相互リンク先の更新情報!

【初体験】ごっくん初体験 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


昨夜、自分のザーメンをゴックンしてやろうと決心した。

ここ最近、ぶっかけ系のAVばかりを見ていたせいだろうか。

女の人は精子を飲む時どんな感じなのだろう?と再現したくて仕方なかった。



家族が寝静まった後、風呂に入る。

早速、洗い場でオナニー用の妄想しながらチンポをしごく。

良い感じになってきた。



ある程度、絶頂へ近づいたら浴室で寝そべる。

そして腰の方から下半身を浮かせ、足を頭の方へ倒した。

マングリ返しの形というのだろうか。



顔の上にチンポを持ってきて、勢い良くしごく。

口を大きく開けてフィニッシュ!!






「ウッ!」



大量のザーメンが口の中に降り注ぐ。



そして同時に我に返る。自分の情けなさに呆れる。

そして同時に風呂場の扉が開く。

「おかえりな・・・。」思いっきり妻と目が合う。

それと同時に扉が閉まった。



これ以上ないタイミングで顔射シーンを妻には見られた・・・。

肛門を妻に向けながら、口にザーメンを流し込んでいる姿を・・・。



かなり動揺しながらも急いで起き上がり、口をシャワーで濯ぐ。

「気持ち悪い・・・。」



そんな事より妻に合わせる顔がない・・・。どうしよ・・・。



いつもより長めに風呂に入り、仕方なく出ると妻は寝ていた。

俺はほとんど寝れなかった。



今朝、起きると妻はいつもの様に「おはよう。」と挨拶。

何もなかったかのような表情。昨晩の事は何も言わない。

俺も挨拶し、今日は少し早めに家を出た。



このまま時間が過ぎていく事を祈りながら現在仕事中。



”昨日の事は俺も忘れよう!”と思っていた最中、

たった今、妻からメールがきました。





「今日早く帰れる?話あるんだけど。」



















出典:油断は禁物 〜見られたイチモツ〜

リンク:ー


告白体験談関連タグ

|||||||

【初体験】ごっくん初体験 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月25日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ