相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】性処理奴隷 その1【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


3年前の春。

いつもと変わらぬ毎日を過ごしていた。

朝の通勤の時、変な格好でかばんを持っている、お兄ちゃんが居た。

何してるんだって思って覗き込みと、うちの会社の今年の新人さんだ。

声をかけるにには少し距離があり、何か気になり、じっと見ていた。

どうも、なんかおかしい。

会社近くの駅に到着し、彼に話しかけた。

何におびえているのか、”ぎゃ”って。

どうした?何してたんだって聞くが。。

何もと、つっけんどんな答え。

彼の鞄を手で掴み引っ張った。なんかずっしってくる重さ。

鞄に目を落とすと、鞄の横に穴が空いている。

なんだ、これは?

彼は慌てて、鞄を取り返した、逃げるように会社に向かい始めた。

改札を出たところで、やっと彼に追いついた。




彼の肩を掴み、コーヒーショップへ引きずりこんで。

鞄を出せと、威嚇して鞄を渡させた。

鞄を開けると、中には、小型のビデオカメラがテープで固定されたいた。

ひょっとして盗撮してたのか?

しばらく黙って、すみませんって

すみませんって言われても、会社には連絡しなくちゃなって言うと。

自分の手を掴み、小声だが、お願いで黙っていてください、お願いです、なんでもしますからと。

会社の時間もあるので、今はこれくらいで、会社帰りに、話しをしようってことになり、会社へ向かった。

会社が終わり、彼を連れて、個室のある居酒屋へ。

個室に入り、数品と酎ハイを注文。

なんで、こんなことしてるんだ?とか

今までもやっていたのか?とか

こんなことしてると、おしまいだぞ、とか

説教めいたことを話しをしていた。

最後は、もう2度するなよ、今回は目をつむっておくって事で終わった。

この件で、この若造も友達になった感じで、時々帰りに飲みに行くようになった。

2週間くらいした頃に、飲みに行った帰りに、ピンサロでも行くか〜って話しをしたら。

彼は真剣な顔付きになった。

(こういう遊びはしないのか?って思ったが)

先輩、先日黙ってくれたお礼に、男の自分で良ければフェラしますよって。

そんな経験もなく、なんか複雑な気持ちだった。

しかし、セフレとも、1カ月くらい都合が合わず、逢っていない状況。

そんなの経験ないし、なんか恥ずかしいな〜でも興味が無いことはないなって笑った。

ならってことで、彼が出ましょうとレジに向かった。

期待と不安半分半分で彼について行った。

駅ビルの中のトイレに入って、個室にふたりで入りドアを締めた。

彼は直ぐにしゃがみ込み、チャックを下げ、もぞもぞとして、自分の1物を引きづりだし、手でしごき始めた。

勃起してたら、今度は口にふくみファラを始めた。

複雑な気持ちで、彼の顔を眺めていた。

唾液でジュボジュボっと音初めていた、10分くらいしたころか、逝きそうな感じに、早く逝ってしまおうって感じで、上を見上げ、フェラされているのに集中した。

逝きそうになったので、彼の肩を叩き、逝くぞって言うが、彼は構わず続けていた。

あえなく彼の口の中に放出。

放出した後も、しばらく、全て吸い尽くすがごとく、しゃぶっていた。

ゆっくり口を離すとすぐにゴクっと飲み込んだ。

なんて言ってようか判らず、ありがとうと言った。

そのまま駅に行き、電車に乗り帰宅。

続く


告白体験談関連タグ

|||||||||

【フェラチオ】性処理奴隷 その1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月23日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ