相互リンク先の更新情報!

【露出】罰ゲームで・・・ 【告白体験談】

カテゴリー:露出告白体験談
tag:


 中学3年のとき。クラスの女子同士でトランプをしていた。大富豪。

 昼休み。いつものように始めると、誰かが「富豪は貧民に1つ何でも言うことを聞くというルールにしようよ」と言い出し、みんな乗り気でキャアキャア。

 最初はカワイイものでしたが、だんだんエッチなネタになってきた。

 「○○のジャージ下げて来い」とか、「男子トイレでオシッコする」とか。

 ある日、私もとうとう負けた。

 富豪のS美が容赦なく言った。「明日まで、セーラー服のスカートを没収!」・・・

 昼から私は授業中もブルマでいるように強制された。

 掃除時間は女子は全員、上がセーラー服、下はブルマでやるよう校則で決まっていたのでいつもと変わらなかったけど、5時間目からは授業中もこの格好で、男子から注目の的になっていた。

 先生に当てられて席を立つと、周りからクスクス笑う女子の声や、先生の困ったような顔が今でも印象的なんだけど。

 帰りは私がジャージを穿かないようにということで、ジャージも没収。

 電車の中でもセーラー服とブルマでいるように命じられて、顔から火が出るほど恥ずかしかった。

 なんとか家に帰って、次の日の朝。

 親の前では換えのスカートを穿いて家を出たけれど、駅でクラスメートに見つかって、やはり駅のトイレでスカートをとられました。

 朝からまた恥ずかしかったけど、満員電車を降りると、友達が「ウソォ。ちょっと!

マジィ?」と大騒ぎ。




 私のブルマのお尻に、白い液がネッチャリ・・・

 瞬く間にこの話がクラス中に広まって、先生からも呼び出されて、放課後の臨時集会で、「女子はブルマで学校の外を歩いたりしないように」と異例の注意が・・・

 なんとなくみんなが私のほうをちらっと見ていた気がしました。


告白体験談関連タグ

|||

【露出】罰ゲームで・・・ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年5月16日 | 告白体験談カテゴリー:露出告白体験談

このページの先頭へ