相互リンク先の更新情報!

【友達】生着替え【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


深夜に車で家から100キロくらい離れた海の近くの公園へ行きました。

車を駐車場に止めます。ほかに車はいませんでした。

車を降りて少し大きめのかばんを持って女子トイレに入ります。かばんの中には露出用に集めた服

が入っています。

個室の中で襟と袖口が紺色の半袖セーラーに着替えます。このセーラー服は高校で着ていたもので

す。ショーツも女子高生らしい質素なものに替えて、靴下も紺色のハイソックス、靴は茶色のロー

ファーに履き替えました。そして髪をポニーテールにしてセカンドバッグを持って個室を出て鏡の

前に立ちます。そこには少し顔を赤らめた清純な女子高生が映っていました。私は、年齢の割に顔

のつくりが幼いので(いわゆるロリ系)、少しメイクするとほとんど女子高生になりきれてしまい

ます。

女子トイレを出て男子トイレに忍び込みます。露出してなくてもこの格好で男子トイレに入るとこ

ろを見られたら犯されてしまうでしょう。鏡の前でスカートを捲り、ショーツを下します。ヘアは

前に放送室で剃ったのでワレメと少しはみ出したヒダが鏡に映ります。おまんこも年齢の割にロリ

っぽいんです。セーラー服も捲ります。ブラが丸見えになりました。おっぱいを揉みながらオマン

コを弄ります。そこに映る姿はすでに清純な女子高生ではなく、ただの変態露出女子高生です。セ




カンドバッグから真っ黒でグロテスクなバイブを取りだします。それをゆっくりとロリおまんこに

入れていきます。もう、止められません。激しくそれを出し入れします。声が出ちゃうと思ったの

で、バッグからディルドを出してトイレの壁に付けてそれを咥えました。

10人くらいの男に囲まれて輪姦されるのを想像して、一層興奮した私はブラをはずしてセーラー

服をはだけます。唾液で乳首をぬるぬるにして弄ります。もう、早くいかせて…。敏感な私は一番

感じるところにバイブを擦りつけます。ビクビクッと腰が痙攣してお潮を吹いてしまいました。

今日の未明はこれだけでは終わりませんでした。私は、女子トイレに戻って少し休憩していたので

すが、尿意を催してきてお漏らしがしたくなりました。濡れてもいいようにスクール水着に着替え

て我慢できるまで我慢しました。その間、極限が来るまで私はローターでオナニーです。やがて、

もう漏れちゃうと思ったところで公園の通路に立ちました。そして、膀胱を緩めました。溜まった

おしっこは水着からあっという間に溢れだし下半身を濡らしていきます。おしっこが止まった後、

水着をその場で脱いでおまんこが当たる部分を触るとぬるぬるを超えてネバネバでした。暑い夜で

したが、裸になっておしっこの後を拭いていると少し涼しくなります。また、衣装を替えてみよう

と思いました。

次は、陸上競技の選手がよく着ているレーシングショーツ(ブルマー)&トップを着ます(ショー

ツは昼間は恥ずかしくて履けません。早朝とかにジョギングするときは、スパッツタイプを履いて

います。でもNPで履いてるので…)。ランニングシューズを履いてこれで公園を走ります。その

前に、男子トイレの鏡の前でお浣腸を…。我慢しながら公園を走ります。

昔、学生時代にアルバイトでお浣腸されたので結構持ちますが、久しぶりにお浣腸したので…、あ

あっ…、漏れちゃう。何週かくらい走ったところで木陰に駆け込みます。お尻の穴が激しくひくつ

いて下品な音を出して大量のウンチが溢れます。興奮しすぎてもう失神しそうでした。私は、ここ

で重大な忘れ物に気付きました。紙です。

トイレまで下半身裸か…とおもったのですが、どうせならとトップスも脱ぎました。そして、トイ

レまで200mほどですが全裸でジョギングしました。トイレでお尻を吹いて、着替えて車に戻り

ました。空は少し白んでいました。車を走らせて途中コンビニに寄りました。NBで乳首にばんそ

うこうを貼って買い物をしました。濃い色のTシャツだったので目立たなかったとは思いますが、

もしかしたらおっぱいの揺れ方やちょっとの尖り、エッチな匂いに気付いていたかもしれません。

この店員さん私が教師でコスプレ露出しておしっこやうんちしてるなんて思わないだろうなって考

えたらまた興奮して、帰りのSAで車内オナニーをして潮を吹いてしまいました。

半年分くらいの露出をしたように思います。全裸で走ることもできました。

今、これも全裸で書き込んでいます。夏休みには混浴に行ってみるつもりです。


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

【友達】生着替え【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月28日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ