相互リンク先の更新情報!

【職場】同じ職場の元彼とH【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


ちょっと長いですけど、投下していいですか?

同じ職場に勤めてる元カレとHしちゃった話なんですけど・・・

すいません。ちょっとPCの調子がおかしくて一晩放置しちゃいました。

それでは・・・

コンコンと軽くノックすると、ドアがさっと開きました。

「どうぞ。」Fくんがあいたドアから顔をのぞかせました。

「ごめんね。夜だしここでいいよ。ピアスちょうだい。」

私は手を差し出しました。

さっきまで、プロジェクトの皆と打ち上げをしていて、Fくんの部屋で4人で飲んでいたのです。

「あのさ、まだ余力ない?」

ピアスの代わりに、Fくんは言いました。

「へ?何の?」意表をつかれてきょとんとする私。

「シャワー浴びたらさ、酔いがさめちゃったんだよね。YもIさんもあんま酒飲まないじゃん。さっき缶ビール買ってきちゃったんだけど、よかったらつきあってくんないかなと思って・・・。」

私は一瞬迷いました。

実は、1年前まで、私とFくんはこっそり付き合っていたんです。




別々のプロジェクトでお互い忙しくなり、すれ違い、結局は彼に他に好きな人が出来て別れてしまいました。

このときは、また同じプロジェクトへ配置になって、お互い知らん顔で仕事上の友人としての付き合いが再開したばかり。私は正直、まだ彼のことが好きだったので・・・(バカですよね)

ちょっとやりにくい気持ちもあったけど、なんとか気持ちに折り合いをつけてたんです。

でも、彼の様子は特に変わったところもなく、本当に一人で飲むのが寂しいだけのように見えました。

まあいいか。友達だもんね。今は・・・

ちょっと複雑な気持ちでしたが、そのままFくんの部屋で3次会を始めることにしました。

ところが、意外なことに、ビールを飲みながら結構話が盛り上がって、ホント久々に楽しい時間になったんです。

隣がYくんの部屋だったので、声はちょっとひそひそ声でしたけど。

酔いもあって、私はFくんについぽろっと言ってしまいました。

「別れたときはもう一生話すこともないと思ってたけど、今日すっごい楽しい。一緒に飲めてよかったぁ。」

Fくんの顔は一瞬曇ったようでした。

「あ・・・ごめん、昔のことなんか持ち出して・・・。私、もう気にしてないし、今まで通り普通にやっていこうね。」

言ってはいけないことを言っちゃったかも。ちょっと緊張して、若干乱れた浴衣の足元なんかを直していると、

いきなりFくんが私を抱きしめてきました。

正座していた私は、勢いで後ろに倒れてしまったのですが、Fくんは横たわった私の顔を胸に押し当てるような感じで、

そのままぎゅっと抱きしめてきました。

懐かしいFくんのにおい。

「・・・Fくん?」

「俺さ・・・実は別れてからずっと、千恵のことばっか思い出してた。

結局例の彼女とも正式につきあってないんだ。

ふとした瞬間に、千恵のいいところを思い出して、

彼女と比べちゃったりしてさ。最低だな俺。

今回は、千恵が仕切るプロジェクトだって聞いてたから、

無理を言って参加させてもらったんだ。

どうしてもやってみたい案件だったって言って」

Fくんは、そこで深く息を吐き、私を抱きしめていた腕をほどき、

倒れた私を起こしてくれました。

「ごめん・・・いきなりこんなこと言われて

びっくりしたろ。明日からはまた普通にやってくし、

仕事で迷惑かけないから。」

Fくんは私に半分背を向け、あぐらをかきました。

「部屋に帰りな。明日も早いしさ。

このままいたら襲っちゃいそうだし・・・って、

またセクハラかな」Fくんは苦笑しました。

その瞬間・・・、

私は、後ろからFくんに抱きついてしまいました。

「ずるい!Fくん・・・」

「!!・・・何が・・・」

「私の気持ちはお構いなしな訳?」

酔ってたのもあって、私は今まで言えなかったことを

次々と言ってしまいました。

会社も辞めようと考えたこと。彼女への嫉妬。

裏切られたショックで、他の人から告白されても

つきあえなかったこと。

でもFくんのことがまだ好きなこと・・・。

私はちょっとべそをかいていました。

ただ、Fくんが自分のことを好き、と言ってくれていたので・・・

何かちょっと気を良くしていました。

Fくんはしばらく土下座したまま私の話を聞いていましたが、

私が一通り話し終わると再び私を抱きしめ、・・・

一瞬迷ったようでしたが、私にキスをしてきました。

懐かしいキス。

口の中に入って来るFくんの舌が、奥までかきまわしていきます。

やわらかい感触。昔と同じ・・・

ぴちゃっ・・・くちゅ、ちゅっ・・・

くちびると舌のたてる音が、部屋に響きます。

昔していた、エッチを少し思い出したりして・・・

私はもうすっかりHな気分になってしまい、

昔のようにFくんに抱かれたくなってきました。

Fくんも同じだったようで、

「千恵・・俺・・・お前が・・・」

「もう何も言わないで。」

私は、今度は自分から、Fくんのくちびるを奪いました。

OKのサインでした。

Fくんは私の手首を両方とも握りしめたまま、

鼻先で浴衣の前をはだけました。

ピンクのブラジャーのカップを、Fくんは口で押し下げ、

乳首をあらわにします。

「あっ・・・恥ずかしいよぉ」

「昔はいっぱい見られてたでしょ?」

「・・・!!」

Fくんは、Hも上手なんですけど、

その最中の軽い言葉攻めが更に私を

どきどきさせるんです。

執拗に乳首をなめたり、唇ではさんだり、

指でじっくりさわさわ、かと思うと

手のひら全体でおっぱいをわしづかみにされたり、

そんなことをしながらFくんは私にささやくんです。

「乳首、立ってきちゃったよ?・・・」

「千恵のおっぱい、変わらないね、

やわらかくておっきくて、コーフンする」

「会社では真面目な顔してるくせに・・・

千恵がこんなにやらしいことしてるの、俺だけが知ってるんだよ」

不思議ですよね。私って、好きな相手だと・・・、

恥ずかしく言葉でいじめられるのが快感なんです。

他の人が見ると、痒くなっちゃうような言葉かもしれないけど。

おっぱいは、興奮してるせいかぴんと張ったようになって・・・

Dカップだからそんなに大きいわけでもないんですけど、

Fくんの手のひらからはみ出てるように見えました。

Fくんは、私の浴衣の帯をほどきはじめました。

「あっ・・・」

私は、反射的に足を閉じ、パンティの前を手で隠しました。

このころには、パンティは大洪水で・・・

自分でもわかるくらい、冷たくなっていました。

彼にすごく濡れちゃっているのを見られたくなかったんです。

Fくんは敏感に気づくと、無理矢理手をどけさせました。

私は手首を固定されて、

身をよじって濡れたパンティを隠そうとしましたが、

すっかり見られてしまいました。

「すご・・・w」

「ぁぁ・・ん、み、見ないで・・・

恥ずかしくて死んじゃうよぉ」

「久しぶりなのに、やっぱ千恵は感じやすいんだね。」

Fくんは耳元でひそひそ囁きます。

あーん、そんな息づかいで囁かれたら・・・私、耳も弱いんです。

「でも、恥ずかしいのはもっとこれからだよ?」

Fくんはほどいた浴衣の紐で、くるくると器用に私の手首を縛ると、

紐の一方をベッドの足に繋ぎました。

(ベッドには、柵がなかったんです)

私はバンザイをしたような格好になりました。

ブラはまだついてましたが、肩ひもがずらされて外れているので、

乳首が出ている状態。パンティは・・・大洪水です。

Fくんは拘束された私の全身をなめまわしはじめました。

耳、首、乳首、背中、ふともも・・・

「あんっ!・・・んっ!・・・はぁ・・・あぁ・・・ん」

部屋に、私のあえぎ声が響きます。

でも・・・こんなに感じてるのに、Fくんはまだ私のパンティを

下ろしてくれないのでした。

「Fくん・・もお・・・限界・・・」

「何が?」

「こんなHな気分にさせて・・・我慢出来ないよ・・・」

Fくんは、私のパンティをまじまじと見ました。「すごいよ」

Fくんは私の足を開くと、パンティの上からちゅっ、ちゅっと・・・

私から出たおつゆを、吸い始めました。

「ええっ・・・だ、だめぇっ!」

「だって、もったいないよ?」

信じられないことに、パンティ越しなのに、ほんとに・・・

吸えるくらい、濡れていたんです。

Fくんは、膣の入り口の回りを、パンティ越しになめ回しました。

「千恵の味する。やべ、ムラムラしてきた」

Fくんはとうとう、

パンティをずらして私のあそこを指で広げました。

舌で、膣の回りを丹念に舐めとります。

ちゅぱ、ちゅぱ、ぴちゃ、ちゅっ。

わざと、音を立てているのが分かりました。

しんとした部屋に恥ずかしい音が響きます。

「ああぁーーん!やっ、も、だめぇーーーっ!」

もう、私はFくんのが欲しくてしょうがなくなってきました。

でも、彼は許してくれないんです。

「じゃ、もっとなめやすいようにしよっか。」

そういうと、

Fくんはびしょびしょのパンティを私の足から抜き取りました。

「すごいなー。こんなに濡れてる」

いいながら、Fくんは手を縛られた私の目の前に、

そのパンティを差し出しました。

パンティは、股間の部分が濡れてきらきら光っていて、

Fくんがさわると糸を引きました。

「エロイ。エロすぎるよ〜w 千恵は相変わらずエッチだな」

私が恥ずかしくなって顔を背けると、Fくんはまた耳元で囁きます。

「こんどは、千恵の一番感じるとこ、舐めちゃおっかな」

そう言うと、Fくんは再び私の足を広げさせました。

私はもうされるがままです。

Fくんは、両手であそこをひろげると、

ひだひだの内側を丁寧に舐め始めました。

あそこに舌を出し入れしたり、膣の下の平らな部分

(ここ、すっごく気持ちイイんです・・・)を舐められて、

私のアソコは小刻みに、ピクピクしちゃっていました。

「はぁ・・・っ!んん・・・・っ!あん、あんっ・・・」

声もかすれてきて、なんかますますエッチな感じに・・・

Fくんは、とうとう指を入れてきました。

すっごく、濡れていたのでするっと奥まで入ります。

Fくんは、2本の指で交互に私の中をかき混ぜました。

「あっ、あっ、やっ、Fくん・・・もうだめ、Fくん・・

入れて?入れてよぉっ!!」

もう、いっちゃいそうで。私は必死にお願いしました。

だって、指なんかじゃなくて、Fくん自身で、イキたかったんです。

Fくんは「しょうがないなあ。」と言いながら、

私の手首を縛っていた紐をほどいてくれました。

そして、手早く浴衣とトランクスを脱ぎ捨てました。

「・・・!」

私は、久々に見るFくんのアソコにびっくりしちゃいました。

すごく・・・、反り返って、ちょっとピクピクしてたんです。

昔より、おっきくなってるみたい・・・。そんなことってあるのかな?

「あんま見ないで。コープンしてるからいつもよりギンギンw」

Fくんは照れ笑いし、

それを見た私はFくんにHなことをしたくてたまらなくなりました。

そういえば、今日はずっとFくんに攻められてばっかりです。

私はFくんの腰をぎゅっと抱いて、

Fくんのおチンチンを胸に挟むような体勢になりました。

ブラはまだ、外してなかったので、谷間はバッチリですw

そして、胸の谷間から顔を出してるFくんの先端をペロッと舐めました。

「あっ!」

意表をつかれてFくんはびっくりしたみたいでしたが、

私はおかまいなしに、濡らした唇でFくんのを触り始めました。

上から下に、丹念に。でも、舌は使いません。さっきの仕返しです。

「うわ・・・、千恵、すごいよ」

ただのアドリブだったけど、結構効いてるみたい。

「我慢出来ない!」

Fくんは、そういうと、私の頭を押さえつけ、おチンチンを

私の口に押し込んできました。やっぱり、すごいおっきくなってる!?

私は必死でのどの奥まで入って来るそれをガードしました。

でも、それがさらにFくんを興奮させたみたい。

Fくんは私を押し倒し、くるりと69の体勢に入れかえました。

私はFくんの顔をまたぐような体勢になり、

Fくんのおチンチンが私の目の前に立ってるような感じです。

Fくんは、私のぐしょぐしょになっているひだひだを軽く舐めると、

今まで攻めてこなかったクリを広げ、濡らした指先で軽くこすりました。

「きゃあ!!」

電気が走ったような快感が走って、腰がぴくん!と跳ねました。

ずっと、ずっと触ってほしかったけど、Fくんはじらしていたんです。

Fくんは、ぐったりした私をよそに、続けてクリを舐め始めました。

強すぎず、弱すぎず・・・、膣の回りを指でなぞったり、

ちょっと指を入れてみたりしながら、絶え間なく

舌がクリを攻めてきます。

「あ・・・っ、はぁ・・・う、やん、Fくん・・・」

Fくんのおチンチンが目の前にあるけど、もう握っているのが精一杯でした。

「そろそろ、入れたくなってきた?」

もう、随分前から入れたかったよぉ・・・と言いたかったけど、

私は力が入らなくて、何度もうなずくしかありませんでした。

Fくんは、私を横たえると、最後に残っていたブラをやさしく外し、

おチンチンを入り口にあてがうと、何度かくるくると先端をこすりつけました。

「行くよ」

そういうと、Fくんはじりじりと体重を乗せ、私に侵入してきました。

「はぁ・・・・っ!!ああん・・・ああっ!!」

思わず大きい声が出ます。Fくんのアソコが、私の中を

自分のかたちに広げながら入ってくるのが、よく分かりました。

「千恵・・・隣の部屋のYに聞こえちゃうよ。」

「だって・・・はぁん、気持ち、よくて・・・声でちゃう・・・」

もう、私は涙目になっていました。すっごくじらされた分、

Fくんに奥まで貫かれて、めちゃめちゃ感じていました。

あそこは、ピクピクしっ放し。もう、すでにいっちゃってるみたいに

なってるんです。

「じゃ、YにはAV見てたってことにしよう。」

そういうと、Fくんは私の奥をかき回し始めました。

ぐちょっ、ぐちゅっ、みちゃっ、くちゅっ、・・・

「あっ、あっ、すごい・・・いいっ・・・Fくん」

2人がこすれ合うエッチな音と、私の声が部屋に響きます。

もう深夜なので、他の部屋は静まり返っているようでした。

Fくんは私の足を目一杯広げ、繋がっている部分を見ていました。

「千恵にささってる。すげえエロい・・・」

「Fくん・・・ぎゅってして・・・」

繋がったまま、上半身を倒してFくんは私を抱きしめてくれました。

そのまま腰をゆっくり、ゆっくり深く沈めます。

この体勢だと、私の奥深くの気持ちいいスポットと、

クリが同時に刺激されて、すっごい気持ちいいんです。

Fくん、覚えててくれたんだ。もうそれだけで、・・・

「千恵・・・イッちゃいそうでしょ?」

「うん・・・」

「じゃ、イクまえにもっと感じてもらおっかな」

そう言うと。Fくんはくるっと体勢を替えました。騎上位で、

片手で私の腰を押さえつけ、片手でおっぱいをわしづかみにしました。

そのまま下から、激しく腰を動かします。

「あぁーーーっ!!」

もう、叫んでるのに近い声が出てしまって・・・

Fくんのヘアが、クリに擦れて・・・乳首もいじられて、あそこも・・・

トリプルで気持ちよすぎて、もう・・・

「だめぇ・・Fくん、いっちゃう・・・いっちゃうよぉ・・・」

「まだだめ!」

言うと、Fくんはおチンチンを抜いてしまいました。Fくんのヘアと、

おチンチンが私のおつゆでてらてら光って、すごくいやらしい光景でした。

「こんなとこまで濡れてる・・・」

Fくんも、それを見てさらに興奮したみたいでした。

私はうつぶせにされて、足を開かされました。

Fくんが後ろからのしかかるようにして再び私に入ってきます。

「んん・・・っ!はぁん・・・ああん。。。」

Fくんは私に腕を曲げさせ、布団との間に隙間をつくると、

そのあいだから手を入れておっぱいを触り始めました。

背中は、ぴったりFくんとくっついていて、すごい密着感。

もう、私の頭の中は、まっしろです。

しばらくくっつきながら、ねっとり腰を動かしたあと、

Fくんは、私の腰の下に手を入れ、くいっと腰を引き上げて、

バックの体勢になりました。「いっぱい、しちゃうよ?」

Fくんは私の腰をがっちりつかんで、激しくピストンし始めました。

ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ、ぱんっ・・・

リズミカルにFくんが腰を打ち付けるたびに、

私のアソコが

ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、ぐちゅっ、・・・

といやらしい音を立てます。

私はもう体に力が入らず、猫が背伸びをしているような状態で、

Fくんにされるがままです。

Fくんは手を伸ばし、私のクリを触り始めました。

「クリ、すっごい固くなってる」

私は、今度こそほんとにもう、イク寸前でした。

「も・・もう・・・Fく・・・ダメ・・・」

「じゃ、千恵の大好きな体位でイカせてあげるね」

Fくんは、またおチンチンを抜くと、正常位で再び挿入しました。

上半身をぎゅっと抱きしめ、ゆっくり深く、

奥を擦るようにピストンします。

「あぁ・・・Fくん・・・もう我慢できないよお・・・」

「いいよ。千恵、イッて!」

「あっ、あっ、あああ・・・はぁっ、ああん・・・!!」

アソコと体全体ががぴくっ・・・ぴくっ・・・と、

小刻みに激しくケイレンしました。

Fくんとは、何度も体を重ねたけど、こんなのは、このときが初めて。

Fくんは、私が少し落ち着くと、再び激しくピストンをし始め、

しばらくしたあと、私の中でイッてくれました。

あとで抜いたら、尋常じゃない量のアレが出てきて・・・

Fくんは「ためてたわけじゃないけど・・・」「千恵のじゃない?」

って恥ずかしがりながら、

私のぐちょぐちょになったアソコを丁寧に拭いてくれました。

ちなみに・・・隣の部屋で寝てたYくんですが、すっかり一部始終を聞いていたみたいで・・・しかも、Iちゃん(一緒に仕事してた同期)と。

どうも、酔っちゃったからもう部屋に帰るね、というのは口実で

2人だけになりたいための言い訳だったみたいです。

(私がFくんの名を連呼していたので、AVだという言い訳は、

通用しませんでした・・・ああ、恥ずかしい。。。)

YくんとIちゃんも、どうやらあの晩エッチしてたみたいです・・・w

私の話はここまでです。

支援して頂いた方、ありがとうございました。

あと、私のネカマ疑惑があるようですけど

「パンティ」は確かに日頃使わないですねw

Fくんとはよく

「はみパン」(はみでちゃうパンツ=Tバックのこと)

「エロパン」(エッチなデザインのパンツ) とか言ってます。

でも、エッチのときに「パンティ」って言うと、

すっごくエッチい気分になるので、おすすめですよw


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【職場】同じ職場の元彼とH【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月4日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ