相互リンク先の更新情報!

【友達】HENTAIMAN【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


下記はぼくの露出経験談です。

——————————————————————-

露出に興味を持ったのは幼稚園のときです。

当時はもちろん意識はしていませんでしたが,誰も家にいないとき裸になり,テレビ

にお尻をくっつけてテレビの中のお姉さんに見てもらいたいという願望がありました。

小学生になると時々でしたが人気のない公園でよくズボンとパンツをおろしていた程

度で,見られても子供の立ちションとしか見えないものでした。

中学生になると一気に露出の目覚めてしまいました。塾通いをし始めて帰りが夜遅い

ので,「これなら見られない」と途中の雑木林がある小学校で最初の方は少しだけ脱

いでいましたが,2ヶ月程立つと全裸になってオナニーをしていました。小学校の玄

関やグラウンドでドキドキしながら裸で歩いて何度も射精していました。

そして中学1年の3学期頃,夜いつものように全裸でオナニーしながら小学校の周り

を歩いているとばったりと30歳ぐらいの背の高いおじさんに出会ってしまいました。

ぼくは口から心臓が飛び出る程驚いて,何も喋られず逃げることもできないまま立ち

すくんでしまいました。目の前が真っ白になっていき黙っているとおじさんは「お




い,なにしてんだ」と声をかけてきました。何も応えられないぼくにおじさんは「一

体裸でなにしてるんだ」と言うとぼくの腕を掴んで人目につきにくい物影に引っ張り

込みました。ぼくは当時凄く小柄でとても力でどうこうできません,驚いて抵抗もで

きずおとなしくついて行きました。するとおじさんは「裸で歩きながらちんちんこ

すってたんだろ」と言いましたどうやらこのおじさんはさっきからぼくの様子を見て

いたみたいでした。

「見てやるから続けろ」とおじさんは言いましたが,ぼくは怖くて動けずにいると

「ちんぽをこすれって言ってんだろ,殴られたいのか」と脅されました。ぼくは言わ

れるままに縮み上がったまだ毛の生えていないちんちんをこすりました。すぐには大

きくはなりませんでしたが,あんなに怖かったのにしばらくして大きくなりました。

「ぼうずは何歳だ?」

「13です」

「小学生かと思ったけど,変態中学生か」そう言ってぼくのちんちんをじっと見ました。

「人に見られてると気持ちいいんだろ」と声をかけられると確かに凄い快感でした。

「イクときは言うんだぞ」と言われすぐにちんちんの先がぬるぬるになりました。

「自分の手の平に出せよ」とおじさんはちんちんの近くに顔を寄せてきました,する

とあっという間に絶頂感がこみ上げてきて「で,出ます」と言うとすぐ自分の手のな

かで射精してしまいました。信じられないほどの快感で膝がガクガクと震えました。

おじさんは「出したのを舐めろ」と言うと,ぼくは成すがままに手の平に溜まった自

分の精液を舐め取りましたが,飲み込むことはできずにいると「全部きちんと飲むん

だ」と言われ飲み込みました。

まだ怖かったのですが大分落ち着いてきてこれからどうなるんだろうと不安になりま

した。このおじさんがどこかにいってくれない限り帰れそうにありませんでした。ぼ

くは内心必死で開放してくれることを願いましたが,おじさんは自分のズボンを脱ぐ

と「おじさんのも気持ち良くしてくれや」と大きなちんちんを見せてきました。ぼく

はただ早く終って欲しいと思い抵抗する気がなかったので言われるままにおじさんの

ちんちんを握りました。すると「違う,口で咥えるんだ」とぼくの頭を掴むとちんち

んの目の前に持って行きました。

「ほら,早くしゃぶれ」と凄んだ声で言われましたが,ぼくは何を言われているのか

いまいちわからずにいると指でぼくの口を開き,ちんちんをこじ入れてきました。

びっくりしてすぐに口から出そうとしましたが髪の毛を引っ張られ力ずくで咥えさせ

られました。

「きちんとしゃぶらねえとぶん殴るぞ」と何度も言われ,指導されるままにぼくは全

裸のまま舌を使っておじさんのちんちんをしゃぶり続けました。もちろんちんちんを

しゃぶることなんて初めてでしたしそんな願望はありませんでしたが,怖くて言う通

りにするしかありませんでした。おじさんのちんちんはぼくの口の中でとても硬くな

り,そしておじさんの腰の動きが激しくなるとぼくの口の中に射精しました。もちろ

んこれも飲むように言われて必死で飲み込みました。これでやっと終るかもしれない

と思ったのですがすぐにおじさんはぼくに四つんばいになるように言いました。そし

てぼくのお尻を両手で掴んで広げるとお尻の穴を舐めだしました。ぼくは反射的に前

に逃げましたが動くなと言われて素直にお尻をいじられるがままにしました。女の子

にしか興味がありませんでしたが,このとき既にぼくはお尻に興味があり,たまに指

をいれてオナニーすることもありました,そのせいもあってか凄く興奮してちんちん

は硬くなっていました。おじさんは指を激しく出し入れしては舌を入れてきました。

そう何度も繰り返してとうとう指を二本出し入れされました。ぼくは野外で裸のまま

知らない人にお尻をいじられていることに快感を覚えていました。

しばらく二本の指でお尻の穴を広げられていましたがふと終りました。もうこれで終

りだと思い立ちあがろうとしましたがすぐに止められました。そしておじさんは自分

のちんちんをぼくのお尻の穴にあてがってきました。

「力を抜けよ」そういってぼくの中にちんちんを入れてきました。入る瞬間は痛かっ

たのですが,それをすぎると全身の毛が逆立つような気分になりました。拡張された

ぼくのお尻の穴をおじさんのちんちんがメリメリと押し広げて,奥の方まで入ってき

ました。ぼくはまだセックスの仕方をよく知らないまま男同士のセックスをするはめ

になりました。

ぼくは声も出ず膝がガクガクになりおじさんが突きたてるままに,まるで女の子のよ

うにお尻を犯され続けました。さらにおじさんはぼくの硬くなったちんちんを掴んで

こすってきました,すぐにぼくは射精してしまいましたがおじさんはぼくのちんちん

をこすり続けたまま激しく腰を動かしました。そして程なくして「出すぞ,出すぞ」

と言うとおじさんはぼくの中に射精しました。体中が熱くなっているようであまり出

された感覚はありませんでした。おじさんはそのまましばらくぼくのお尻にちんちん

を入れたまま更に広げるように軽く動かしていました。

やっとおじさんのちんちんがお尻から抜かれてぼくはぐったりと草に倒れこみました

が上半身を起こされてまたちんちんを舐めさせられました。

「ちゃんときれいにしろよ」

「もう帰してください」

お尻から空気を漏らしながらそう言いましたがまったく無駄でした。少しして「その

まま口をあけてろ」というとおじさんはちんちんをぼくから離しおしっこをし始めま

した。驚いて顔をそむけましたが凄まれて言われるままに口の中といわず顔,体中に

おしっこを浴びせ掛けられました。くちに入ったおしっこはもちろん飲まされまし

た。すごくしょっぱくて何度もむせ返りました。そこら中にムッとした臭気が立ち込

めました。

ようやくおじさんはズボンをはくとぼくを立たせました。そしておしっこまみれでお

尻からおじさんの精液を垂らしている全裸のぼくを人が通りそうな道の前に連れ出し

ました。

「ここでオナニーしろ」

命令されるままぼくはちんちんをこすりはじめました。ちんちんはすぐに大きくなり

ました。

「毛も生えてねえのに何度も立つんだな変態中学生が」と声をかけられながらぼくは

ますます激しくオナニーを続けました。

「おい変態中学生,ぼくは変態ですって言え」そのおじさんの言葉にぼくはためらい

もせず「ぼくは変態です」と言いうとおじさんは「変態は何するのが好きなんだ」と

聞いてきたのでぼくは少し間の後「裸でオナニーすることです」と返事をしました。

「ほら変態,はやくいけ。出したらちゃんと飲むんだぞ」

ぼくは「いく,いきます,でる」と激しく右手でちんちんをこすり左手で沢山の精液

を受け止めました。

「見せてみろ」と言われて差し出すと「まだこんなに出せるのか変態が,そらお前の

好物だ全部飲め」ぼくはためらわずに一気に自分の精液を口の中に流し込み,手に

残った精液も舐めて飲込みました。

「うまいか?」と言われぼくは「はい」と小さくこたえました。

おじさんはまだぼくを開放してくれません。今度は人気のない所につれて行かれそこ

にある木に手をつくように言われました。

「変態にはお仕置きしないとな」と言うとぼくのお尻を手の平で強く叩き始めまし

た。思わず「痛いです」と言うとおじさんは「変態なんだから痛いわけないだろ,気

持ちいいんだろ,気持ちいいって言え」とさらに叩きつづけます。気持ちいいと答え

ない限り叩かれると思い「気持ちいいです」と何度も叩かれる度に答えました。やっ

と叩かれ終わるとちんちんが大きくなっていました。それを見たおじさんが「お前は

本物のマゾだな」と言いまたズボンをおろしてぼくにしゃぶらせました。おじさんは

ちんちんを口から離したのでぼくはたまらず「もう許してください」と懇願しまし

た。しかし返ってきたこたえは「後ろを向いてケツを広げろ」でした。素直に従い自

分でお尻を広げるとおじさんはちんちんをあてがってまたぼくのお尻を犯しはじめま

した。

「ほら,もう根元まで入っちまった」硬いちんちんが驚くほど楽にぼくの中の奥へと

入ってきます。やせていて小さな体のぼくの中に大きなおじさんのちんちんが突き刺

さり,お尻はもう簡単におじさんのちんちんを受け入れてしっかりと咥えこんでいま

した。気持いいとは感じませんでしたがぼくのちんちんは大きいままでした。そして

おじさんにちんちんを強く握られ痛いはずなのにさらに硬くなっていました。おじさ

んは「凄くしまるぜ」と荒い息遣いでぼくの小さなお尻を突き上げます。ぼくはされ

るがままに木にしがみついてただ早く終ってくれるのを願いました。お尻の穴がめく

り上げられるように何度も何度もちんちんが出たり入ったりしつづけ,ぼくのちんち

んもずっとこすられていました。不意におじさんが動きを止めるとちんちんを入れた

地べたに仰向けになると,ぼくはまたがるようにおじさんの上になりました。

「そのままこっち向け」お尻にちんちんを受け入れたままぼくはおじさんの方を向き

ました。お尻の穴がねじれるような感覚がありました。ちょこんとおじさんに乗っか

るような格好になると何度か突き上げられ「自分で動けよ」と言われゆっくり上下に

動きました。するとすごくちんちんがお尻の穴を出入りする感覚が強く伝わってきま

した。

「もっと早く動け,気持ちいいんだろ。自分のもしっかりしごけよ」おじさんはぼく

のお尻をつねりそう促しました。ぼくはできる限り早く上下に動きながら自分のちん

ちんをこすりました。するとすぐに射精しそうになり「もうでます」と言うと「何が

誰のどこから出るんだ?」と聞いてきました。

「ぼ,ぼくのおちんちんから精子がでます」と答えるともっと大きな声で言えと言わ

れて「ぼくのおちんちんから精子がでます」と人がいたら間違いなく聞えるような大

きな声で言いました。

「出すときはどうするんだった?」

「でますっ」またぼくは何度目かの射精を自分の左手に受け止めました。射精したと

きに強くお尻の穴がしまったのでおじさんも小さくうなりました。

自分の精液を口に近づけると「今度はすぐに飲むんじゃねえぞ,よく味わえ」と言わ

れ口の中にしばらく精液をためて舌を動かしました。

「ケツにちんちん入れながら自分の精子を味わうなんて,もう立派な変態だ。友達に

自慢してやれ」

ごくりと自分の精液を飲込みすごく惨めな気分になりました。でもまた下からちんち

んが突き上げられてぼくもそれに合わせるように上下に動きました。

「お前のケツは最高だ,何度でもいけそうだ」

それからおじさんはいろんな格好でぼくを犯しつづけました。とても長い時間ちんち

んがぼくのお尻をかき回して最後はまたぼくを四つんばいにさせて突きたてました。

「これからずっとヤってやるからな,明日も明後日も。うれしいだろ,返事は?」

「うれしいです」

もうおもちゃのようにもてあそばれていましたが,それでも信じられないことにぼく

のちんちんは硬くなっていました。

おじさんがようやくぼくの中で果てると,この晩の悪夢は終りました。

校舎裏の水道で体を洗うとおじさんは明日もここに来いと言いました。今度はたっぷ

り浣腸して人前でオナニーさせると言っていました。ぼくはその場では「はい」と返

事をしましたが次の日は隠れるようにずっと家にいました。もちろんどんな目にあっ

たかなんて親には言えるはずもなくただいつものように生活しました。それから二度

とその小学校には近づかなくなり,塾帰りはそこを遠回りして急いで帰宅するように

なりました。

でも夜ベットでオナニーをするときはおじさんにされたことを思い出しながら射精し

ていました。そのせいもあって中学時代は控えましたが露出癖は一向になおらず,高

校に入ってからまた露出していました。昼間の誰もいない教室で何度も全裸になって

オナニーしましたし,デパートの試着室でアナルオナニーを夕方は外にあるエレベー

ターの前で全裸になって射精しました。夜中に出歩けるときは住宅街を全裸で歩いて

電話ボックスの中でイキました。浣腸にも興味をもち,大量のお湯を自分に浣腸して

から野外露出もするようになり,他人の玄関で脱糞しながら果てていました。高二の

ときは普通のバイブをアナルに挿してその上から女性のパンティをはき,ブラだけを

身につけて校舎内を散歩しました。この頃はあのおじさんのことを忘れらず,見られ

て誰かに犯されたいという欲望と,見つかったらどうしようというスリルの正反対の

気持ちで露出をどんどんハードにしていきました。

真昼間の公園を全裸で歩いたこともありますし(真昼は食事時で人がいない)高三に

なると学校の男子トイレで浣腸してバイブでアナルに栓をして全裸のまま女子トイレ

に入って脱糞したり,全裸で水飲み場の蛇口をアナルに挿し込み浣腸代わりにしたこ

ともありました。

高校を出てから田舎に引っ越したため,夜中はさらに露出し放題になりました。夜中

に全裸で家を出て1時間程うろつくのも簡単です。ですがここまで簡単になってしま

う(人に見られる危険性がない)と,いままでのぼくの露出経験から比べてまるで興

奮しなくなってしまいました。

今では悪夢だと思えたあの晩の出来事がとても幸福な一時に思えてなりません。


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||||

【友達】HENTAIMAN【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ