相互リンク先の更新情報!

【初体験】隣の幼馴染2 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


ミキが一緒にお風呂に入る??



僕「何いってんだよ。ちょっと待てよ。」



ミキ「だって怖いから・・・」



突然びっくりした。僕は中3で・・童貞で。ひとりHも実はまだ。。

でも、女の子の体には興味があるけど。





ミキ「あ。大丈夫、私、下着つけてはいるから。」

僕「え、そっか大丈夫か。….]

ミキ「しゅんも下着はいてよ」

僕「おお、おう」






ということで、ミキと風呂に一緒に入ることになった。



まず先に僕が入った。

トランクスをはいたまま風呂に入るのは、とても違和感があったけど、それより、あそこが大変だった。

何とかミキにばれないようにしないと。



ミキ「はいるよーー。」



震える声でミキはそう言って風呂場のドアをあけた。

ミキはバスタオルを巻いて風呂に入ってきた。

ミキの体は小さいため、バスタをるを巻いてしまえば、ほとんど体が隠れ、足のひざまでタオルは隠れていた。



だけど、中3の僕にはこのシュチュエーションはものすごく興奮し、幼馴染の同級生と風呂に入るなんて・・・・・



ミキは僕と目線をあわさず、



ミキ「あんま、こっち見ないでよ」

と恥ずかしそうに言った。



僕「ああ・・」



そうはいわれても、やっぱ興味があって、ばれないようにみた。





ミキは、学校の男子から、ちっこくてカワイイと、とても人気があった。風のうわさでは、何人かには告白されているらしいが、ミキ本にはまだ早いと理由で断り続けていたらしい。



僕は、昔から一緒に育ったので、意識したことはなく、なんとも思っていなかった。

だけど、今この瞬間は意識せずにはいられなかった。



ミキは髪の毛を後ろに束ねて、首のうなじが見えていた。首筋がとてもきれいで、今までのミキと別人のような存在にみえた。

ミキの肩からは、青色のブラの紐が見えていた。

胸の辺りに目をやると、小さいからだから、不自然に少し出っ張ったおっぱいが包まれていた。



タオルが取れないように力いっぱい体に巻きつけたのであろう。そのせいで、胸が寄せられ、谷間ができていた。





ミキは体にシャワーを浴び終え、俺のほうをちらりと見て、



ミキ「はいっていい?」

僕「おう」



ミキはゆっくり足を入れ始めた。





出典:

リンク:


告白体験談関連タグ

||

【初体験】隣の幼馴染2 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月23日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ