相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】デパガのノリカです。【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


ノリカがデパガ1年生の時のお話です・・・

高卒の女の子ってえ、ふつう食品とかに配属なのにぃ、急に欠員が出たとかいってえ、

ノリカぁ、いきなり婦人フロアに配属されちゃったんですぅ。

ほんとぉ、婦人はモデルみたいな先輩ばかりなのでえ、

B102W76H98のぉ、ぽっちゃりノリカは恥ずかしくってえ・・・

「デブは地下で豚マン売ってろよ!」とかイジめられてえ、

いつもノリカ、泣いてました・・・

婦人って女子社員の天下だからぁ、

男性社員たち、みぃんな見て見ぬふりだったんですけどぉ、

フロア主任のKさん。35才くらいだったかなぁ?

いつもノリカに優しくしてくれたんですぅ。

Kさんは仕事は出来るし、女子社員たちにも気を遣うし、すごい人気者だったんですぅ。

どうして独身なんだろう?って、みんな噂してたんですぅ。恋人もいる感じなかったしぃ。

もちろんノリカもひそかに憧れてたんですけどぉ、

ダメダメな新入社員の面倒を見てくれてるだけだろーなーって、諦めてました・・・




ある日、ノリカ伝票ミスしちゃってえ、

「間違い見つけるまで帰るな!」って・・・

深夜のデパートって怖いんですぅ・・・

事務室でひとり遅くまで、ベソかきながら伝票めくってたらぁ、

Kさんが来てくれたんですぅ。ノリカうれしくて泣いちゃった。

そしたらKさん、「ほらほら、もう泣かないで」って優しく肩を抱いてくれてえ・・・

ノリカ、つい思いっきり抱きついちゃった。

ノリカの102センチのおっぱいがぎゅ~ってなって・・・

Kさんの手がぁ、ノリカの肩から脇の下に来てえ・・・

ブラウスのボタン外されてえ・・・

ブラのホック外さないでえ、カップに手を入れてきたからぁ・・・

おっぱい、ぽんよよよ~んって飛び出ちゃった。

そしてKさん、ノリカのくちびるとぉ、ちくびとぉ、代わる代わるちゅうちゅう吸い始めたの・・・

「ああん、いやぁん、だめぇん」ってノリカ、可愛い声が漏れちゃったぁ。

なんだけどぉ、「あれっ?」って思ったらね、

Kさん、いつの間にかおちんぽ出して自分で揉んじゃってたんですぅ。

「ノリカがしてあげなきゃ」って思ってえ、

Kさんのおちんぽ手探りでシコシコしてあげたらねえ?

「・・・痛い!」って。

「え?」って思って下のほう見たらぁ・・・

Kさんのおちんぽ、頭の先まですっぽり皮に隠れてたの・・・

Kさん、とっても恥ずかしそうにしてえ、

「ご、ごめんノリカちゃん・・・オレさ・・・真性包茎なんだ・・・

これのせいで・・・いままでどうしても女の子に積極的になれなくて・・・

でも・・・今日はノリカちゃんがあまりに可愛かったから・・・」

顔を赤くしてえ、目を伏せてえ、

おちんぽ隠そうとするKさんにぃ、ノリカ、きゅんってなっちゃってえ、

「・・・ううん、ノリカうれしいですぅ」って言ってえ、しゃがんだの。

「ノ、ノリカちゃん?」

「しーっ、ノリカに任せて・・・」

ノリカね、Kさんのおちんぽの先っちょとぉ、皮の間にぃ、

舌の先をすぼめてえ、ちろちろって入れてったの。

「ううううううう」

ってえ、Kさんのおちんぽの割れ目ちゃんからぁ、

先走り汁がじゅるじゅる出てきてえ、ノリカのツバいっぱい足したらぁ、

ぴっちぴちだった皮が少しずつ動くようになってきたの・・・

ジャリジャリってえ、ちんかすがすっぱい味したけどぉ、

大好きなKさんのだからぁ、ぜんぜんイヤじゃなかったですぅ。

Kさんが喘ぐとぉ、ノリカのおまんこもぉ、だんだんじゅくじゅくなってきちゃってえ・・・

Kさんの息が荒くなってきたからぁ、ぱくりってしてえ、

くちびるで皮を押し下げるようにしてえ、ちゅう~ってえ、中のほうを吸い出すみたいにしたの。

「ああああああ、ノリカちゃん、出ちゃうよ~」

びゅるびゅるびゅる~ってえ、Kさんの精液すごかったですぅ。

ノリカのお口の中いっぱいになっちゃってえ、おちんぽにゅるにゅるってなったからぁ、

くいくいって何度か根元のほうに皮を引っ張ったみたらぁ、

するりんって。

ノリカ、Kさんの精液とちんかすきれいきれいに舐め取って上げたらぁ、

「・・・剥けた・・・剥けたぞ!」ってえ。

目が血走ってるKさん、ノリカを立たせて後ろを向かせるとぉ、

スカートまくってえ、パンストとパンティー膝まで下ろしてえ、

「おおおおおお!」

「あ、ああん~」

いま出したばかりだったのにぃ、Kさんのおちんぽ固くて熱くて反り返ってすごかったですぅ。

「ノリカちゃん・・・気持ちいいよ・・・ノリカちゃんのおまんこ・・・お肉がみっちり詰まってて・・・」

ノリカ、がんがん突かれながらぁ、

(ノリカ、Kさんの初めての女なんだ)って思って・・・

Kさん、ノリカのおまんこに入れたままぁ、2回も出しちゃってえ。

だけどノリカはぁ、これでKさんの赤ちゃんが産めるってうれしかったですぅ。

残念ですけどぉ、妊娠はしなかったんですけどぉ、

それから1ヵ月くらいぃ、毎日Kさんと倉庫とか非常階段でえ、えっちしちゃいましたぁ。

「デートとかお食事とかも誘ってほしいな~」って思いましたけどぉ、

Kさんのおちんぽがノリカのおまんこいっぱいになるだけで幸せだったんですぅ。

なのにぃ、だんだんえっちの回数が少なくなってえ、

話しかけても避けられるようになってえ・・・

受付のぉ、きれいで有名な人と付き合ってるって噂を聞いてえ・・・

3ヵ月後には結婚しちゃいました・・・

ところがぁ、

新婚旅行から帰ってきたと思ったらぁ、

そっと近寄ってきてえ、ノリカの耳元でえ、

「あいつ体ガリガリでさ、あんまりよくないんだよね・・・」ってえ・・・

ノリカどうしよう~?


告白体験談関連タグ

|||||||||||

【フェラチオ】デパガのノリカです。【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月21日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ