相互リンク先の更新情報!

【小中学生】ブラザーコンプレックス 1【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


中1の夏の出来事何だけど、

絶対に後悔は、

していない。



俺には、小学5年 の妹、美希がいる

美希は、とにかく俺から、離れない下校時も、校門で俺を出待ちする。彼女が、出来たらデートにも、

ついて来る始末、

母子家庭で、

美希が小さな頃に父は他界したから

俺が父親代わり、見たいな感じも、手伝ってか、

愛情がハンパない

二段ベッドの

上から覗き込んで俺が寝るまで、

話し掛けてくるし

風呂も一緒に入りたがる。




風呂しか

オナタイムが無いからダメって

言ってるけどさ。

母さんは、看護師で、夜勤の日に、風呂で、シコシコやってたら、

お兄ちゃぁん

何だよ

(良いところなのに)

カラカラカラとドアが

開き粉まみれの、妹の姿が、

俺の好きな、

ホットケーキを

作ろうとしたが、失敗したらしい。

仕方なく風呂に

招き入れて、

髪の毛と、身体中を洗ったが、

あれっ久々に、

美希の身体を見たが、腰も締まって、胸も、尻も、

太ももも、なかなかどうして、

良い感じだ。

一緒に湯船に、

浸かり、湯越しに見える、無毛の、筋マンに興奮した

抱きつかれる度に勃起チンコが、

美希の身体に、

擦れて、我慢の限界に、

サッさと勃起チンコをタオルで、

隠して、風呂場を出た。

就寝時も、興奮とオナニー不発も

手伝い、

悶々としたが、

美希は、なかなか寝ないから、

美希の声を、

聞きながら、

オナニー開始した

すると、美希が

ベッドを降りだした。トイレかな?

えっパンツに

Tシャツかよ

すると、

嫌、俺の布団に

潜り込んで来た。慌てて、

ガラばんを上げて平静を、装った。

美希、もう寝な。うん。

って言ったら。

俺に抱きつき、

スヤスヤ状態だ。

しかし、美希の太ももの、温もりと、質感が、

最高に気持ち良い

わざと肘を動かし胸に触れた。

やっ柔らかい

もう、理性は、

ぶっ飛び、

美希の柔らかい、張りのある太ももに、チンコを擦りつけて、太ももにたっぷり射精した

それからは、

風呂も寝る時も、美希の望むままにした。

つづき。


告白体験談関連タグ

||||||||

【小中学生】ブラザーコンプレックス 1【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月23日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ