相互リンク先の更新情報!

【初体験】俺は叔母との初体験がやっぱり忘れられないね。 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


555名前:なまえを挿れて。:02/07/0313:02ID:1sOKfaO9

俺は叔母との初体験がやっぱり忘れられないね。



叔母は母の弟の嫁で、漏れとは血のつながり無し。小三の時に初めて見た時から「綺麗な人だな」ってマセて

思ったものだった。  子供心にも「一緒に風呂入るのかな・・」とドキドキしたんだけど、それは実現しな

かった・・。 で、中学時代からオナニーするようになったんだけど、同級生よりも、叔母のまだ見ぬムチっと

した裸身を想像してよくシコシコしてたくらいだよ。 それくらい魅力的だった。  

高一の正月に遊びに行った時、トイレしに洗面所に行くと洗濯篭に叔母のパンティがあり、こっそり拾い上げて臭いを

嗅ぎ妙に興奮してしまった。 叔母のアソコの匂いを思いがけず味わえて調子に乗ってしまい、夜などは遂に、2階の

部屋に身を潜めて、そこから斜め下にある洗面所に現れる風呂上がりの叔母の裸身を覗こうとしちまった。 

でも、惜しくも見れなかった。 それでも偶然を装って近くに行き目にした、風呂上がりの叔母のネグリジェ姿と、

赤くほてった顔、ほのかに発散する甘〜い匂いに、爆発寸前になってしまった・・。 

それ以来「なんとかしてやりたい」って強く思うようになった。 まさに青春の淡き想いが叔母にこめられてたよ。



高二の夏休みに(今思うとやりたい目的でだね)遊びに行った。 さらに色気を増してきた叔母が、Tシャツ1枚の姿




でずっといるわけで、、、漏れの目はもうそこに吸い寄せられっぱなし。 ツンと上を向いた形の良いおっぱいが、

はっきりとふくらみでその「おわん形」を表してるのよ。 真っ白い生足をもさらけ出して・・。 ああっ、、て感じ。







556名前:なまえを挿れて。:02/07/0313:10ID:1sOKfaO9

続き



俺は叔母を自由にもてあそべるなら、どんな事だってする!と思えたくらい。  叔父が出勤してって、娘(幼稚園)が

スイミングに行った後、二人っきりになり、もう我慢できなくなって、、、正直に言ったよ。 「教えて欲しい!」って。

叔母は戸惑ってたけど、、、抱きついてキスしちゃったんだ。 「あはっ」と喘ぐ声。 甘い香りが一杯に入ってきたのを

覚えている。 どっちがシャツを脱がせたかは興奮して忘れてしまったけど、そのままソファーのとこで叔母のブラを外し

たのは鮮明に覚えている。 真っ白いおっぱいが目に飛び込んできた時、「あっ」と自分でも声を上げてしまった。

いったい何度想像し、どれだけ「見たい」と思っていたものだったか。 夢中で揉んで舐めまくった。 乳首もいい形。

叔母はいつの間にか白いパンティ1枚のしどけない姿になっていたが、漏れは両脇に手を掛け、スルッとそのまま下にずり下げた。

叔母が腰を浮かせてくれてたのだが、その瞬間、下腹部の毛が解き放たれ、ざわめくように盛り上がった。

初めて見る性器の形にビックリした。 チーズ腐ったような匂い。 舐めながら心臓はバクバク波打っていた。 

叔母がそこでコンド君を取りに行った。 向こうからセクス認めてくれたんだ? と、この時せこく思ったりした。

隣の部屋の寝室に移行して、叔母がリードしてくれた。 漏れの腰が自然に動く動く、一発目早々と出してしまった。

なんだ、この気持ち良さはーー!!って感じ。 2発目は長かった。 叔母が「あっ、あっ、あんっ、あはっ!、あ〜〜っ!」

「あっ、あ〜〜、いいっ」って切ない声をあげながら感じてるようだった。 伯母がこんなにも悩ましい表情をして喘いでいる。

俺はまさしく人生最大の至福の時を味わってると思った。  1時間もやっただろうか、燃え尽き果てた。

後から知ったが、叔母も俺に気があったそうだ。 それから2年間で叔母とは4回程秘かにエッチをしたんだが、叔母夫婦が遠くに

転勤になり、もう会ってない。   またやりたいって思う夜が今もたびたびあるね・・ 





558名前:555:02/07/0313:40ID:VqPk9sij

書き忘れたが、当時俺が17で叔母が確か36だった。 若く見えて30代って感じはしなかったなぁ、

というよりも、そういうのを越えて美しかった。 女優の真野響子に似てたね。 もう12年前の事だ・・  



出典:忘れられないSEX 第2夜

リンク:


告白体験談関連タグ

||||

【初体験】俺は叔母との初体験がやっぱり忘れられないね。 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月23日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ