相互リンク先の更新情報!

【彼女・彼氏】スジャータ 【告白体験談】

カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談
tag:


嫁が公立保育園の保母さんをやっているんだが、嫁によると、4,5歳にもなると、親の夜の営みについて、かなり生々しく保母に話すそうだ。



「きのうママがパパのちんちんたべてたよ」「パパはいつもママにいっぱつやらせてってゆうんだよ」などと話すので、親にそれとなく注意することもできず、本当に困っているらしい。



それを聞いていたので、ウチはたとえ子どもに聞かれても大丈夫なように、夜の営みに関しては隠語を使っていた。



例:

セックス=運動会あるいは体操

ゴム=服

精子=コラーゲン

チンコ=ロッキーあるいはクララ

マンコ=メアリー

アナル=水戸さん

顔射=パック

中出し=スジャータ






嫁は恥ずかしがりで、いつも下系の言葉を口にすると顔を真っ赤にするため、とても自分から夜の営みに誘うことはなかった。しかし、隠語を設定してからは、恥ずかしさがなくなったのか、自分から誘うようになった。



「今日は運動会しようね」「今日は服着ないと怪我するよ」「今日は暑いから服はいいよ」などと萌えセリフを発するようになった。



最近は運動会の最中にも駆使するようになった。「水戸さんとも遊んで」「今日のロッキーは2ラウンドKOかな?」「クララの弱虫、意気地なし」「立った立った〜クララが立った!!」



こんな感じで嫁も大胆になって嬉しい限りだ。最近、嫁はいきなり「スジャータ♪、スジャータ♪」と子どもの前で歌い出し、「スジャータが○時をお知らせします。」と言うようになった。子どもはラジオCMの真似だと思って大喜びだが、俺も大喜び。中出しOKという合図なので。



今日も安全日なので、嫁のスジャータ♪が聞けそうだ。



出典:嫁

リンク:命


告白体験談関連タグ

|||

【彼女・彼氏】スジャータ 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月30日 | 告白体験談カテゴリー:彼女・彼氏との告白体験談

このページの先頭へ