相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた3 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


指を怪我したことを利用して、昨日、母の美佐恵に入浴を手伝ってもらった。

同情の気持ちを逆手に取り、オナニーを手伝わせるという、とんでもないことまでやってもらえた。

しかも、滑りをよくするために唾液をつけるという理由だったが、チンポを口に含んでもらえた、、、





母に恋愛感情を持つ俺としては、最高の経験だった。

そして、それを思い出して学校のトイレでも、怪我で使えない右手ではなく左手で抜いてしまったのだが、興奮が全く収まらない。





そんなモヤモヤ、ムラムラした状態のまま、家に帰った。

家に帰ると、母が笑顔で

「コウちゃん、おかえりー! 指は大丈夫?不便はなかった?」

と、聞いてきた。

「ただいま!みんな手伝ってくれたから、平気だよ。」

そんな会話をしながら、夕食を食べ始めた。




「美味しい!ホントに美佐ちゃんは料理上手だよね。いつもありがとね。」

日ごろの感謝を口にする。

母は、本当に嬉しそうな笑顔で

「嬉しいな、、、 コウちゃんはホントに良い子に育ってくれたよ。ありがとう。」

そういった。少し目も赤くなっている感じだ。



「美佐ちゃんの育て方が良かったんじゃない?」

俺がおどけてそう言うと、ニヤニヤしながら

「まあねw」

と、笑った。





昨日のことで、ぎこちなくなるのを心配していたが、気にしてないようだ。

ホッとしながら食事を終えると、母が言った。

「すぐ行くから、先にお風呂入っててね!」

笑顔で言われて、ドキドキしながら風呂に向かった。



そして浴室で裸になって待っていると、ドアが開いた。

バスタオルを巻いただけの母が、笑顔で入ってきた。

「えっ?水着は?」

俺が動揺して聞くと

「あぁ、なんか、この季節に水着干してたら変かなぁって、、、」

そんな理由を話した。





「ハイハイ、座って、洗うから!」

そう促されて椅子に座る。今日は、勇気を出してチンポを太ももに挟んで隠さずに、勃起した状態でさらしてみた。





母はそれに気が付き、

「あれあれ? コウちゃん、元気いっぱいだねw」

そう言って、勃起したチンポを指でつついた。

明るい感じで言う母だが、俺はドキドキして死にそうだ。

「ちょっと!美佐ちゃん、ダメだって!止めてよ!」

そう言って、身をよじった。

「ゴメンゴメンw じゃあ洗うからね。」

そう言って、ボディソープを手に取り、背中に塗り広げて洗い始める。

もう、それだけでも気持ち良くてとろけそうなのに、今度は後ろから手を回して胸のあたりを洗い始める。







すると、俺の両乳首を指先でなで始めた。

「ふふふ、、 コウちゃんはここも気持ちいいんだよねw」

そう言って、乳首を責めてくる。

痺れるような快感を感じながら

「ちょっと!美佐ちゃん、くすぐったいよ。」

本当はもっとして欲しいのだが、形だけ言ってみた。





「ゴメンね、ちょっとふざけ過ぎちゃったよ、、」

そう言って、また洗い始めた。

そして、シャンプーをしてもらい、ドキドキしていると、母の手が下半身に伸びてきた。





そして、ふくらはぎや太ももを、その柔らかい真っ白な手が洗っていく。

そして、躊躇無く俺のチンポをつかんで洗い始めた。

「あっ、そこは良いよ!」

慌てて言うが

「ダメだよ!ここ不潔にすると、病気になるから!」

そう言って、包皮を剥いて直接カリ首も洗い始める。

ボディーソープがローションのようにぬめり、もうイキそうなほど気持ちいい。

「ホント、、、  コウちゃん、、、  大人だね、、、 」

そんな事をつぶやきながら洗い終わる。

もう、今すぐ押し倒すことしか考えられなくなっている。

それでも、踏み出せないのは根性がないからだと思うが、こればかりは仕方ない、、、







そして、母は洗い終わった俺に湯船に入るように言う。

湯船に入りながら、どうするのかな?と母を見ていると、いきなりカラダのタオルを外した。



母のフルヌードは、物凄く久しぶりに見た。恋心を持ってからは始めてだったので、衝撃が凄かった。

後ろを向いているので、真っ白な形のよいお尻が、つんと上を向いているのがわかる。そして、振り向いて身体を洗い始める。

形のよい大きな胸にも目がいくが、やはりアソコに目がいってしまう。





始めて見る生の女性のヌード、、、  思いの外薄いヘアが、妙にエロい。

ボディーソープを身体に塗りつけ、手のひらで洗っていく。

洗う時に胸が潰れたり形を変える。その柔らかそうな胸を揉みたくてたまらない。

そして洗い終わり、湯船に入るために足を上げると、はっきりとアソコが見えた。

「お邪魔しまーすw」

そんな風に軽い感じで言って入ってくるが、俺は心臓が壊れるくらいドキドキしていた。

一瞬見えた母のアソコは、アソコ自体始めて見たので比較できないが、凄く綺麗だと思った。





そして、俺の前に背中を向けた格好で入った。そのまま俺にもたれかかってきて、

「あぁ、、 気持ちいい、、  昔は、私がコウちゃんを抱っこして入ってたのに、もう、逆だね、、  ホント、懐かしいなぁ、、、」

しみじみという母。本当に、母が愛情をたっぷりと注いでくれていた記憶は、はっきりと残っている。ただ、俺はそれが恋愛感情に変わってしまったのだが、、、





「覚えてる。美佐ちゃん、いつも一緒に入ってくれたよね。俺も懐かしいよ。」

何か、エロい気持ちが消えていく。





ただ、ふと下に目を向けると、俺にもたれかかった母の胸がはっきりと見えた。

消えたはずのエロい気持ちが一気に復活した。

「あれぇ?コウちゃん、また何か、、、    当たってるんですけどw」

母が楽しそうに言ってくる。



俺は、本当に勇気を振り絞って、母の乳首を指でつまんだ。

「美佐ちゃんだって、硬くなってるじゃんw」

声が裏返りそうになりながら、何とか言った。

「キャン! エッチぃ!」

母は、そう言って胸を両腕で隠した。

「美佐ちゃんも、何か興奮してるの?」

俺が、なるべく軽い感じに聞こえるように気をつけながら言った。





「そ、そんな事あるわけないじゃん!寒いからだよ。」

照れているのか、顔が赤い。

「ふーーんw そうなんだw」

俺がにやけながら言う。





「もう! コウちゃんだって!」

そう言って、いきなりチンポを握ってきた。

俺は、あえて驚きもせずにそのまま握らせるに任せてみた。

母も、すぐに俺が身をよじらせると思っていたのか、抵抗しないことに動揺している感じだ。

握ってしまった手前、離すに離せない感じで握り続ける母。

俺は、わざと下腹部に力を入れて、チンポを脈打たせてみた。

「わっ! ビクンてなったよ!」

そんな風に驚く母。経験の少ない女の子のようだ。





「だって、そんなに握られたら、そうなるよ。」

俺が言うと、慌てて握った手を離し

「そうだよね!ゴメンね。」

照れたように言う。



「じゃあ、お返しだ!」

ホントは緊張で死にそうなのだが、無理しておどけた感じで言いながら、後ろから母の両胸をわしづかみにした。

「コウちゃん、ママのおっぱい懐かしいの?」

驚きもせず、逃げもせずに優しい口調でそう言った。



「うん、、、 なんか、懐かしいよ、、、」



「ふふふ、、、 コウちゃん可愛いなぁ、、、  でも、なんか当たってるw」

そう言って、またチンポを握ってきた。

「ホント、、、  ちょっと大きすぎるんじゃない? 病院行ってみる?」

俺のチンポを握りながら、心配そうに言う。マジで言ってるのか、ギャグなのか天然なのかわかりかねる。

「え?そんなに大きいかなぁ?」

「うん、、、 パパの倍くらいあると思うよ、、、 なんか、病気とかじゃないよね?」

「えっ!?病気? そうなのかな?」

俺も不安になる。

さらに聞いてみた。

「他の男の人と比べても、大きいの?」

「えっ!? 他の? それは、、  パパのしか知らないから、、、」

しどろもどろになる母。俺の親友のタケシのチンポを思い浮かべているのだと思う。

経緯はわからないが、タケシは俺が英会話の学校に行ってるのを見越して、家に来て母を抱いていた。脅されて無理矢理なのかと思ったが、偶然録音した二人のセックスは、脅されながらのような感じもあったが、結局母も楽しんでいたと思う。





1年のうち半分以上も親父は海外に行っているので、女盛りの母は相当欲求不満なのだと思う。

実際に、母は夜ワインを飲むと、高確率でオナニーをする。俺は、ディルドやローターを使ってオナニーをする母の、その音声を盗聴のような形で録音している。

それを使って俺もオナニーをしていた。





「でも、AVとか見るともっとデカい人いるから、こんなもんじゃないの?」

「そうなの? ふーーん、、コウちゃんもそういうの見るんだねw 男の子だから、仕方ないのか、、、」

「それくらい見るさ。 それにしても、柔らかいね。」

そう言って、俺は胸を揉んでみた。





「でもね、最近垂れてきちゃって、歳には勝てないねぇ、、、」

息子に胸を揉まれながらチンポを握り、しみじみという母。どこか狂ってる気がする。





俺は、下から乳房を持ち上げながら、

「こんなに重いんだもん、仕方ないって。でも、形がよくて綺麗な胸だと思うけどな。」

「ホント?コウちゃんがそう言ってくれると嬉しいなぁ。」

嬉しそうに言いながら、俺のチンポをニギニギする。



「ちょっと、美佐ちゃん、ダメだって!」

俺が心にもないことを言うと



「コウちゃん、今日はお手伝いしなくて良いの?するなら、いま手伝うよ?」

微妙に緊張した声で言う母。



「あ、、 それなら、、  うん、、  お願いします。」

そう言ってみた。



「じゃあ、このままするね。」

母は、湯船で俺に背中をもたれ掛けた状態で座っている。そして、後ろ手にして俺のチンポを握っている。その手を動かして、しごき始めた。

苦しい体勢なのだと思うが、湯船が無駄に広いこともあり、割とスムーズに動かせている。

母のフルヌードを見た興奮と、母の胸をつかんだままの今の状態とで、興奮がすでに120%だ。イキそうになるのを、必死で押さえ込む。kabaちゃんとikkoのキスシーンとか、ラブシーンを想像する。そんなゲテモノを思い浮かべても、イキそうなのを押さえきれなくなってくる。



「ねぇ、コウちゃん、痛くなぁい?今日は、濡れてるから、大丈夫かな?」

などと気遣ってくる。



俺は、母の胸をつかんでいる両手を動かし始める。明確に、感じさせるような動きで胸を揉む。



「ふふふ、、、 コウちゃん、おっぱい好きねぇw」

母が優しく笑う。だが、その手は俺のチンポをしごいている。









俺は、イキそうな興奮状態の中、思い切った動きをした。

母の乳首を指でつまんだ。すでにガチガチに硬くなった乳首を、強めにつまんで転がす。



「あっ! んん、、 コウちゃん? もう、エッチぃw」

おどけたように言うが、吐息が漏れてなまめかしい。俺は、夢中で乳首をつまんだり転がしたりして責めてみた。



「もう、、、 ん、、 ダメよ、、 ア、 エッチなことしちゃダメぇ、、ん」

母は、困惑しながらも俺のチンポをしごく手を早める。

俺は限界を迎えながら、必死で乳首を責める。



「あぁ、、ん、、 コウちゃん、硬くなってきたよ、、  イキそうなの?イッて!」

そう言って、さらに早く手を動かす。

俺は、母のビキビキに勃起した乳首をつまんだまま、短くうめいて射精した。



「は、くぅ、、 凄い、、 ア、ん、、 ビクンびくんしてる、、、」

母は、チンポを握りながら吐息混じりにつぶやいた。



イッても、まったく興奮が収まらない。カチカチのままのチンポを握ったままの母。

俺は、さらに乳首を責め続ける。



「コウちゃん、イッたでしょ?もう止めよ? あ、あぁ、、 ダメェ、、 ダメだよ、、」

母は言いながら、身体をモジモジさせている。

声が、かなり甘い感じになっている。



「ゴメン、美佐ちゃん、、、  まだ、収まらないよ、、、」

俺は、申し訳なさそうに謝る。が、乳首は責め続けている。



「ホントにコウちゃん若いねぇ、、、  ア、くぅん、、 じゃあ、のぼせちゃうから、そこに座って。」

そう言って、俺を湯船の縁に、足を洗い場の方に向けて座らせた。

乳首を責められなくなったのが残念だが、確かにのぼせる寸前だった。



母は、洗い場の方に出ると、縁に座っている俺の前にひざまずいた。



「コウちゃん、ちょっと目つぶっててね。」

言われるままに目をつぶると、チンポがヌルンと生暖かい感触に包まれた。

口に含んでくれた。

また、唾液で濡らしてすぐに手でしごくと思っていたら、頭を動かし始めた。

そして、舌は俺のカリ首をなめ回す。

昨日と違って、完全にフェラチオだ、、、



驚いて目を開けると、確かに母が俺のチンポをフェラしている。

腰が抜けるような快感に襲われながら



「美佐ちゃん、、、 ダメだよ、そんな、、、汚いし、、、」

そう言った。



「ゴメンね、、、 変な体勢だったから、腕痺れてるんだ、、、 それに、コウちゃんのが汚いわけないよw」

そう言って、微笑んだ。そして、またチンポをくわえてフェラをする。

ただ、頻繁に歯が当たり、正直痛い。母が慣れていないことは明らかだった。だが、タケシにもこんな事をしていると思うと、嫉妬で苦しくなる。



俺が、微妙に痛そうにしていると



「ゴメンね、コウちゃんのやっぱり大きすぎるんだよ。へたくそで本当にゴメンね。」

申し訳なさそうに謝る母だが、俺は最高の気持ちだった。



「そんな事ないよ。凄く気持ち良かったよ。でも、、、  ううん、なんでもない。」

俺は、焦りすぎはダメだと思い、言葉を引っ込めた。    



「のぼせちゃうね。お風呂出ようか?」

母が聞いてきた。



「あぁ、、うん、、 もう、終わり、、なの?」

モジモジしながら聞いた。



「ふふふ、、、 こうなったら、出さなきゃ引っ込みつかないんでしょ?」

そう言って、俺のチンポを指でピンピンと弾いた。



「あう、、 うん。」

俺がそう答えると



「じゃあ、部屋で待っててねw」

そう言ってくれた。





そして風呂を出て、俺は部屋で裸で待っていた。母は、頭をドライヤーで乾かしているようで、少ししてから来てくれた。

俺はその間中、勃起したチンポをしごきたくて狂いそうだった。



部屋に来た母は、いつものベビードールのようなセクシーなパジャマ姿で、薄くルージュを引いている。

その姿は、エロ過ぎて童貞には刺激が強すぎて、まともに見ることも出来ないくらいだった。



「おまたせw ゴメンね。」

そう言って、セクシーな母がベッドに座った。

俺は、どうして良いかわからずにオロオロしていると、俺を仰向けで寝かせて、俺の乳首に唇を近づけた。

そして、乳首を舌でぺろんと舐めると



「ふふ、、 乳首硬くなってるw コウちゃんは欲しがり屋さんだなぁw」

そう言って、からかってくる。



俺は、ベビードールの上からもはっきりとわかる、母の勃起した乳首をつまんだ。



「やン! コラ! ダメでしょ?」

母は少し驚いた感じで言うが、俺は構わずに乳首をつまみながら



「美佐ちゃんだって、硬くなってるじゃん! 美佐ちゃんも、欲しがり屋さんだねw」

「コウちゃんのエッチw」

そう言いながら、俺の乳首を舌で舐め回し始めた。

震えるほどの快感と感動が俺を襲う。心の中で、震えるぞハート!燃え尽きるほどヒート!と叫びながら、必死で母の乳首をこねる。



母は、俺の乳首を舐めながら、俺のチンポを握ってしごき始めた。

こんなにも早く、もう限界に近いところまで来てしまった。

俺は、イキそうになった興奮でテンションが上がり、とうとう母のベビードールに手を突っ込み、アソコを触ってしまった、、、





母はパンツをはいていない状態だったので、あっさりとアソコに手が届いてしまった。

ヘアの感触の奥に、ビラビラのアソコの感触があった。

そして、夢にまで見たそこは、ビックリするくらいに濡れていた。



俺の手が届き、クチョっと音を立てると、母はビックリして俺のチンポを離し



「ダメ!! コウちゃん、ダメ!」

そう言って、俺の腕をつかんで引きはがそうとする。



「美佐ちゃん、何か、凄く濡れてるけど、どうしたの?病気?」

とぼけてそう聞いた。



「そ、そんな事、、 お風呂入ったからだよ、、  コウちゃん、これはダメ、手、離して!」

必死で俺の腕を引きはがそうとしながら、動揺した母が言う。

俺は、ここが勝負だと思い、必死で抵抗して母のアソコをまさぐる。とは言っても、始めて触る女性のアソコなので、どこが何なのかまったくわからない。

ただ、偶然コリっとしたモノに指が触れた。すると



「はぁあっ! だ、めぇっ! それ、、あぁぁあぁ、ア、アぁ、、 コウちゃん、ダメェ!」

と、母は身をよじってもだえた。

これがクリトリスか!と、確信を持って触り始めると

母の、俺の腕を引きはがそうとする力が弱まる。



「あ、ア、あぁ、、 ダメ、、 ホントにダメだよ、、 コウちゃん、、 お願い、 あぁん くぅうぅ、、ん 止めてぇ、、」



そう言われても、必死で指を動かし続ける。コリコリしたクリトリスが、さらに硬くなってきた。

すると、指に触れる感触まで変わった。

さっきまでは、薄皮一枚挟んだ感触だったが、今は直接コリコリしたモノに指が触れる。



たぶん、勃起したクリトリスが、包皮から飛び出したのだと思う。むき出しのクリを触られて、母は



「あっ!あっ!だ、めっ! は、ハひぃ、 ひぃ、 くぅ、、あぁ、、 コウちゃん、、ダメェ、、、」

そう言って、体をブルブルッと震わせた。イッた?俺には、それは判断がつかないが、その姿を見て俺は少し誇らしい気持ちになり、手を離した。

すると、母は慌てふためきながら



「コウちゃん、ゴメンね、、」

何故か謝りながら、部屋を飛び出していった。そして、寝室に入ってしまった。



俺は、我慢汁でドロドロになったチンポを勃起させたまま、部屋に取り残された。

そして、さっきまで母のアソコをまさぐっていた手を見ると、母ので濡れていた。

俺は、それの臭いをかいでみたが、ほとんど無臭だった。ドキドキしながら、それを舐めてみると、少ししょっぱかったが美味しかった、、、





どうしたら良いかわからずに、途方に暮れてクヨクヨしていたが、1時間ほどしてから、ふと思いつき、盗聴器の受信機のスイッチを入れて、ヘッドフォンで聞いた。

すると、いきなり母の荒い息づかいが聞こえてきた。

「あぁぁ、、 ダメェ、、それは、ダメ、、  あぁ、、 コウちゃん、 またイク、、 イッちゃう、、 うううぅ、、」

凄く小さな声で、ささやくように喘ぐ母。その小さな喘ぎの他に、ヌチョヌチョとディルド(張型)を出し入れする音が聞こえる。

やっぱり、母も興奮していたんだと思うと、たまらない気持ちになった。今すぐに押し倒したい、、、 そんな気持ちでいっぱいになった。

「コウちゃん、コウちゃん、ゴメンね、 ママ、またイク、、 イクの、イッちゃう! うううぅぅっ!」

今まで盗聴した中で、一番激しくオナっている。



俺は、覚悟を決めた。



出典:母親に恋したら、友人に寝取られた

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||

【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた3 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月28日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ