相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】憧れの人妻を寝取られパート4【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


7月10日

ついに飲み会の日。仕事が終わると俺はダッシュで会場の居酒屋に行った。彼女はもう来ていた。彼女の浴衣姿。無茶苦茶セクシーだった。彼女の裸足。思ったとおりとても形がいい。抜けるような白さ。俺は座敷に上って話そうよと彼女を先に上げた。浴衣の裾からふくらはぎや足の裏が見えた。体つきもスリムでとても40すぎには見えない。本当にこの場でむしゃぶりつきたかった。

がまん、がまん。うまくいけばお持ち帰りできるし。俺たちはその場で楽しく歓談した。彼女が少し膝をくずしたとき彼女の太ももが見えた。真っ白な太もも。俺はズボンの前が膨らむのがわかった。やばい、彼女に見られたか?しかし、彼女は目をそらしただけで何も言われなかった。気づかれなかったかな。

そのうち、みんなが集まりはじめた。Nも来た。俺は彼女の隣で誇らしげにNを見た。さあ飲み会が始まり始まり。みんな席に着いて。当然彼女は俺の隣で….

えっ?彼女はそそかさとNの隣に座った。「ゴメンね」と言い残して。俺は何が起きたのかわからなかった。他のパートのおばちゃんたちは「Kさんもおじさんよりは若いイケメンの方がいいよね」とか「店長今日は私がなぐさめてあげるよ」とか冷やかしはじめた。俺の心臓はばくばくし始めた。何だこの展開は?二人は完全にいちゃつき彼女は首をNの肩にもたれたりしている。周りは二人を無視というか見ないふりをしている。

俺の様子がおかしいと思った隣のおばちゃんが「店長あの二人今晩、最後までいくよ。Kさんから今日は最後までいくかもって聞いてたから。ね、もうあきらめなさいよ。男は仕事、仕事


告白体験談関連タグ

|||||

【人妻・熟女】憧れの人妻を寝取られパート4【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月29日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ