相互リンク先の更新情報!

【友達】たま2【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


たま14歳中学生

98年10月 3日T君のこと(2)

こんばんわ またまた 投稿します

最近 T君と 話をしたり じゃれたり

多くなってます

これが 意外なことに お勉強

できちゃうんです よく 教えてくれます

たぶん 学年でも トップクラスらしいんです

でも エッチで ちょっと 変な男の子です・・・

彼氏 彼女の 関係じゃないけど

それに 近いようなものですかね・・・

その T君が また へんてこぶりを

発揮してくれました

頼みがあるから 私の家か 彼の家で

話したいって 言うのです




私の家の方が 学校から近かったのと

家に 親とかが いないので 来てもらいました

家について 冷たいお茶を 出して

一息つきました

そして T君が 頼み事の 話を

初めて びっくり あ然・・・・

なんと わたしの あそこの毛が

欲しいって・・・・

わたし すぐに 言葉がでなかった・・・

そんな私を 無視して

ハサミとか 剃刀 それから

男の人のシェイバーを 並べていくのです

理由は 漫画だったか 小説だったかに

戦争中 お守りに 持っていったのを読んで

自分も 欲しくなって 私に 頼むって・・

それを聞いて 再び 目がテン・・・・・・

T君ったら いきなり 毛をくれっ なんて言うし

もう少し それとなく そういう風に

話を もっていけばいいのに・・・・

まあ・・ 回りくどくないのは

それはそれで いいけど・・・

わたしは もちろん 断りました

いくらなんでも・・ 恥ずかしい・・

でも T君は 絶対に 欲しいから

あきらめないって・・・

今にも 無理にでも って感じで

拝みながら 迫ってきます・・・

私は 無理矢理 されてしまうよりは

自分で したほうが 良さそうになってきたので

渋々ですが あげることに しました

いくら あげると言っても お守りに

されるのだから シャワーで 洗ってからに

してもらうことにしました

T君は さっきの 道具を見ても分かるように

1本だけでなく 全部 欲しいみたいなんです

だから 私は 別の部屋で 全部

剃っちゃう つもりでしたが

T君は 疑り深い・・・

T君の 目の前で 後ろを向いてていいから

して欲しいって 言うのです

そんなに 疑わなくても ちゃんと

あそこの毛 あげるのに・・・

そんなわけで 私は 仕方なく

お風呂で シャワーで きれいきれいしました

もし おしっこの 匂いでもしたら・・・

結構 念入りに・・・

だから・・・ ちょっと アンッ って なっちゃった・・

服を着て 部屋に戻ると どっから持ってきたのか

新聞紙が 何枚か ひいてあります

なっ なにもそこまでしなくても・・・・

やっぱり 変な子です・・・

T君は なるべく 毛は 根本で切って

残りを 剃刀か シェイバーで 剃るように 言います

わたしは ハサミを 受け取り 覗かないように言って

後ろを向いて スカートを まくります

パンティは はいてません

とりあえず ずれ落ちないよう

ウエストに 挟んで あそこの毛を チョキチョキ・・・

ハサミは なんと 買ってきたばかり・・・

たぶん 彼は このハサミは 大事に

しまっておくのかな・・・

そんなこと 考えながら 少しずつ

根本から 切っていきました

そして 全部 切り落とすと

T君は とりあえず それを かき集めて

大事そうに 袋に 入れていきます

私は それを見て すっごく 恥ずかしくなってきた・・

最後の 1本を 袋に入れると

剃刀か シェイバーか どっちにするか

聞いてきます

もちろん 剃刀なんて 使いません

うまく 剃れるわけないし・・・

T君は シェイバーを 渡してくれました

やっぱり これも 凝ってます・・・

テレビとかでやってる 深剃りのものです

これって 高いんだろうな・・・

こんな 使われ方 するなんて・・・

わたしは もしやと思い 聞いてみました

もしかして このためだけに これ買ったの? って・・・

もちろん 答えは YES

とりあえず それ以上は 話さずに

剃ることに しました

部屋には シェイバーの音と

毛が剃れる音が 響きます・・

ビィィィィィン・・・・ ジョリジョリ・・・・

あそこにも ひびきます・・・

だんだん 気持ちよくなってきます・・・

前に回られれば スカートをまくって

あそこを 丸だしで シェイバーで 毛を剃ってる

絶対 見られたくない 格好です

そういう 恥ずかしい感覚と シェイバーの振動で

だんだんに・・・・ 湿ってきます・・・

なんとか 洪水になる前に 剃り終わりました

T君も 私が感じてたのは 分かったみたいでした

シェイバーを 受け取ると 几帳面に

下にひいている 新聞紙を たたんでいきます

片付けが終わると 言いました

オナニーしたくなったでしょ?

今 すぐ ここで始めてもいいよ

見ててあげてもいいから・・・

なんて・・・・・

私も ホントは すぐにでも

始めたかったけど・・・・ 我慢我慢・・・・

T君も 目的は達成できて

満足したみたいで すぐに

玄関に向かって 行きました

私も モジモジしながら

ついて行きました

T君 最後の捨てゼリフ・・・・

見送りはいいから 入ってオナニーしなよっでした・・・

もちろん 私は すぐにしました・・・・

3回ほど しました・・・・・

おわり・・・・

たま 14歳 中学生

98年10月11日 T君のこと(3)

またまた こんにちわ

たまでーーす

今回は T君の前で オナニーしてしまいました

そのことを 報告します

あれから 数日 私は 柄にもなく

恥ずかしくて T君と 話ができませんでしたが

すぐに 今まで道理に 戻りました

ある時 一緒に サボろうといわれて

1時間 授業を サボりました

といっても 校舎から出ないで

屋上への入り口がある 階段で

お話ししました

はじめは 何でもない 話が

自然に エッチな方向に いきます

( 私と T君なら 当たり前かも・・・ )

そして T君は あそこの毛を 剃ってから

処理は どうしてるか 聞きます

思い出して 恥ずかしくなったけど

毎日 剃ってるって 正直に いいました

( 何となく 剃らなきゃって 思うので・・・ )

すると どうやって剃るのか 聞きます

正直に シェイバー買って といいました

すると 見たいって 言い出すのです

私は T君のこと 変な子だけど

嫌いじゃないし いつかは Hしてもいいかなって

気持ちがあったけど まだ しようとは思わなかったし

見せるのも 恥ずかしくて 断りました

すると T君は 数枚の写真を 出しました

それは あの日 毛を剃ってる私でした

そうです 隠し撮りしてたのです

ほんと マメというか・・・・

あそこは はっきりと写ってないけど

してることは 分かります

それでも 断ると じゃあ ここで

オナニーしてって いいました

私は 写真を 人に見せるといわれると

思ってました

写真を見られるのは 恥ずかしかったけど

持ってるT君も どうして 持ってるかということも

いわれるだろうと 思ってました

それでも 見せるのなら 仕方ないし

やれるものなら やってみろって 気持ちでした

だから あっさり T君が 要求を

変えたことが 以外だったので

こっちも 条件つけて ごまかせると

思いました

私は してもいいけど

自分だけじゃ 恥ずかしいから

私の見ながら T君もしてと いいました

ただし T君は 服を全部脱ぐことといいました

いくら何でも そこまでしないだろうと

思ってました

案の定 考え込みました

あきらめると 思った瞬間

いきなり 服を 全部脱いじゃったのです・・

やはり 恥ずかしいのか おちんちんは

手で 隠してました

T君は これで やってくれるよねって

いいました

わたしは T君を 甘く考えてたのです

大失敗でした

とりあえず ここまで・・・

続きは 今度・・

たま 16歳 高校生

99年9月27日

今日は 学校は休み・・・

ある用事があって 電車に乗りました。

ちょうど 通勤時間と 重なってしまったみたい・・・・

この時間 結構人がいる。

わたしは ドアのところに立っていました。

周りは OLさんや女子大生ぽい人がたくさんいた。

男の人も 結構いたけど

まあ・・・わたしが痴漢されることはないと思ってた・・・

ちょっと 露出は多い服と短いスカートだったけど

どう見たって・・・・ 中学生だもん・・・

はじめ それが 手だとは 分からなかった。

お尻に 時々 フアフア・・・ としてたけど・・・

でも とうとう スリスリ・・・と 触ってきて

気づきました。

わたしは ビクッ としたので 一瞬 手がはなれました。

移動しようと 思いましたが 身動きがとれなかったのです。

すると また 手が お尻に のびてきました。

お尻で 円を描くように触りはじめました。

そして お尻の割れ目に沿って 指でなぞってきました。

わたしは 怖くて 声も出せず うつむいてました。

ホントなら 「痴漢です!!」って 言えばいいけど

恥ずかしいのと 怖いので 言えませんでした。

でも どんな人か それとなく 見てみました。

それらしい人は よく 分からなかった・・・

すると その手は スカートの中に 入ってきた。

そして 同じように 触ってきます。

はじめは 怖くて ドキドキしてたけど

少しずつ・・・・

わたしは どんどん 恥ずかしい気持ちになっていきました。

それを この人に 気付かれないように

我慢してました。

そしたら 手は 前に回ってきました。

でも おかしいんです。

後ろから 触られてる感じじゃないような・・・

そして よく見ると 手は 前から・・・

二人目?って思ってたら 耳元で 「ずっと 僕だよ」って・・・

わたしは どうして分かったんだろうと 思いました。

そして 思い切って 顔を 見てみたら

その人は 20代後半のサラリーマンみたいな人・・・

かっこいいわけでもないけど 優しそうな人・・・

その人は スカートの上から

わたしの秘密の割れ目に沿って

指を 滑らしていきます。

ゆっくり・・ゆっくり・・・

そうしながら スカートは めくられて・・・

パンティの上から 指が わたしのあそこを

刺激していきます。

もう 少し 濡れかけていたわたしは

とっても 恥ずかしかった。

すこし 指に 力が入って 割れ目に

食い込むくらい 思わず 声が 出そうに・・・

そして 指はわたしの一番敏感な クリちゃんに・・・

クリちゃんを 指で一点攻撃され

わたしは 思わず 「ンンッ・・・」 って・・・

すこし 近くの女の人が 何かなって

こっち見たけど ばれなかったみたい・・・

男の人は 「直接 さわっていい?」って

聞いてきました。

わたしは ずっと うつむいてました。

恥ずかしいのと 感じちゃってたのと・・・

それに 逃げられないし どういったって

このまま 触られ続けると 思ってた。

すると 「イヤなら やめるよ」って・・

わたしは ハッとして 少し顔を あげました。

そこには あくまで 優しそうな顔・・・

その通り 手は ひかれていた。

「どう? やめようか・・・」

あくまで 優しそう・・・・・

わたしは 感じちゃってて ホントは

もっと 触って欲しかった・・・

今 やめて欲しくなかった・・・・

だから・・・・ 「ダメ・・・ もっと・・・」って・・・・

その人は にっこり笑って

「うれしいよ 気持ちいいの?」

わたしは うなずいた。

そして 手は パンティの中に 入ってきた。

もう 誰が見たって 濡れてる。

手は 大事なところを ゆっくりゆっくり 触ってる。

指が 偶然 クリちゃんに触れて

体が ビクッンって 反応しちゃった時は

二人とも びっくりした。

「ここが いいんだね・・・ かわいいよ・・・」

そう 耳元で 言われた。

そけから クリちゃんを グリグリ・・・

ゆっくりゆっくり・・・・ いじられた。

わたしは 体の力抜けてきて

その人に もたれ掛かるようにしてた。

わたしは この快感と声を抑えるため

ずっと 耐えてました。

次に 指が 誰も入ったことのない穴の入口に

近づいてきました。

「指 入るかな・・・・」

その人は 言います。

わたしは 答えられません。

今 口を開けば 出てくるのは あえぎ声くらい・・・

指は ゆっくり 入っていきました。

わたしは 自分でも ほとんど

入れたことはなく ドキドキしてました。

指は 生き物のように クネクネ 入ってきます。

とても ゆっくりです・・・ 少し 焦れったいくらい・・・

痛いかなと思ってたけど すっごく 気持ちイイ・・・

「指 入ってるよ・・・」

わたしは この言葉で すごく 恥ずかしくなった・・・

そのまま 指は 中で クネクネクネ・・・・

もう・・ ダメかと 思うくらいでした・・・

そのとき わたしの降りる駅が 近づいてきました。

わたしは 「次 降りるの・・・・」

これだけ 言うのが 精一杯でした。

その人は うなづいて 手をひいて

なにも なかったように わたしのスカートを なおしました。

わたしは その人と一緒に 寄りかかりながら

駅に 降りました。

しばらく 駅のベンチに座って 休みました。

その人は これから 時間ある?と聞きました。

わたしは 30分くらいならというと

お願いが あると言います。

今 わたしがはいている パンティが欲しいって・・・

わたしは 替えがないというと 10000円出して

これで 買ってきていいから といいます。

そして 一緒に 近くのコンビニで 買って

喫茶店に 入りました。

そして 別々にトイレに入って

わたしは 個室の中で 着替えて

外で待ってる 彼に 渡しました。

とってもとっても 恥ずかしかった。

だって 彼は そこで 広げて シミを見せるんだもん・・・

席に戻って ジュースを飲みながら

少し話をして 別れました。

あれから 彼に 会うことは ありません・・・・

今でも してるのかな・・・

優しかったし 怖い人でもなかったから

警察なんかに 捕まりませんように・・・



たま 16歳 高校生

99年9月27日 始まり・・

入学して 初めての夏休み・・・

中学生と違って 新しい気持ち・・・

補習で登校しました。

全員で 10人くらい います。

中学が一緒だった 洋樹くんも来てました。

彼は テニス部に入っていて

1年生ながら 期待されている。

うちの学校のテニス部は 全国区であるにもかかわらず・・・

補習のあと クラブ活動に張り切っていた。

補習3日目 彼は わたしに手紙を持ってきた。

2年生の先輩に頼まれたらしい。

彼は 「たまは もてますねーー」と おどけていた。

開けてみると 補習のあと サッカー部の部室の近くに来て欲しいとのこと・・・・

わたしは ちょっと 不安で どうしようかと思っていた。

洋樹君は その人は いい人だから 会ってあげてと言った。

わたしは 彼が言うのだからと 会いに行った。

しかし これが 悲劇の始まりだった。

わたしも そして 洋樹君も 騙されていたのでした。



補習が終わり 書いてあった通り サッカー部の部室に行った。

洋樹君は 心配だったのか 一緒に 来てくれた。

そこには ホント 普通の高校生の男の子がいた。

彼の名前は 大下さん と言った。

やっぱり お付き合いして欲しいとの言葉だった。

とりあえず お昼時だったので 3人で マクドナルドに・・・

少し 話をして 洋樹君は 部活に行った。

私たちは 話しながら 家に帰っていた。

いきなり 数人の人が出てきて

わたしは 両腕を掴まれ 口にハンカチを当てられた。

ドラマのように 拉致されたのです。

気がつくと ベットに 寝かされていた。

すぐに 衣服を見たけど 何も されていない。

とりあえず ホッとして まわりを見た。

どうも 普通の部屋らしいが 家具は一つ タオル類がはいっていた。

窓は 雨戸が閉まっている。雨戸は開かない・・・ シャッターだった。

ドアを開けてみると 意外に 開く・・・・

出てみると 廊下になっていて 一軒家みたいだった。

すべての 照明がついている。

すべての部屋に自由に出入りできた。

トイレも 洗面所も 水が出ている。

玄関と裏口は 外に カギが付いているのか

中から 開かなかった。

しばらく ドアを 叩いてみたけど

誰も来ないみたい。

あきらめて 台所に行ってみた。

冷蔵庫が 動いている。

開けると ジュースとビールが入っている。

のどが渇いたので 1本飲んだ。

なにか入ってそうで ちょっと 不安だったけど

何も 起こらなかった。

ふと気付いて 鞄の中に 携帯入ってたのを

思い出したけど 取られたみたいで なかった。

しばらくすると ドアが 開く音がした。

入ってきたのは スポーツバックを持った男の子だった。

外には 何人かいるらしかった。

その人は バックから ナイフを取り出し

わたしの携帯を差し出しながら

「家に電話しろ! 友達のところに泊まると言え!」

わたしは 素直に 従うしかなかった。

ちょうど 親は出かけていて 留守電に入れた。

彼は すぐに わたしから携帯を取り上げ

外の仲間に 渡していた。

ドアが閉まると 外でカギをかける音がしていた。

彼は 森下と名乗った。

このまま この家の中に 私たち二人きりだと言った。

まわりに 人はいない

ここからは 中からは出られない

食事は 3回差し入れがある

次の日の夕方 彼らは 交代する

と 絶望的なことを言った。

続く・・・   (これはフィクションです)



たま 16歳 高校生

99年10月2日 2日目

お弁当を 食べて しばらくは

のんびりしてました。

何となく 恐れてたみたいな

ひどいことを されるわけでないので

安心してました。

お昼前に 彼は 一緒に 風呂に入ろうと言いました。

わたしは ちょっと いやでしたが

どうすることも できません。

入らない 訳にもいかないし・・・

自由に入れますが 入っていれば

絶対に 何かされるのですから・・・

彼は 準備をしにいきました。

浴室に入ると 海水浴に持っていくような

ビニールのマットのようなものがありました。

入ると 彼は いすに座っていて

洗ってくれと言いました。

とりあえず 背中を流しました。

すると 前も頼むよって・・・・

彼のあそこは 大きくなっています。

それを 見ないように 体を流していきました。

上半身を 洗い流し 足も洗い 終わりですと言いました。

彼は 「大事なところが まだだぞ!」 と言います。

やはり あれも 洗う羽目になりました。

タオルに 石鹸をつけ なでるように 洗いました。

もちろん 直接 触るようなことは できませんでした。

すると 「手で洗わなきゃ ダメだよ」 と言います。

わたしは 逆らえず 手で 洗いました。

擦るように ゴシゴシ・・・

「袋も よろしく・・・」

はじめて 触りました。

とても 気持ち悪かったです・・・

だって・・ なかで・・・・ ゴリゴリって・・・・

すると 彼は さっきの マットの上に

うつぶせになりました。

「今度は おまえの身体 使って 洗ってくれ」 と言いました。

彼の背中に ボディソープをかけて 手で 広げました。

そして 彼の上になって 身体を 擦るように 動かしました。

「もっと 身体を 押しつけて 洗えよっ」 と言います。

恥ずかしかったですが 押しつけました。

彼は いいじゃないか と満足そうでした。

「乳首が とっても いいぞっ」 って 言われ

思わず 離れてしまいました。

すると 彼は仰向けになってしまいました。

「じゃぁ 今度は こっちだ・・」

彼のあれは ずっと 上を向いたままです。

同じように ボディソープを かけて広げましたが

今度は 少し 抵抗がありました。

だって・・ あれが・・・

「はやくしろっ!」と言われ しました。

「ほら 乳首が擦れてるぞっ」とか

「ちんちんが 当たって いいだろっ」とか

いろいろな 言葉を 言われました。

「今度は こっちに 尻むけて しろっ」 と言いました。

こんどは 彼のあれも 顔に近くに・・・

見ないように 身体を 擦りました。

しかし 彼は 今度は言葉を 浴びせませんでした。

そうです。 わたしは 忘れていたのです。

この体勢は 彼に 丸見えなのです。

彼は ずっと 見入っていたのです。

わたしは 手で 隠しました。

彼は 「ほう・・ この体勢で オナってくれるのか・・・」

と 言いました。

わたしは 「しませんっ」としか 言えませんでした。

彼は 笑っていました。

今度は 少し高いところに座って

「そろそろ 舐めてもらうかな・・・」

と言いました。

知ってはいましたが したことも 見たこともないのです。

どうしたらいいのか 分かりません。

とにかく 口を近づけて 舐めました。

少しずつ・・

時々・・ ビクッて 動くたび わたしは・・・

「そろそろ 口の中で してくれ」 と言います。

わたしは 思い切って くわえました。

吸うようにして 頭を 動かします。

彼も このぎこちない 動作でも 気持ちいいらしく

時々 ウッ・・とか 言います。

彼の言うように 手で擦りながら

彼の あれを 舐めて くわえました。

長い時間 させられたようで

口が おかしい感じがしました。

実際は 数分だったのに・・・・

彼は 少しずつ 気持ちよくなったのか

ウッ・・・ウッ・・・ 言いながら

もっと 早く・・・もっと・・・ と言いました。

言われるまま 早く 動かしました。

突然 頭を押さえつけられ

口の中に 出されました。

わたしは ちょっと むせましたが

早く 吐き出したかったのです。

しかし 許されませんでした。

押さえつけられた ままなのです。

結局 飲み込みました。

何とも言えない 味です。

二度と イヤだと 思いました。

彼は きれいに舐めて くれよといって

あれを 突き出します。

わたしは 舐めました。

なぜなのか 分からなかったけど・・・

気が付くと ベットで 寝ていました。

服は ちゃんと 着ていました。

彼が 起こしてくれたらしいんです。

そろそろ 交代だからと・・・

最後に 少し 話をしたのですが

覚えていません。 ただ

「ホントは 悪いと思ってる。

できれば 普通に出会って したかった」と・・・・

ホントの気持ちだったのでしょうか・・・

確かに 無茶なことは されなかったような・・・

でもこれも 仲間からの指示だったのか・・・

そして 夕御飯の お弁当と一緒に

新しい人が来て 彼と 交代しました。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【友達】たま2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月26日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ