相互リンク先の更新情報!

【友達】私の秘密【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


秘密の体験Ⅰ

自分は露出狂かもしれない、と思う時もあるし、そうじゃないと思う時もあります。でも、本当にこっそりと自分の裸を覗かれる事には、正直言って他では感じられない気持ち良さを覚えます。

ただし、それには条件があって、彼氏に覗かれるといったある程度お互い裸を見る事を暗に了解しあった相手に見られる事では、それ程の気持ち良さは感じられません。

お互いに暗黙の了解なんか全然無くて、私は覗かれている事を知っているのに相手は覗いている事を私に知られていない、と信じきっている覗きに限って、私は深い快感を得る事が出来るのです。

普段の私は、夏でも他の女の人の様な露出度の高い服はほとんど着ませんし、ミニスカートさえも履いた事がありません。

むしろ、街中で自分の肌や身体の線を見せびらかす事には抵抗を感じます。

そういう意味では、私は露出狂ではないと思います。

ただ、その反面、私は露出度の低い、ガードの固い服を着ながらも、下には何も下着を着けていない、といったシチュエーションが大好きなのです。

本当に心が昂ぶっている時などは、パンティーもブラジャーも着けず、おとなしいデザインのワンピースを一枚だけ素肌の上に着て出かける事が良くあります。その時の私は、街ですれ違う人に「見て、見て、私のオッパイやお尻、オ○○コを見て」と心の中で言いながら、街を歩いたり、電車に乗ったりしています。そうしてるうちに、ワンピース一枚の下は何も着けていない私の身体は熱くなり、いやらしい雫が太股の内側をつたう事さえあります。つまり、私は見せない様にしながら見られるのが好き、というちょっと変わった露出狂?なのです。

私が、自分の中にそんなひねくれた願望を持っている事に気づいたのは21歳の時でした。

その頃の私は短大を卒業して、今の会社で働いており、ワンルームマンションに一人暮らしをしてました。部屋は3階で隣の部屋には大学生の男の子が一人で住んでいたのです。

恥ずかしい話ですが、私はお風呂から上がると、暫く何も着ないでドレッサーの鏡に自分のヌードを眺めたりするのが好きで、一人暮らしの気軽さから、いつもお風呂上がりには自分のヌードを鏡に映して、自分の身体を観察しています。とはいっても、うっとりする訳では無いので、ナルシストではないと思います。今考えると、たぶん、自分一人で覗く側と覗かれる側の一人二役を演じて楽しんでいたのではないかと思います。事実、鏡に映る自分のオッパイやお尻、アンダーヘアーを見ていると、時々むずがゆい様な感覚を覚え、それをきっかけにオナニーをしてしまう事もよくありました。

ある日、私はいつもの様にお風呂上がりに裸のまま、ドレッサーの前に立っていると、自分のヌードを写している鏡の奥に、ふと人の視線を感じたのです。気のせいかとも思いましたが、私の鏡の端にベランダのガラス戸の一部が写っていたので、もしかしたらという思いも否定しきれませんでした。

勿論、ガラス戸も閉めてあり、カーテンも引いてあったのですが、カーテンの端のところにほんの少しだけ隙間ができていたのです。その隙間から誰かの目が覗いている様な気がしてならなかったのです。

その時、私が感じた事は、恐怖や嫌悪感、それにそこから覗いているかもしれない視線に対する非難や軽蔑とはまったく違う感覚でした。誰かが覗いているかもしれない、と思ったとたん、それが事実かどうかも分からないのに、私はなんとも言いようのない甘い緊張と陶酔を感じ、なにか身体の内と外から熱い、痺れる様な感覚に身体を包まれたのです。




視線で犯されている、という感じもありましたし、私自身の裸の身体が覗いている見知らぬ男の欲望をかき立てている、という思いもありました。どちらかというと、後の方の思いの方が強く、その思いによって、私自身の欲望も、ひとりでに湧き上ってくる様な感覚でした。

それは、私自身、想像もつかない怪しい興奮でした。今まで感じた事の無い様な淫らな感覚が湧き上ってきた様に思います。普通ならば、急いで明かりを消すなり、何かを纏って身体を隠し、カーテンを閉め直したりする筈なのに、私はそれどころか何も気付かない振りをして、ベッドに行き、オナニーをはじめたのです。

ここまで読んで、あなたはどう感じましたか?

もう少し続きを読んでみる                        信じられない!



私には関係の無い世界!ある女性からの告白2秘密の体験Ⅱ

秘密の体験Ⅱ



乳房を揉み、脇腹や腰や内股を撫でまわしている時も、私はそれとなく、ベランダの窓のカーテンの隙間に注意を向け、そこにひそんでいる覗いているであろう男の姿を想像していました。

見られていると思うと、私はますます気持ちが高まって、いつもならそんな事はしないのに、大きく足を開き、高々と腰を上げたり、指でクリトリスをこすったりするだけでなく、割れ目を両手で大きく開いたり、膣の中に指を入れたりという、過激な事もやってしまいました。

そして、その夜のオナニーで感じたオルガスムスは、それまでのものとは比べようのないほど強烈で、終わった後は身体を動かす事も出来ないでいました。

本当に誰かが覗いていたのか?、という事が気になりだしたのは、すっかりオナニーの余韻が消えてしまってからでした。私はパジャマを着て、カーテンをそのままにして、そっとガラス戸だけを開けてベランダに出てみました。

カーテンの隙間から中を覗いてみると、ドレッサーもベッドもそこからよく見える事が分かりました。

隣のベランダとは、仕切りのボードをはめてあるだけで、ベランダそのものは繋がっています。手すりを伝ってこちらに移ってくる事は簡単に出来そうですし、もし、覗き趣味の男の仕業だとすれば、それくらいの冒険はなんとも無い事でしょう。

そんな事から、私はほんとうに覗かれてたのだとすれば、隣に住む大学生の男の子に違いないと思いました。反対の部屋には若い姉妹が二人で住んでいたので、容疑は当然、大学生一人に向けられたのです。

次の日の夜、私はベランダにちょっとした細工をしました。カーテンの隙間が出来ていた場所のベランダの床に、少しだけパウダーを撒いておいたのです。もし、実際に覗きが現れたとすれば、このパウダーを踏まない訳にはいきません。そこに踏まれた後がついていれば、私がカーテンの隙間から感じた視線は、私の錯覚ではなく、現実にものだったと分かると考えたのです。

その夜私は、前日と同じようにカーテンの隙間を少しだけつくり、覗く事が出来るように準備をしました。そんな準備をしながら、私の心は期待でいっぱいで、恥ずかしいほど興奮していました。

身体の方も、前の晩のオナニーの絶頂感を思い出して、早くも熱くなり、下半身の奥でジーンとする様な疼きを感じていました。

夜がふけてからお風呂に入り、なぜかその日はいつも以上に念入りに身体の隅々まで洗い、磨き上げました。裸を覗き見られるかもしれないと思うといつも以上に念入りに身体を洗っている自分を、どうかしているのではないかと思いながらも、そうせずにはいられず、また、そうする事がとてもうれしく、愉しかったのです。

どうやら、私の見られたいという欲望は、一時の気まぐれではなく、私の本性の中にずっと潜んでいたもののようなのです。そうでなければ、普通、嫌悪感を覚える覗きのために、念入りに時間をかけて身体を洗い、そうする事に悦びを感じる筈はないのではないでしょうか?

お風呂から上がると、私はいつもの様に全裸でドレッサーの前に座り、全身に乳液を念入りにすり込みました。両足の付根や、オッパイに塗る時は、わざとエッチっぽい手つきまでしながら・・・

そんな事をしながら、私は鏡に映るベランダの窓を何気なく見たり、立ち上がって身体の後ろを写す振りをしながら窓のカーテンの隙間をチェックしていました。

さぁ、残すところ後1ページです。

あなたはどうしますか?

彼女の気持ちが分かる様な気がする!最後まで読んでみる!



やっぱり不快!帰る!ある女性からの告白3秘密の体験Ⅲ

秘密の体験Ⅲ

カーテンの隙間から覗く人の存在をはっきりと気付いたのは、乳液を塗り終えて、ドライヤーで髪を乾かしていた時でした。それに気付いたとたん、私は急に身体が熱くなり、心臓がドキドキし、下半身にも何か熱いものがこみ上げてくるようでした。

私は、用も無いのにあるふりをして部屋の中を裸のまま歩きまわり、鏡の前では自分の身体のあちこちを写すふりをしました。

その内、私はますます興奮してきて、あそこが熱く濡れてくるのがはっきりわかり、湧き出てきたお汁はヘアの根元から内股の方に流れ落ちてくるのがはっきりとわかりました。そうなるともう、何も考えれなくなって、私は、ベッドに移ってオナニーをはじめたのです。

その夜は、前の晩よりも大胆になって、ワンワンスタイルでベランダにお尻を向けたまま、クリトリスを触ったり、指を入れたり、オッパイを強く揉んだりしました。そうしながらも私は、カーテンの隙間から覗いている視線を感じ、それがもう一つの強い刺激となって、大きな声を出しながらイッてしまいました。

オナニーの余韻が去ってから、私はパジャマを着て、ベランダに出ました。そこに撒いてあったパウダーには、はっきりと誰かが踏みつけた後があり、私が感じてた視線はやっぱり気のせいではなく、ほぼ間違いなく隣の男の子が覗いていたという事がわかりました。その事実を確認するとまた、身体の中から熱いものがこみ上げてくる感じを覚え、ベランダでありながらオナニーをはじめたい衝動にかられ、かろうじて思いとどまりました。

隣の大学生は、人なつっこくて何回か廊下で顔を合わせたときも、覗きをする様な人とは思えないさわやかな笑顔で挨拶をしてきます。それは、私が、覗かれている事を知った後も変わりませんでした。

彼は、私に覗きの事実を知られているとは思いもせず、いつもどおりの挨拶をしてきますが、私は彼が私のオナニーしているところを覗いている姿や、私のオナニーをしている姿を思い起こしながら、自分で慰めている姿を想像し、彼の顔を見るたびに身体が熱くなり、それ以降の私のオナニーには必ず、彼の顔が浮かんでくるようになりました。

そして、その関係は彼が大学を卒業し、田舎に帰るまで続きました。

その間に私は、自分のいやらしい姿を見られる快感を覚えてしまい、ここではお話できないような恥ずかしいオナニーも彼に見せてあげました。

勿論、その間には普通のSEXもしましたが、彼に覗かれながらの快感には到底及びません。そして今も、何かのきっかけで、他人に覗かれる事を期待しながら、外から見れば一見おとなしい、でも、その下には下着を何も着けず、時にはあそこを濡らしながら、街の人込みや電車に乗って、さらには駅のトイレやデパートの更衣室ですべてを脱いで、スリルを楽しんでいます。

ここまで読んでしまったあなた!

あなたは既に告白にあった彼女と同じ願望を持っている事を、自らが認めてしまっているのです。

それは、自分で認識していない潜在的なものであったとしても、覆す事のできない事実なのです。

さぁ、彼女の告白を読んで感じた正直な感想を私に話してご覧なさい!

あなたの秘められた願望を正直に告白してご覧なさい!

何も恥ずかしがる事はありません!

このページを読んだすべての女性があなたと同じ願望を持っているのですから!


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【友達】私の秘密【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月25日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ