相互リンク先の更新情報!

【レイプ】豊橋事件 【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


発生日:1970年5月15日



被害者:主婦 35歳(扼殺) 、長男 2歳(焼死)、次男 1歳(焼死)

     夫婦で文具店を経営、そして事件は自宅兼店舗で発生。

     当日ご主人は大阪に万博見物に出かけ留守。

     妊娠5ヶ月だった。

     

犯 人:この事件はいわゆる冤罪事件として有名。

    事件直後従業員の方が容疑者として逮捕されたが、

    4年後冤罪であることが証明された。

    そして、その後事件そのものは迷宮入り。

    1985年時効を迎え未解決事件となった。

    つまり、子供たちの前で母親を犯し、絞め殺したうえ、

    家に火を放った犯人は、

    警察の初動捜査のミスにより世に放たれたままなのである。






事件概要

 先にも述べたとおり、この事件は未解決事件である。そのため、犯人の自供は得られておらず、事件の詳細は不明な点も多い。従って以下の記述には、ネット上に散在する断片的な情報をつなぎ合わせたものである。

 元々身内を疑うあまりに、本質を見逃したのだということを前提に考えると、犯人は強盗目的の流しの犯罪者だったのかもしれない。いずれにしろ、ご主人が不在な中で家業である文具店の営業を終え、子ども達も寝かしつけて、普段着姿でほっと一息ついた主婦の前に招かれざる客が訪れた。

 犯人は主婦を脅すと、手提げ金庫から現金12万円、主婦の財布、結婚指輪を奪いとった。押し入った家には男はおらず、目の前には、お腹が少し目立ち始めた妊娠5ヶ月の主婦が恐怖で震えている。欲望に火がついた犯人は、主婦の身体も貪欲にむさぼった。

 抑えがたい衝動に突き動かされた犯人は、主婦につかみ掛ると、床に乱暴に引き倒した。引き倒された弾みに、傷をおった主婦の頭から血が流れる。それにかまわず、犯人は主婦の下半身の着衣をはぐと、下着を左足からだけ抜き取り、右太ももに巻きつけたまま強姦。夫婦の子供を育む主婦の秘部に、自分の体液を注ぎこんだ犯人は、電気コードで主婦の首を絞め、その命も奪い取った。

 発見された主婦の遺体は足を90度開いたままだったらしい。犯されながら絞め殺されたのか…。

 主婦を扼殺した犯人は、主婦の遺体に新聞紙や布団をかけ放火。主婦の遺体は両足がこげている程度だったが、無残にも、子供たちは焼死。



 めったに家を空けることがなかったご主人が、たまたま旅行に出かけた時におきた悲劇。その様な状況が故、警察は内部の事情に詳しい者という仮説にこだわり、初期捜査を誤った。全てが偶然だったのならば、避けられない不幸というのはこの世にあるのだと、そんな気がします。







出典: 

リンク: 

【速報】ちょっと無理して超高級デートクラブに契約した結果www



告白体験談関連タグ

||||

【レイプ】豊橋事件 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月28日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ