相互リンク先の更新情報!

【初体験】あの頃に戻りたい改変(1) 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


中学の時、同じクラスにかなりの美人がいた。菜穂子という名前だった。

あくまでイメージだが、似てると思う↓こんな感じ。





勉強もできて生徒会もやっていたので、クラスの男子だけでなく学校中からモテまくっていたと思う。

ま、一言で言えば、学校中の男子が憧れる身近なアイドルって感じかな。

で、こんな子がいったい誰に落ちるのか、誰と付き合うのかと皆、興味を持っていたのだが

結局、中学時代は誰とも付き合っていなかった。告った奴は何人かいたが皆撃沈したようだ。



高校になってから、妙な噂を耳にした。俺と仲が良かった奴、どちらかというとパシリ的な扱いだった耕一

と付き合っているというのだ。しかも、ほぼ同棲状態だという。

嘘だろ?と思った。なんで?あの菜穂子があんな奴と。

真相を確かめるべく仲間と一緒に耕一を呼び出した。



久しぶりに耕一と会ったのだけど、オドオドした雰囲気は全く変わってなくて




これは菜穂子と付き合ってるという噂は嘘だなと思った。

だけど、一応確認してみた。すると、驚いたことに、本当に菜穂子と付き合ってるというのだ。

どうしても信じられなかったのか、俺と一緒に耕一と会った庄司という奴が、

「嘘つくんじゃねえよ!」と怒り出した。

そしたら、耕一、あっさりと「それじゃあ菜穂子にここへ来てもらうよ」と菜穂子を呼び行って

すぐに、菜穂子を連れて戻ってきた。



久しぶりに菜穂子を見て、一瞬、ぽか〜んとしてしまった。

中学の頃よりも、さらに美貌が増して、かなりの美人になっていた。

いつも遠くで見ているだけで、特に菜穂子と親しい間柄では無かったので、

間近で「耕ちゃんがお世話になってます」なんて笑顔で挨拶をされると、

緊張しまくって何がなんだか分からない状態になってた。

菜穂子に物凄く憧れを抱いていた庄司なんて、緊張で顔汗びっしょりになって、シャワー浴びたみたいになってた

ミスドで5分くらいお茶しただけで、すぐに菜穂子は帰ってしまったけど、充実した気持ちになったのを覚えている。

耕一との馴れ初めは、うちの中学から、2人の高校へ行ったのが、菜穂子と耕一の2人だけだったので

2人で一緒に居る時間も多く、自然に付き合うようになったとのことだった。

付き合って半年になるとのことだった。



耕一と会ったその日から、私の仲間は、

菜穂子という憧れの美少女と付き合っている耕一に一目置くようになって

休みの日などに耕一を誘って一緒に遊ぶようになった。



ある時、耕一が自分にべったりの菜穂子が鬱陶しくなってると言いだした。

学校でも、家に帰ってきても、いつも耕一と会いたがり、完全依存していてウザイというのだ。

なんて羨ましいことを!と皆で耕一を詰ったのだが、

庄司だけは、真顔で「それなら菜穂子ちゃんを俺にくれ」と言い出した。

それを聞いて、皆、何を言ってるんだ、こいつはw悪い冗談言うなという感じだったのだけど。

真剣に「頼む」と頭を下げ、「1回だけ裸を見せてもらうだけでも良い」と言い出すと

流石に、その場の全員が凍ったようになってしまった。

ただ、なぜか耕一は「それ絶対無理だよ〜」と笑いながら言う感じで、あまり嫌がっていない様子だった。



そんな耕一を見て俺も冗談っぽく

「あの小島菜穂子の裸を見せてもらえるなら胸だけでも、俺ら一生、耕一の下僕になるよ」と言ってみた。

庄司ともう一人その場にいた村松も「一生、耕一さんと呼ばせてもらうよ。麻雀の負け分も当然チャラでいいよ」と言いだした。

麻雀の負けと言っても、数千円の話で、そんな額で彼女の裸を見せる馬鹿はいない。

ただ、耕一は「菜穂子がOKするわけないよ〜」と、自分自身はOKなのか?という感じに見えた。

中学時代から頼まれると断われない性格ではあったが。ただ、今回は場合が場合なので。。。

そこで俺は「耕一的にはOKなの?」と聞いてみた。耕一は「俺はそんなこと菜穂子に頼めないけど、菜穂子がOKならいいよ」と答えた。

馬鹿かこいつは、と心の中で思った。中学時代、パシリのような扱いだったから、俺らが下手に出て、持ちあげられるのが嬉しいのかな?

などと考えていると、村松が「じゃあ、小島さんがOKするかもしれない手がないか皆で考えてみようぜ」と言い出した。







皆で色々考えて意見を出し合った。当然、良いアイディアなんてなかったのだけど、ただ考えるだけで楽しかったのを覚えてる。

菜穂子も麻雀に参加させて、負けさせて、麻雀の負け分をチャラにする代わりに脱いでもらうのはどうか?

という馬鹿なアイディアも出たが、絶対に無理と軽く却下された。自分達の目の前で脱がすのは、どう考えても無理だから、

耕一の前で脱いでるのをコッソリ覗き見るのはどうか?というアイディアも出たが、それ犯罪だし、菜穂子の意志を無視してる、

菜穂子ちゃんに悪いってことで却下された。

結局、また最初の意見の”耕一の麻雀の負け分をチャラにする代わりに脱いでもらう”に戻ってきてしまって。。。

耕一が呆れて「負け額3千円のために、お前らの前で脱いでくれって頼んで、菜穂子が”はい分かりました”と脱ぐわけないよw」と言った。

それを聞いて、誰からか忘れたが、麻雀の負け額を50万ってことにすればいいんじゃね?というアイデアが出た。

俺が「それも、無理があるだろw」と言うと、庄司も俺に強く賛同し「50万?ありえん、菜穂子ちゃんなら500万だって安いよ」とか

訳の分からないことを言い出し、俺の”無理”と全く意味が違うことに気づいておらず、

まるで何かが憑いてるかのような庄司の物凄い勢いに皆が飲まれ、結局、耕一が麻雀で500万負けたことにすることになった。

俺が「そんなアホらしいこと、誰が菜穂子に言うの?、耕一言えるの?w」と聞くと、当然「無理だよ」という返事が返ってきたのだけど、

庄司が自分で菜穂子に言うと言ったので、皆、「仕方ないか」「駄目もと」ということでと、その作戦でいくことになった。



菜穂子との交渉の日は、緊張したというか、庄司と一緒にその場にいるのが死ぬほど恥ずかしかった。

庄司が少し噛みながら話を切り出した「耕一が、俺達にマージャンで500万負けたんだけど

親も金持ってなくて払えなくて困ってる、彼女の菜穂子ちゃんがなんとか出来ない?」と。



この交渉の前に、闇雲に”負け額を肩代わりしてくれ”というのは、あまりにも変だと村松から意見が出て、

耕一に頼んで、高校を卒業したら菜穂子と結婚したいというようなことを言っておくように指示しておいた。



その成果かどうかは分からないけど、菜穂子は、非現実的な内容を馬鹿にするでもなく、

自然に、隣に座る耕一に事実を確認した。そして、

菜穂子は「私だって500万なんて持ってないよ、どうしたらいいの?」と言った。

全員が静かに庄司の次の言葉を待った。言うのか?自分達の前で脱ぐように言うのか?と

待っていると、庄司は慌てた感じで「菜穂子ちゃんと一緒に遊びたい」と言い出した。皆、え?って感じになり、

菜穂子も若干呆気にとられ、「遊ぶって?」と聞き返した。庄司は、何がなんだか分からなくなったのか・・・

「部屋で、映画を見たり、ゲームしたり・・」などと言い出した。



堪らなくなって、俺は「少しはHなこともさせてもらう」と思わず言っってしまった。

菜穂子は俺を少し睨みながら、「少しって?」と聞き返してきた。

その眼光にびびったわけではないけど、俺もかなり慌てて

「少し触ったりとか・・」などと弱弱しく言ったのを覚えてる。とても「裸になれ」などと言える雰囲気ではなかった。

どのくらいか、少しの間、沈黙が流れ、変な汗をかいていたら

菜穂子が

「私が貴方達に少し触らせれば、500万円もの大金を本当に無かったことにしてくれるの?」と言った。

意外にも菜穂子がOKしそうな雰囲気に見えたので、皆、驚いて、全員で「うん、無かったことにする」と言った。



俺らを援護しようとしたのか、菜穂子を安心させようとしたのか、耕一が「俺もその時、一緒にいるから」と菜穂子に言った。



全員が吃驚したのだけど、

耕一のこの台詞を聞くと菜穂子の顔色が変わり、

鋭い声で「それは絶対に嫌、耕ちゃんが絶対に居ない場所でなら、少しだけなら触らせてもいい」と言った。

そして、俺らに「本当に500万無かったことにしてくるんでしょ」と念を押した。皆が一斉に頷いたことは言うまでもない。





出典:2ちゃん

リンク:2ちゃん


告白体験談関連タグ

||||

【初体験】あの頃に戻りたい改変(1) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月30日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ