相互リンク先の更新情報!

【フェラチオ】性処理奴隷 その3【告白体験談】

カテゴリー:フェラチオ告白体験談
tag:


風呂を出て、一服して。

さあ、一発やるかって感じで、彼女をベッドに寝かせ。

両足掴んで、クンニ。

彼は、自分の穴を舐めていた。

なんだか凄く気持ちいい。

本気汁がしたたってしまった。

彼は、自分の股の下にもぐり込み、フェラを始めた。

攻守交代で、彼女にファラしてもらい、彼女を彼がクンニ。

彼女はスグに、入れてってお願いしてきた。

じゃあってことで彼女をひっくり返し正常位。

体位を変えながら、ズコンズコン。

彼がオナニーしていいですか?って

彼女なんか大笑い。

いいよって言ってあげた。

彼女は数度逝ったころ、自分も放出。




ぐったりして、抜き立ち上がると、彼がゴムを外して、綺麗にしてくれた。

彼は、彼女に、舐めますよって。

舐めちゃえって、はやし立て。

彼のクンニを眺めていた。

彼女が、もういいって、ことで終了。

少し休憩。

おしっこしたくなって、トイレに行こうとしたら。

彼は、僕を便器に使ってくださいって。

部屋でするのもなんなんで。

風呂場に連れて行き、正座させて放尿。

彼女も興味本位で、風呂場の入り口から覗いていた。

口に溜まって、あふれ彼の体は小便まみれ。

でも、時々喉が上下し、飲んでいるようだ。

シャワーを掛けて部屋へ。

彼にままでどんな経験したのか、彼にしゃべらせた。

なんか、高校の時から先般、後輩の性処理を手伝っていたそうだ。

もちろん、アナルも使えるし、入れてくれたらうれしいってこと。

彼が逝っていないのに気が付き。

彼女に彼にもエッチさせてやれよって言ったが。

彼も、それは。。。

彼女も、、う〜ん。

彼は、オナしていいですか?

見られてしたいんですけど。

いいよ、やってみなっていうと。

地べたに座り、胡座をかいて、自分でしごき始めた。

彼の姿をみながら、彼女といちゃいちゃしながら、オナの話しをしてた。

彼が、ああって手で飛び散るのを防ぐように、手で覆い、放出したようだった。

立ち上がり、風呂に向かった。

もう一戦彼女と交えることに。

放出はしなかったが、彼女は満足したようで、本日は終了。

その後は、彼女との時は彼もよく呼んだ。

続く


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||

【フェラチオ】性処理奴隷 その3【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月23日 | 告白体験談カテゴリー:フェラチオ告白体験談

このページの先頭へ