相互リンク先の更新情報!

【小中学生】祖母は後妻で、母と9才しか違わない【告白体験談】

カテゴリー:小中学生との告白体験談
tag:


母は祖母の実の娘ではなく、  

祖母は後妻だった。  

母と9才しか違わない。  

祖父は早く他界し、祖母は一人で暮らしてた。 

祖母は健康のため、よく歩いてたらしい。 

祖母の家はいつも奇麗に整理され、香が焚かれてた。 

幼い頃から、母とよく祖母の家に遊びに行った。 

そして、母と祖母と3人で風呂にはいってた。 

祖母はいつも素手で、 

おれの体中をていねいに洗ってくれた。 

 

その日も祖母の家に遊びに行って、 

3人で風呂にはいった。 

祖母はおれに背中を向けて、 

無言で、ベージュの下着を脱いだ。 




子供を生んでいない祖母は、白い健康的な肌で、 

腰やお尻や太ももまで、若く引き締まってた。 

おれは祖母の正面にすわって、  

祖母の足の指を一本づつ洗いながら、  

無意識に濃い陰毛やピンクの女陰を、じっと見てた。 

祖母は、両膝を少し拡げた。 

おれはいつも、祖母で勃起した。 

おれは無言で立ち上がって、 

いつものように、湯船のふちにつかまって、   

いつものように、両足を開いた。 

いつものように背中、臀部や股間、勃起した男性器を、 

祖母は無言で、丁寧に素手で洗った。 

祖母が、ごくんと唾を飲み込むのが聞こえた。 

祖母はその日、いつもより長く洗い続けてた。 

‥‥おれは‥‥射精した。 

祖母は、手桶で湯を汲んで、無言でおれを洗い流した。 

そして自分の股間も丁寧に洗い流してた。 

祖母の目が、潤んでいた。 

祖母の健康な女性器は、おそらく濡れていたのだ。 

母は湯船のむこう側にすわってたが、 

「あついわね。先に上がるわ」  

といって出ていった。 

母の陰毛の先から、お湯がしたたっていたが、 

そのお湯も、糸を引いていた。 

それは、おれが中学1年の時のことで、 

祖母はその一年後、急に他界した。


告白体験談関連タグ

||||

【小中学生】祖母は後妻で、母と9才しか違わない【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月24日 | 告白体験談カテゴリー:小中学生との告白体験談

このページの先頭へ