相互リンク先の更新情報!

【初体験】あの頃に戻りたい改変(2) 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


ついに待ちに待った、その日がやってきた。

場所は、何処にするのか散々話した結果、耕一の家ということになった。

菜穂子のことを配慮して慣れた安全な場所で、ということだった。



当然、当初の約束どおり耕一は家から追い出され、

耕一の家には、菜穂子と、俺、庄司、村松の4人だけになった。

俺は、かなり緊張していたが、何か話さなければいけないと思って、耕一と何処でデートしてるの?など

話題を振って必死に会話をしようとした。

話をしているうちに、庄司が愚かにも「なぜ、あんな奴と付き合ったの?」と失礼な質問をした。

それに対して菜穂子は、特に怒った様子も見せずに「大好きだから」と返事をし、そして、その言葉に続けて

まるで俺らに耕一の悪口は二度と言わないで!と伝えるかのように、

「耕ちゃんは、私の命だから」とはっきりと言い切った。

俺は、その言い様と台詞にかなり衝撃を受けた。

庄司や村松も度肝を抜かれたのかしばらく黙ってしまった。






”少し触って良い”といっても、イマイチ何処まで許されるか分からなかったので、

まずは無難なところと思い、菜穂子の髪に触れてみた。触りながら「いいんだよね?」と言うと、「うん」という返事が返ってきたので、

喜んで髪を触り捲くった。この俺が、そんな感じだというのに村松はというと、菜穂子の手を握っていた。

しかも、菜穂子はそれを普通に許している様だった、だから俺もすぐに空いてる方の手を触った、すべすべしていて冷たくて気持ちが良かった。

手を触っていると、ムラムラしてきて、菜穂子を抱きしめてみたくなったので、思い切って抱きしめようとしてみた。

しかし、残念なことに、まともに体に触れる前に「ヤメテ」と嫌がられ抵抗された。

少し傷つきはしたが、そんなことは、すぐに忘れる出来事が目の前で起こった。

なんと!村松が菜穂子の胸に、あの憧れの上品な膨らみに片手を伸ばし触っているではないか!

ただ、これには菜穂子「それはイヤっ」とかなりキツク嫌がったので村松は慌てて手を引っ込めた。

俺はこの時、ほんの少しでも菜穂子の胸に手を触れた村松が羨ましかった。

”少し触って良い”のレベルって、この程度なのか〜などと考えていると、

庄司が「足は触ってもいいよね?」と菜穂子に聞いているのが耳に入ってきた。

しかし、菜穂子が返事をするよりも早く、まるで庄司の質問を邪魔するかのように、村松が菜穂子に話しかけた。

「高校を卒業したら耕一と結婚するの?」と。菜穂子は嬉しそうに「うん」と返事をした。

村松は「結婚の約束でもないと、さすがに500万ものお金を肩代わりしないよね」「耕一も小島さんのこと愛してるって、いつも言ってるよ」と言った。

菜穂子はすぐに「そうなんだぁ」と嬉しそうに返事をした。

それから少し間が空いて、

村松は「だけどさ、耕一は結婚する女が、自分のせいで俺達に体を触らせるのって嫌じゃないのかな?」と酷いことを言いだした。

菜穂子は、それを聞いて少し驚いた様子だったが特に返答せずに黙っていた。

村松は更に「”少しだけ触らせる”だけでも俺は絶対に嫌だな。俺だったら今まで通りの関係には戻れない気がするよ」と続けた。

それを聞いて俺も「たしかに、そうかも。自分のミスで彼女が友達に体を触らせるって耐えられないかも」と言ってしまった。

これは俺の本心だった。

菜穂子の表情を見ると悲しそうな表情だったが、相変わらず無言だった。

村松は構わず話を続けた

「小島さんが望むなら、今日、何もしなかったことにするよ。いざとなって緊張しちまって、普通に映画見ただけだって耕一に報告するよ」。

「耕一も安心すると思うけど」「どう?」と。

菜穂子はそれを聞いてすぐに「それ本当?そうしてもらいたい、お願い、そうして」と言った。

村松は「うん。そうしようよ、その代わりと言ってはなんだけど、小島さんが思ってたよりも、もう少し色々触っても良いよね?」

と言いながら、片手を伸ばし菜穂子の胸にタッチした。

ちょうど菜穂子の右手を村松が持ち、左手を俺が触っていたので、菜穂子は両手が塞がっている状態だったのだが、菜穂子は「えっ?それはダメっ」と言って村松を拒否しようとした。

俺が触っていた菜穂子の左手に力が入って、手で胸をガードしようとするのが分かった。

しかし、繋いでいる手が離れる前に、すぐに村松が

「いいのかな?小島さんが俺らにベタベタ触らせたこと、耕一、頭では許していても、心の奥底では、相当嫌だと思うよ」

「本当に、ただ映画を見てただけってことにするからさ」「耕一も安心すると思うし」

「だから良いよね?」「ね?」と畳み掛ける様に、念を押すように言うと、

菜穂子の腕の力が弱まった。その変化に村松も気づいたのだと思う。

村松は「OKってことでいいんだよね」と言いながら、明らかに、それと分かる手つきで指を動かし、胸をモミモミと揉み始めた。

俺はそれを見て、マジかよ!と思い。「俺も俺も、、」と、もう片方の胸を遠慮がちに触ってみた。

そして菜穂子が抵抗する素振りを見せないのを確認してから、俺も少し無遠慮に揉んでみた。

正直、堪らなかった。生まれて初めて女の胸を揉んだ。それが、あの小島菜穂子の胸なのだから、夢のような話だった。

実際には、その時はブラジャーの感触程度しか分からなかったのだが、

中学時代ずっと憧れていた菜穂子の胸を自由に触ってると思うと、異常な興奮状態になった。

すぐに庄司も「ずるぃい」と言って触ろうとしてきたので、話し合って、1人づつ順番に菜穂子の後ろに回って、後ろから抱きしめるように

両胸を揉むことにした。

俺は、まず、菜穂子を目で堪能することにした。

1番手の村松に胸を揉ませながら、可愛いい顔を赤らめている菜穂子の姿を正面からじっくり観賞した。

そして、自分の番になると思う存分、菜穂子を揉み捲くった。胸だけでなく脇腹の辺りや首筋なども自由に撫で回した。

恥ずかしい話だが、これだけで俺はパンツの中に射精してしまった。







出典:2ch

リンク:2ch


告白体験談関連タグ



【初体験】あの頃に戻りたい改変(2) 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年10月31日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ