お姉さん主導でセックスをする=男が受身なのが黄金町スタイルだが、おっさんは変態なので香港お姉さんの中華マンにクンニした。



15分しかないのに15分クンニした。さすがのプロお姉さんも15分間、愛してると叫ばれながらしつこくクンニされればビッチョビチョになる。そこでタイマーが鳴ったが、お姉さんはお構いなしにコイ!という感じだった。



ちなみにあれから15年近く経ったがおっさんはエイズではない



香港お姉さんにゴムを取っていいかと訪ねると香港お姉さんはいいからコイ!という感じだった。



ありがたく生でいれさせてもらった。しかし何度も言うが危険極まりない行為である。



香港お姉さんの骨盤をガシガシ掴みながら、香港お姉さんの中に発射。まあピルを飲んでるんだろう、そんなに気にしていなかったようだ。

その後香港お姉さんの部屋で30分くらいマッタリして帰ったが、あまりに香港お姉さんが優しいのでもう1万円あげた。



その香港お姉さんとはそれからおっさんが黄金町を徘徊している間に10回は顔を合わせた。

最初のうちはニコニコして今日くるのか?という顔をしていたが、おっさんがただの変態だとわかったのか3回目以降は無視された。5回目以降は玄関前を通るとピシャリとドアを閉められた。



人情の街、黄金町なのだ。



次に入ったお姉さん。コロンビアのお姉さん。お姉さんといっても確か当時同い年だった気がする。19歳くらいのお姉さん。



おっさんの人生発の欧米系である。

そのお姉さんはチリ人のお姉さんと同じ店にいた。お姉さんは誰似かというと、アンジェリーナジョリーである。まじでかわいい。



同じ店にいたチリのお姉さんは、セクシーだがロナウド似。クリスチアーノではなく、一昔前のブラジル代表、ロナウド。あの顔は南米のひとつのデフォのようだ。



とにかくアンジーに入ったおっさん。だがちょっとなんだか怖いとうか、西洋人が自分のイチモツをしゃぶっているとなんだか不思議な気分で興奮するより萎縮する。



アンジーはスタイル抜群でほどよい筋肉があった。その後ズコンバコンするが、やっぱり心が萎縮してイケなかった。おっさんの完封負けだった。



アンジーは気にしたようで時間延長してもフェラでいかせようとしてた。ちなみにフェラはゴムをつけてするお姉さんもいれば生フェラするお姉さんもいる。アンジーは生フェラだった。



それでもイケないので帰った。



さてここからが変態の思考回路である。



ちなみにこれは黄金町などを極めた義兄弟に発しているのではない。まだ純粋な若い小僧どもに話している。



おっさんはアンジーの店を出て、タイ人の店にすぐさま入った。ちなみに黄金町にはシャワーなんていう高価なものなどない。

後処理は全部、ウェットティッシュ。



おっさんはアンジーの店でウェットティッシュを使わずにタイ人のところへ。



なぜタイ人を選んだかというと、単純に細身でかわいかったのと、比較的タイ人は生フェラ派が多いからだ。



さっきまでアンジーにゴム付きとはいえ出し入れして、生フェラさせ、しかも拭いてないおっさんのイチモツを誰かに舐めさせたいのである。



タイ人の店の2階に上がり、タイ人の服をひんむく。細身なので乳はないが、西洋遠征に出かけた後の東洋は、たとえるならまるで温泉に浸かっている気分である。



心がホッとしたせいか、おっさんはビンビン。しかも10分前まで他の女とセックスをしていたのである。



タイ人の口にそのまま突っ込むとタイ人はうごお!と言っていた。ゴムの匂いが残っていただろうからきっと気づいたに違いない。



しかし繰り返しタイのお姉さんは寛容である。一生懸命しゃぶってくれた。そしてゴムをつけて挿入。



タイのお姉さんは細身なのでタイマンは小さい。逆におっさんのものはギンギンである。お姉さんはセックス中、ずっと



うごお!ほごお!



と呻いていた。申し訳ないと思いつつ、興奮したのでディープキス。その後、お姉さんの口を手で抑えて、口の中に唾をペッと吐いた。



お姉さんは気にせず、おごお!と言っていたが、プレイが終わったあと、



デカイ…



とゲンナリしていたので、かわいそうに思い、もつ1万差し出した。しかしタイのお姉さんはいらないと断った。なんでも来日6年くらいで金は2000万くらい貯めたらしい。なんで黄金町にまだいるのかわからんが、そんなミステリーもまた黄金町。



ちなみにそのタイ人の見た目は中島美嘉の雰囲気。ショートの黒髪ボブ。体型はそのまんま。顔は細いが少しだけエラが張っている。



そんな一日二人とかが2万でできる街。黄金町。



次の女はまた香港人。しかしこの前のお姉さんとは違う香港のお姉さん。



これは容姿は磯山さやか。を少し香港メイクにした感じ。ちょっとキツメ。25歳くらい。



むっちりした体がやたらやらしい。でもちょっと歯が黄色い。こなれたおっさんは、なんかうまいように時間を伸ばしながらゆっくりセックスをする。



ちなみにそのお姉さんの部屋は鏡貼り。そんなエロい部屋が結構ある。



正常位でぶちこんでいると、このお姉さんも結構感じている。壁が薄いので隣の部屋のセックスの生音が聞こえてくるのも黄金町のおもしろいところ。



ドスンドスンと音を立てながら、オラッオラッと声を出しながらセックスしているリアルおっさんもいる。

はわわわわ〜!と声を出す女もいて結構楽しい。



香港のお姉さんとは普通のセックスをした。しかし変態のおっさんは普通のセックスに飽きている。

鏡に映る自分の姿をみて、バカバカしくなって途中でやめた。香港のお姉さんはポケっとしていたが、さっさと帰った。



そしてその日も直後に目指すは中島美嘉似のタイのお姉さん



いろいろと省略しているが、この頃になるとこのタイのお姉さんでなければイカなくなっていた。誰かとセックスを途中までした後で、このタイのお姉さんに入り、ほごお!と言わせながらたっぷりだす



唾を口の中にペッと吐き出すのはデフォになっていた。



今会ったら謝りたい

タイのお姉さん、ごめんなさい



さて、このへんで3Pというものにも興味を示すようになる。いつだかシンガポール人のお姉さんに入ったとき、おっさんの後で入ってきた義兄弟が、シンガポールのお姉さんとその同僚のシンガポールのお姉さんに



3人だったらひとり1万ずつね!



と言われていたのを耳にした。そんなこともできるのかと、後日シンガポールのお姉さんに聞いてみたら、余裕でいいよという答えが返ってきた。



このシンガポールのお姉さんは誰に似てるだろう。細身で脚が長い。歳は20。顔はちょっとわからないが強いて言えば、ギャル曽根。でもギャル曽根よりはだいぶかわいい。



もうひとりのシンガポールのお姉さんは25くらいで浅黒い土人



人生初の3Pが始まる。



日本vsシンガポール&シンガポール。

まさかのシンガポール。なぜにシンガポール。



そんなわけで、お気に入りのギャル曽根似のお姉さんを下に敷いて、思いきり攻めた。肌質が綺麗なお姉さんだったので美人に感じた。挿入しながらディープキスしながらなるべく唾をためてお姉さんの口に流しこみ。

もうひとりの土人はべつにどうでもよかったが、実際脱がすとおっぱいの形がよく興奮する体だった。



最初、ギャル曽根を責めるも、土人のおっぱいに負け、最後は土人の中で出した。



おっさんと土人の出し入れしてるところにギャル曽根の手を入れさせ、ギャル曽根にしごかせながら土人に出し入れ



そのほかももちろんWフェラや3人キス、おっさんの両乳首を舐めさせるなど王道の3Pはした。



楽しかったので2万ずつ渡して40分くらいプレイした。



満足して店をあとにすると、ギャル曽根はすぐさま歩いている男を引っ張ってドアを閉めた。黄金町に礼儀とかはない



みんなおっさんなら知ってるらように、本当に黄金町あたりの女はレベルが高い

絶対無理!というレベルは1〜2割くらいで、5割なイイ女。



そんなところでしょっちゅう遊んでいると逆に美人なお姉さんには興味がなくなる

かといって無理なものは無理



そんなわけで珍しい感じのお姉さんを選びたくなる



路地の奥の方に、ロシア人が多いゾーンがあった。しかしそんなに上物ではない。上物のロシア人はメイン通りにいる。

メイン通りのハバロフスク出身の金髪ロシアお姉さんは最高だった

体が柔らかいのでまんぐり返してクンニした

色白でしなやかな体、脚を持って大開脚させ、ゴンゴンついた。いい思い出だ。今の若い子はしたくてもできないのがかわいそう



ところで路地裏にいるロシア人はそんなメイン通りお姉さんと比べてだいぶ質が落ちる

ちょっとデブだったり、ブスだったりする



その中で珍味をみつけた



ガラス貼りの店の中にお姉さんたちがいる



南米系もそうだがロシア系やら西洋系はキレやすい

すぐにキレる。覗いているとキレる。



そんな中、狭い部屋にデカイテーブルがあって、そこに寝そべりながら電話をしている大女のロシアお姉さんがいた。



背は180オーバー。顔は美形だがとにかくサイズが南海キャンディーズのしずちゃん。でかい



アザラシのようにテーブルに寝そべっているお姉さんを眺めていると、ハイヒールで窓ガラスを蹴っ飛ばしてきた。あっちいけ!と言わんばかりにふてぶてしい顔をしている。



変態なおっさんはそれをされた瞬間ビンビンになった。すぐさま1万円を取り出すとビンビンのものを見せてアピールした

しかしアザラシのお姉さんは開けてくれない

無理矢理こじあけて入ると低い声で



なんだ?と言われた

お願いできる?と聞くとアザラシのお姉さんはキレた顔して奥に入って行った。のでついていった。



狭い部屋でアザラシのお姉さんが脱ぐとこれまた本当にデカイ。すべてがデカイ。身長は183くらいはある。

太ももはその体には見あっているが、やはり太い。当時ガリだったおっさんのウエストくらいありそうだ。



おっさんは全裸になってアザラシのお姉さんはフェラをし始めた。舐める、というより吸引してるようなフェラで笑った



ものすごいデカイ体、脚をよいしょと持ち上げて、ぶち込んだがアザラシのお姉さんは声もださない。どころか蔑むような目で人のことを睨んでいた



変態スイッチが入ってかなり早くイってしまった

その後、そのアザラシのお姉さんには5回以上入った

最初のうちはずっと睨みつけるような顔で無反応のセックスだったが、通うたびにお菓子やらジュースやらを買っていくようになると、アザラシのお姉さんはキスをしてくれるようになった



おっさんのサイズでは物足りないようでいつも余裕のセックスをしていたアザラシのお姉さんだったが、最後の方はハッハッと息を出して感じていたようだ



そんな情熱話もときどき生まれちゃう

それが黄金町



べつに情熱話でもないか



そんなわけで、まだまだ通ったおっさんは、最初の頃出会ったコロンビア人と遊ぶ



アンジーだ



アンジーとは同い年くらいということもあってよく遊んだ。飲みにいったり遊園地とかにも遊びに行った。アンジーは平楽という地名のところに住んでいた。

黄金町のお姉さんたちのでっかい寮みたいなのがあったらしい。そこにも入ったことはないが行ったことはある



アンジーとのセックスは興奮より萎縮だったが、アンジーは最高に美形だったのでやっぱりセックスした

1回行けば1時間はいる日が多かった

たぶん10回以上は通った



そのうちアンジーはおっさんのことを彼氏だと周りのお姉さんたちに紹介してた

なんとも言えない嫌な気分だった



そんな中、アンジーといつもどおりセックスをしていると、隣の部屋でアンジーの同僚のチリのお姉さん(ロナウド)がセックスをしている声が聴こえてくるようになった



おっさんは非常に興奮した



だがしかし、アンジーとは仲が良い

さすがに3Pしたいとは申し出ることができなかった



またアンジーの同僚のお姉さんを誘うわけにもいかない。さすがにアンジーと仲良くなりすぎて引け目を感じる



いつしかアンジーに会いにいくより、チリ人のロナウドお姉さんを見にいくようになっていた



ときどきお菓子などをあげると、ありがとう!とスマイルがくる

ちなみに黄金町のお姉さんたちの日本語はほとんどダメ。ほとんど日本語ではコミュニケーションはとれない

なんとなくジェスチャーやらなにかでとる



そんな折、アンジーが帰国した

さよならアンジー



そして待ちにまった大チャンス

チリのお姉さんを抱けるチャンス



アンジーのいない店に行くとチリのお姉さんはすこし驚いて、アンジーはもういないよ、知ってるでしょと言ってきた



そんな中、ニヤニヤして見ているとチリのお姉さんが



ハズカチイ…



と言っていた。スペイン語の人はシの発音ができないのかしないのか



そのまま手を引いて2階にあがってアンジーとよくやりまくった部屋でチリのお姉さんとやりまくった

ふたりとも異様に盛り上がって1時間くらいセックスしてた

これは本当の恋人だろうというようなセックスをした



そんな背徳ロマンスも生まれてしまう

それが黄金町



出典:黄金町の思い出を書く

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||||

【風俗】黄金町の思い出を書く 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月21日 | 告白体験談カテゴリー:風俗での告白体験談

このページの先頭へ