相互リンク先の更新情報!

【友達】山の中で・・・2【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


オッサンは、ペニスを抜くと、沙季は唾液を垂らしながら、吐きそうに苦しんでいた。

そして、休む暇もなく差し込む。

オッサンは、これを数回続けると、やっとペニスを引き抜いた。

沙季は涙を流し、胃液を垂らしながら、四つん這いに崩れた。

オッサンは

「彼氏が助けに来ないな」

と、少しニヤけた。

オッサンの言う通りだった。あまりの鬼畜な行動に、沙季の姿を見たら、恐ろしくて動けなかった。

オッサンは沙季の髪を引っ張り、顔を上げさせると、唇に吸い付いた。

「んっ・・ んあっ」 沙季の口をこじあけ、口内を舐め回し、唾液を流し込んだ。

野生のような接吻がおわると、沙季を立たせ、木にもたれさせると、Tシャツを捲りあげ、沙季の乳房を舐め始めた。

沙季は、フラフラになりながらも、手を伸ばし、オッサンを放そうとするが、力が及ばなかった。

オッサンは、散々乳房を犯すと、沙季を後ろ向きにかえると、ミニスカートを捲り、パンティーを一気に降ろした。

沙季は、木に手をついた状態なので、抵抗はできない。

「やっ・・いやー」




オッサンは、片手で沙季の腰を押さえると、指に唾液をつけ、少しづつ中に入れていく。沙季は、必死に片手を伸ばし、抵抗をするが、オッサンは容赦なく


告白体験談関連タグ

||||||||

【友達】山の中で・・・2【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月4日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ