相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】妻はヌードモデル 2 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


しばらくして、主催者他数人がソファを運びこみ、雛段の上に据えた。

続いて妻が入ってきて、今度は、身体を隠す間もなく、あっさりとガウンを脱がされた。

主催者がポーズを指示する。

「では次は、ソファに寝そべった形で…」

少し言いにくそうに口ごもっている。

「…そうですね…その…男を誘うような、淫らな雰囲気を出せるといいのですが。」

人妻に対して「淫らになれ」とは、なんと言うことを…



雛段に上がった妻はソファに身体を横たえ、左を下に、左肘を着いて横向きになった。

右手は股間を覆っているが、乳房は覆うべくもない。

主催者が雛段の横に立った。

「少し、ポーズをつけさせてもらいます。」

さして広くもない雛段である。

全裸で横たわる妻の至近距離で、あれこれと指示しだした。

あの距離では、肌の細かい状態…毛穴のひとつひとつや乳首のぶつぶつした質感まで、すべて分かるだろう。




私でさえ、夫婦のセックスの時でさえ、そこまで近い位置から凝視したことが何度あるか…



「体は少し起こして、ソファにもたれましょうか。

そう、左肘も背もたれにのせて。」

この時点で妻の双の乳房は、ほぼまっすぐ正面を向いて、皆の視線に晒されている。

「左脚は、ソファから下ろすほうがいいかな?

少し、しどけない雰囲気が出せるといいんですが。」

…左脚を下ろす…

それでは股を開くことになるではないか。

妻は、頬を染めながら指示に従った。

股間に置いた右手に、少し力が入ったのがわかる。

私には、妻の切ない気持ちがひしひしと伝わってきた。

「うーん、右手を外したいんですが、それではあまりに大胆なポーズになってしまいますね。

右膝を少しまげて、そう、少し内股ぎみに、恥じらいを感じさせるように…それでいい。じゃあ、右手は顔のほうに…頬のあたりに沿えるぐらいでどうでしょうか?

あ、あまり胸を隠さないようにしましょう。」

とうとう秘部を覆っていた手が外された。

内股とはいえ、妻の両脚は開かれて、秘部は正面を向いている。

陰唇が少し開いているのがハッキリと見て取れるのだ。

妻にとって最もプライベートな、私だけの秘密の部分が、剥き出しになっているのだ。



女性のメンバの一人が、遠慮がちに声をかけた。

「あの…それだと見えてしまってるんですよね…ここからだと。

その…中のほうまで…

いいポーズではあるんですけど…」

この指摘は、妻を狼狽させるに十分だった。

妻は顔を背けてに脚を閉じようとした。

ポーズをつけていた主催者が慌てた。

「あ、ダメですよ、動いちゃ。そのままで。」

とっさに妻の太股を掴んで押さえ付けている。

私も狼狽した。

目の前で他の男が、裸の妻の太股の付根を掴んで股を開かせているのだ。

その指先はほとんど性器に届きそうな場所だ。



ヌードモデルだから、見られるのはいい。

いや、良くは無いが仕方がない。

しかし、触れてはいけない。

それは最初に主催者自身が言ったことでもある。

ギリギリ最後の限界線…それは、「触るのを許されているのは私だけ」であったはずだ。

妻の体の内で、おそらくは最も柔かい部分を、他の男の指が触れて…深く食い込むほどに掴んでいるのだ。

驚いて睨んだ妻の視線に気付いて、すぐに手を離した。

「あ…失礼。けれど、動かないでくださいね。お願いします。」



妻は羞恥と怒りに震えながら、それでも主催者の指示どおりに力を抜いた。

相変わらず、パックリと開いた秘裂はあらわなままである。

その後の主催者の説明は、どう贔屓目に聞いても、言い訳じみていると言わざるを得ないものだった。

「これは芸術ですから…それも、絵画なんです。

写真なんかだと、何でもありのままに描写してしまいますが、絵の場合は書き手の意思というフィルターがかかります。

もちろん、その部分をクローズアップして、微細に、かつ、どギツく表現する手法もありますが、それは特殊なものです。

今日ここにお集まりの皆さんは、その点では至って常識的な、良識を持った方ばかりです。

我慢して…いえ、安心して…不自然にならないポーズをお願いします。」

ごく普通の…いや、普通以上に清楚な女性が、自身の性器を、その内側まで、こうまで露骨に晒した状態で、どう安心しろというのか。

しかし、いまさら異を唱えるわけにもいかず、あからさまに開いた性器を、その後30分以上も晒し続けることになった。



「では、ポーズのほうはこれでよろしい…ですね?

皆さん、移動して、準備の整った方から、描きはじめてください。」



私は、誰がどの位置を占めるか、注意して観察した。

先ほどの若者は…

半ば寝そべった妻の正面、下半身よりで最も近い位置…

1mも離れていない…つまり、妻の開かされた性器を至近距離から観察できる場所というわけだ。

明らかに妻はこれに狼狽している。

しかし、近付きすぎ等と苦情を言えるか、ギリギリの微妙な距離でもあった。

結果…成り行きどうり、容認するしかなかった。



約15分後…妻にとってどれほど長い時間だったろう…まもなく休憩という時に、主催者が話し出した。

「まもなく休憩にはいりますが、モデルさん、微妙なポーズですので、できるだけそのままのポーズでいていただきたいのですが…あ、モデルさんにガウンをかけて差しあげて、早く…」

アシスタントの女性が、素早く、かつ、丁寧に、妻の体にガウンを被せてくれた。

体を…あからさまな性器を隠してもらえて、いくらか緊張が解けたのか、妻は少しだけ姿勢を崩した。



休憩。

何人かが席をはなれた。

妻を至近距離からかいていたあの若者も、トイレにでも行ったのか、席をたった。

私はずっと気になっていた。

アイツ、どんな絵を描いているのか。

描いている途中も、自分の絵をまわりに見られないよう注意を払っているように見える。

不自然なのだ。

何気ない風を装いながら若者の席に近付いた。

やはりスケッチブックは閉じられている。

開いて見るわけにはいかない。

私が若者の近くに移動すれば、描いているところを覗くことができりだろう。

幸い、席を移動しようとしている人が2人ほどいる。

1枚目を書き上げて、別のアングルを探しているのだろう。

私もそんな一人を装い、移動することにした。

若者の斜め後ろ、最後列に少しだけスペースがあるのを見て、そこに移った。

そこからなら、立ち上がれば、若者の絵を覗くこともできそうだ。

妻は、私が移動したのに気付いたようだったが、表情には何も現さなかった。



休憩時間がすぎて、再び妻の裸体があらわにされた。

私の斜め前に座った若者は、スケッチブックを膝に乗せると描きかけのぺージを開いた。

そこに描かれているものを見て、私は目を見張った。

なんとそれは、妻の性器だけを抜き出して描いたものだった。

細密画とでもいうのか…しかしその絵は稚拙で、芸術などとは程遠いものだ。

生で女の裸を見たいためだけにここにきた…潜り込んだ…としか思えなかった。

今も、描くことよりも、目の前の女の裸を、性器を、自分の目に、脳に焼き付けることのみに専念しているのだ。

妻をこんな男に見せねばならないとは…

この男は、おそらく家に帰ってからも、妻の姿態を、乳を、秘部を思いだし、脳裏に描きながら、オナニーに耽るに違いない。

美しい妻を思いのままに辱め、自由に弄び、犯し、最後には妻の子宮に己の精子を浴びせることを妄想するのだ。



私は、憤りに震えるとともに、目の前で裸で横たわる妻に、激しい欲望を感じた。

今夜、どのようにして妻を責めようか、その体が私だけのものであることを思い知らせようか、考え続けた。









出典:オリジナル

リンク:オリジナル


告白体験談関連タグ

|||||||

【彼女・彼氏】妻はヌードモデル 2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月21日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ