相互リンク先の更新情報!

【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた6 【告白体験談】

カテゴリー:近親相姦告白体験談
tag:


この前のポルチオを刺激するセックスを体験して、母の美佐恵は俺のチンポに狂ってしまった。



俺は、母と結ばれたことが本当に嬉しくて夢のようだったのだが、今の生活はさすがに乱れすぎているのではないかと思うほどだった。





母は、セックスのことしか考えていないような感じになってしまっていて、朝は母のフェラチオで起きるのが日課だった。

前の晩も2回も3回も母とセックスしているので、疲れ切っていてフェラをされても起きない時もある。





そんな時は、母に騎乗位をされた状態で目を覚ます。

この日も、揺れている感覚の中で目が覚めた。

すると、全裸の母が、俺の上で熱心に腰を振っている。

「あっ、おはよう、、、 コウちゃん、、、 先に頂いてるねっ!  んんっ! だめぇ、、、 コウちゃんのおちんぽ、凄すぎるからぁ、、、 あぁ、、」

「美佐ちゃん、昨日も何回もしたのに、まだ足りないの?」

俺があきれて言うと、




「だってぇ、、 あ、くぅあ、、 こんなの知らなかったから、、、  こんな気持ち良いの知っちゃったら、、、  もうダメだよ、、、  コウちゃん、 お願い、、、 後ろから、、、 壊してぇ、、、、」



そう言ってチンポを抜くと、四つん這いになって自分でアソコを広げる。

俺に言われて、ツルツルに剃り上げたアソコが、パックリと広がっている。



「美佐ちゃん、毛がないから子供みたいだね。」

「恥ずかしいよぉ、、、 言わないで! コウちゃんがさせたんじゃん!」



恥ずかしそうに言う。見られて意識して力が入ったのか、アソコがパクパク動く。



すると、白い液体が流れ出てきた。

「あ、、、 昨日のコウちゃんの、出てきちゃった、、、」

モジモジと、恥ずかしそうに母が言う。



昨日の夜も、結局2回中に出した。

まったく避妊はしていない。

俺は母を妊娠させたいと思っているし、母もそれを望んでくれていると思っている。



流れ出た俺の精子を手にぬぐうと、それをペロッと舐めて

「コウちゃんの美味しいw」

そう言って笑顔になる。



俺はたまらなくなって、言われた通りバックではめる。

寝起きなので体がフラフラするが、最初からガンガン突き始める。



「おおおお、、、あっ!! すごいぃ、、、 コウちゃんのおチンポ、、、 えぐれちゃう、、、 あぁ、、 だ、めぇ、、、  奥、、奥が、、、 子宮がコウちゃん欲しがってるよぉ、、 あぁ、、、 ママの子宮壊してぇっ! ぐぅあぁ、、 おおおおおおお、おぉぉぉ、、、 あ、がぁ、、、、ああああああああああ、ぁぁぁ、、、、」

母は、バックで突かれるとすぐに獣のようになる。



そして、ガンガン突いていると、チンポに当たる中の感触が変わってくる。

子宮がかなり降りてきてるのがわかる。



そして、俺は動きを変える。

一番奥まで差し込んで、痛いくらいに子宮口に押しつける。

「がっ! はぁあっ! そこ、、ダメ、、、イク、、、」

体をのけ反らせて、クッションを全力で握りしめている。





俺は、微妙に位置を変えながら、ポルチオ性感を探る。



すると、また亀頭がヌルンという不思議な感触とともに締め付けられた。

子宮口横の、母の秘密のスポットに入り込んだようだ。

「イグぅぅぅぅぅーーーー!! あああああああああーーーーーーーーーーーっ!!! おお、あああぁぁぁ、、、、、  おチンポイグっ! おチンポイッちゃうぅ! はぁぁあ、、、ひぃっ! ひぃぃぃーーーー!! イクイクイクイク!!! 」

半狂乱で喘ぎっぱなしだ。



ここまで声がデカいと、朝という事もあり近所の目が気になる。

俺は、母を正常位の体勢にすると、キスをして口をふさぐ。

母は、とろーーんとした焦点の定まらないような目をして、だらしなく口を開けていたが、俺がキスをすると狂ったように舌を突っ込んできて、舌を絡めた。





口をふさいだので、安心して母を仕留めにかかる。

母の秘密のスポットに入れっぱなしのチンポを、ゆっくり抜いて、またゆっくりとスポットに差し込んでいく。

もう、母の狂うスポットの場所は完全に把握した。

昨日までは、スポットから抜いてしまうと場所が一瞬わからなくなるので、入れっぱなしで押しつけるような動きだけで責めていたが、今は抜き差しして責めている。



「ごぁぁっ! 抜く、と、、、 あぁ、、 引きづり出され、、る、、、 ガ、はぁっ! これ、ダメだよ、、、 コウちゃん、、 ママ、狂っちゃうよ、、、  あぁ、、、 こんな、、もう、、、戻れない、、、  あぁ、、、 コウ、、、 愛してるぅ、、  は、ひぃんん、、 もう、イキすぎて、頭しびれてきたよぉ、、、」





俺は、愛してるの言葉に異常に興奮して、抜き差しを早める。

母は、電気ショックでも流されたように、ビクンビクンと大きく体を跳ねさせている。



「おおおおおお、、、ごぅぅ、あ、ああ、、、 死、、にゅ、、、う、、、  あがが、あ、あぁあ、あ」

焦点がずれまくったイキすぎた目をしながら、ビチョビチョビチョっとおしっこを漏らし始めた。

母とのセックスは、必ずこうなるので、今ではシーツの下に吸水シートと防水パッドを敷いている。





こうなってしまうと、母は半失神状態で、アソコも弛緩して緩む。

それでも、こんな状態になるまでイキまくってくれた母を見て、俺の興奮もMAXになり、グッタリしてリアクションが薄くなった母にそのまま中出しをした。



「あ、あ、ああ、、 う、あぁぁ、、、  で、、て、、、る、、  コウちゃん、、、の、、、」

うわごとのように言う母。





ビチャビチャになったベッド、、、  だらしなく半開きの口でとろけた母。アソコはぱっくりと大きな穴が空いていて、俺の精子が大量に流れ出ている。

昨日は朝に1回、夕方に1回、夜に2回の合計4発も射精している。それでもこんなに大量に出るのは不思議としか言えない。

ただ、母は食事にカキや牛肉、レバーなど亜鉛が豊富なものをよく出す。母が買ってきたエビオス錠というサプリメントも勧められて飲んでいる。このサプリは、ネットで調べると胃腸薬という側面の他に、精子の量が増えるという効果があるそうだ。

母は、俺とたくさんするためにそうしてくれているのだろうか?





グッタリする母をシーツの濡れていないところに移動して布団を掛ける。

時計を見ると、今日も遅刻だ、、、





慌てて用意をして、失神している母を尻目に猛ダッシュする。





そして学校での時間を過ごす。

タケシと昼食を食べながら馬鹿話をする。

タケシは、あれからしばらくは、しつこく俺が留守の時はいつか探ろうとしていたが、最近はあきらめた。と言うか、彼女が出来たので、母を抱きたいという欲望が薄れたのだと思う。



そして、学校が終わると、急いで家に帰ろうとする。

そこで友人に声をかけられた。

最近、急に仲良くなったアキラだ。仲良くなった理由は、単純にモンハンだ。

アキラの狩友の真希と3人で狩りに行くことが多くなっていた。

アキラは、内向的な感じだが、見た目は普通だ。普通と言うよりは、イケメンに分類されてもおかしくない感じだ。ただ、周知のオタクなので女にはもてない。



真希は、後藤真希によく似た、少しヤンキーが入った感じの子だ。

美人なのに、いつも退廃的な感じで覇気がない。

友人もほぼゼロのようで、俺たちと狩りをしているとき以外は、独りで本を読んだりしている。

ただ、狩りの時は笑顔も見せるし、よくしゃべる。そのギャップが面白い。



アキラは真希に惚れているのが丸わかりだ。

そして、真希もモンハンが異常に上手いアキラを、頼りになるパートナーと思っている感じだ。

黙って二人で歩いていると、美男美女のカップルに見える。



そして、これは仲良くなってから知ったのだが、真希はコスプレも好きらしい。

色々なイベントにも行っているらしい。確かに、ネットで調べると真希のコスプレ姿の写真がアップされているのが確認出来た。スレッドの流れを追うと、真希は絶賛されている。コスチュームも気合いが入っているし、何よりも美人だからだと思う。





そして、最近ではアキラも付き合わされているようで、ペアでのコスプレをしているらしい。





声がかかった内容は、当然モンハンだ。

俺は、母と過ごしたい気持ちも強かったが、昨日から5発も射精しているので少し疲れてもいた。



俺は、OKと言って、俺の家でやることになった。





家までの道のり、ほぼモンハンの話しかしなかったが

「アキラと真希は、付き合ってるんだよね?」

直球で聞いた。

真希は、今時の女子高生の格好で、スカートが短い。そして美少女なので、見ていてちょっとムラムラする。



「え?何で?どうしたの?」

アキラは動揺してキョドるが、真希はクールに

「そうだよ。付き合ってるよ。」

そう答えた。アキラは、メチャメチャ嬉しそうだ。どうも、アキラは付き合っているという確証を持てずにいたらしい。





すると、真希がアキラの手を握る。

仲良く手を握って歩く二人。



「コウスケはどうなの?彩花、コウスケに惚れてるでしょ?」

真希が素っ気なく言う。



「え?それって、なんで知ってるの?」

俺が動揺して聞く。



「わかるだろw 誰でも知ってるよ。」

アキラが言う。



俺は、彩花に惚れられているということは、俺しか知らないと思っていた、、、 なんか、恥ずかしい、、、



だが、この前の映画を断って以来、ちょっと壁が出来た気がする。



「あぁ、、うん、、、 俺さ、狙ってる人いるから。」





「へぇ、そうなんだ?その言い方だと、先輩?年上だよね?」

真希が珍しく食いつく。



「あ、うん、、、 まあ、そうだよ。」

「同じ学校?誰?誰?」

真希の意外な一面を見た気になった。



俺は、はぐらかしながら家に着いた。





そして、ドアを開けると

「コウちゃん!お帰り!」

と、母が駆け寄ってくる。

生足が丸見えの白のホットパンツに、ヘソが微妙に見えるくらいの丈のキャミソールを着ている。



しまった、、、 友達が来ることをメールし忘れた、、、 彩花の話で動揺したからだ、、、



母は、いつも俺を出迎えるときのような、セクシーな格好だ。

だが、不幸中の幸いで、まだましな格好だった。



いつもは

裸エプロン、レースクィーン、メイド、女子高生、ボディコン、極小水着の時もある。

そんなのを見られたら、アウトだった。



「初めまして、お邪魔します!」

アキラが元気な声で挨拶をする。だが、母の格好を見てドギマギとして目をそらす。

「こんにちは、お母さん、可愛い格好ですね。」

真希が少し驚いた顔で言う。



母は、俺以外に2人いるとわかると、挙動不審になる。

「あ、こ、こんにちは。 今日は、暑いから、 ごめんなさいね、こんな見苦しい格好で、、、」

そう言うと、慌ててキッチンの方に行った。





俺は、動揺しつつも、もっとヤバい格好じゃなくて良かったとホッとしながら、リビングに入る。



そして3人で狩り始める。

あっという間に時間が経っていく。





すると、母から声がかかる。

「コウちゃん、ゴメンね、ちょっとだけ手伝ってくれる?」

そう言ってリビングに入ってきた母は、よそ行きの普通の格好に着替えていた。



俺は、二人に声をかけて少し抜ける。





母に

「何?力仕事?」

等と言いながら、あとをついて行く。





すると、寝室に入った。

「ねぇ、こうちゃん、、、、 あの子、  真希ちゃん? 凄く可愛い子だね、、、」

考えてみれば、家に女友達を連れてくるのは初めてだ。



母は、思い切り落ち込んだ感じだ。



「どうしたの、美佐ちゃん? 心配してるの?w」

俺が、母にニヤニヤしながら言う。本当に可愛いなぁと思う。



「心配に決まってるよ、、、  可愛い子だし、、、  若いから、、、」

母は、ほとんど泣きそうな顔をしている。



俺は、母がこんなに俺に夢中になってくれていることに軽く感動をしながら

「あの二人、付き合ってるから。心配ないよw ていうか、俺のこと信じてよw」

いじめすぎるのも良くないと思い、安心させる。

「ホント? ゴメンね、、、 疑うとかじゃないんだけど、、、」

母は、まだテンションが低い。

可愛い格好で俺のことを待っていたら、俺が女の子を連れてきたのだから、テンションが下がるのも無理もない。



「俺こそゴメンね、、、」

申し訳なくなり謝ると、



「コウちゃん、今して。すぐに、今ここでして!」

そう言うと、スカートをまくり上げる。すると、下着をはいていない母のアソコが丸見えになる。

パイパンでそこだけ見ると子供みたいだ。



「え?だって、友達いるし、、、」

俺が動揺して言うと

「不安だよぉ、、、 お願い、、、 してくれなきゃ、不安でダメだもん、、、」

本当に不安そうだ。



俺は、母のその姿と、俺を想う気持ちに嬉しくなる。





そして、ズボンとパンツを膝まで下ろして、ギンギンにいきり立ったチンポを、すぐに挿入した。



立ちバックの姿勢ではめられると、母はスタンガンでも押し当てられたようにビクンとなる。

友達もいるので、腰をそっと動かすが、それでも母はたまらないようだ。

振り返り、俺の目を見つめる。その目は、潤んでいる。





「ううううーーー  あ、んんっ、、、」

母も、さすがにいつものように獣にはなれずに、声を抑えている。



そうやって、抑えめに腰を振っていると、急に母が腰を動かし始めた。

立ちバックの姿勢で、俺にお尻をぶつけるように動かす。

その動きは、抑えるとか一切考えていない本気の動きで、俺も気持ちよくてスイッチが入ってしまう。

俺もこらえきれずに腰を振ると、母はクッションに顔を押しつけて、クッションを噛んでいる。

そうやって、全力で声を抑えようとしている。



そんな感じで母は全身に力を入れているので、いつもよりも強烈に締まる。



俺がうめき声を漏らしながら、バカみたいに腰を振る。



「ぐううううぅうぅーーー んんんーーーーーーーーー ぐうぅぅーーーーーーーーー!!!」

獣の警戒音のような低いうなり声を上げながら、顔だけ俺を見る。



クッションを噛みながら俺を見る母は、泣きそうな、それでいて嬉しそうな表情に見えた。





そして、俺はあっけなく限界を迎えて、母の中にぶちまけた。

「美佐、イク!愛してる!」

そう言って中にぶちまけると、母の目から一筋涙が流れた。

そのまま母は顔をクシャクシャにしてイッた、、、





「安心した?」

俺が荒い息づかいのまま聞くと

「うん! コウちゃん、愛してる、、、」

そう言って、キスをしてきた。激しく舌を絡め合いながら、愛おしくてたまらない気持ちになった。





そして、俺は慌ててリビングに戻る。

狩りに夢中な二人は、特にコメントもなく熱中している。

俺も混ざり、また狩る。





しばらくすると、母が

「お茶どうぞ。」

そう言って、紅茶とクッキーを出してくれた。





いったん狩りを中断して、テーブルで食べ始めた。

真希が興味深そうに聞く。

「お母さんて、いつもあんな可愛い服なんですか?メチャ似合ってますね。」



母は、顔を赤くして

「いつもはこんな格好だよ。暑いから、昔の服着てただけだよ、、、」

と答える。



「良いなぁ、コウスケのかーちゃんは美人でさ。ウチのかーちゃんなんて、デブでブスだから羨ましいよ!」

アキラも追従する。



母は、顔を赤くして

「そんなことないよ。おばちゃんにそんな事言っても、何も出ないわよw」

そう答えた。



「コウスケが彼女作らないのも、わかるわw これだけ身近に美人がいると、なかなか難しいだろうねw」

アキラがドキッとすることを言う。

「私もやっとわかったよ。コウちゃん、ホモかと思って心配してたよw」

真希が珍しく冗談を言う。イヤ、本気か?



そんな感じで楽しくお茶をする。

だが俺は、いたずら心が芽生える。



テーブルの真正面に母がいるので、テーブルの下で足を伸ばしてスカートの中に突っ込む。

母は、一瞬俺の目を見たが、すぐに平然とした感じに戻る。



だが、驚いたことに下着をはいていない。

いきなり、母のアソコの感触が指に来て驚いた。

さっきまではめていたアソコは、当然に濡れたままだ。





俺は、クリトリスを見当をつけて足の親指で触る。

母の目が細くなる。感じているのが伝わる。





「お母さんて、コウスケのお姉さんみたいですよね。若々しくて、肌も綺麗で、、、」

真希が母をほめる。真希は、母のことがかなり気になるようだ。



「ホント?お世辞でも嬉しいなぁ。」

母は嬉しそうにそう言うが、目が熱っぽい。



俺は調子に乗って、足の親指でクリトリスを高速でさする。



「ん、、」

母は、思わず吐息を漏らすが、すぐに

「んんっ!」

と、咳払いをするような感じでごまかした。



そして、

「じゃあ、ごゆっくりね。」

などと言って、キッチンに行った。そして、洗い物や夕食の準備を始めた。





俺たちは、お茶を終えて狩りの続きに入る。



そして、盛り上がったところでトイレに行くと言って中座した。

二人は息の合ったプレイを続けていて、夢中になっている。



俺はキッチンに入ると、かがんだ状態で母のスカートの中に手を入れる。

リビングからは、俺は見えない状態で、母の上半身しか見えていないはずだ。



スカートの中に手を差し入れたが、母はそれを期待していたようで、全く無抵抗だ。

それどころか、多少がに股になって手を動かしやすくしてくれている。





すんなりと俺の指を飲み込むと、キューーと締め付けてくる。

俺は、掻き出すような動きで母のGスポットを責める。



キッチンで腰が砕けそうになりながら、俺の手マンを受け続ける母。

「ん、、 あ、、 く、、」

小さな吐息が漏れる。

リビングの二人は狩りに熱中していて、こちらを見る気配もない。



俺は指を二本に増やして、もっと掻き出すような動きをする。

「あ、ああ、、、 んん、、」

母は、吐息と呼ぶにはセクシー過ぎる声を漏らし始める。



母は、自分の指を噛みながら必死でこらえている。

と、いきなりピューーーと潮を吹いた。

床にビチャビチャと音を立てながら、潮を吹いて体をガクガク震わせる母。



完全にイッたようだ。



すると、母は腰をペタッと床に落として座り込む。

そして、俺の耳元でささやく。



「コウちゃん、もうダメ、、、 我慢できないから、、、」



出典:母親に恋したら、友人に寝取られた

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||||||||||

【近親相姦】母親に恋したら、友人に寝取られた6 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月1日 | 告白体験談カテゴリー:近親相姦告白体験談

このページの先頭へ