相互リンク先の更新情報!

【人妻・熟女】続・妻の生脚に・・・【告白体験談】

カテゴリー:人妻との告白体験談
tag:


妻の生脚写真やフェラ写真を見て興奮した私はもし目の前で妻が他人の肉棒をオマンコにぶち込まれている姿を見ると

どうなってしまうんだろうと思いました・・・

この前は友人の1人が1活してフェラまでだけで終わったらしいのですが・・・

私は〇ixiのサークル仲間の3人に連絡を取りました

AさんBさんCさんです其の3人が以前妻に悪戯した3人です

A「この前はすいませんでした奥さん綺麗だったから・・」

私「良いんですよ写真送って貰ったし私も興奮しました」

A「それにしても奥さんスタイル良いですね羨ましい」

私「いえいえ、それよりお願いが有るんですが・・」

A「え・何ですか?」

私「BさんCさん交えて妻を3人で廻しませんか?」

A「それはどういう事ですか?」

私はAさんに妻を寝取られてみたいと申し出ましたAさんは

2つ返事でOKしてくれましたBさんとCさんも呼んでくれるそうです・・・妻に正直に他人に抱かれて欲しいと言っても無理なので私は妻のビールに睡眠薬を混ぜて昏睡状態にしていました・・・準備万端です

因みに妻の服装は下はホットパンツに生脚で上はブラ無しの




Tシャッのみです・・・今年の夏は暑いのと自宅なので妻は

軽装です・・・妻と結婚して14年目です妻は処女でしたので

今まで不倫して無ければ私の肉棒しかまだ挿入されていない筈ですので今日で初めて他人の肉棒を味わう事に成ります

意識の無い昏睡状態ですが・・・・

3人が私の家に来ました・・・

妻がリビングの床で大の字で寝ています

A「奥さん寝ていますね?」

私「好きに遊んで下さい玩具ですから・・・」

B「本当に良いんですか?」

私「ダッチワイフ扱いしても良いですよ起こさなければ」

C「中出ししても良いんですか」

私「良いですよアソコいろんな物挿入してください」

私は中出しまでOKしていますが妻の排卵期を知っているので安全日だと解っているので平気でした・・・

3人はジャンケンをして順番を決めていました・・・

私は興奮しましたいくら意識が無く無防備だからと言っても

愛する妻の肉体を他人の男に好きにさせるのだから・・・

罪の意識と嫉妬心と言い様の無い興奮感が僕のチンポを

ビンビンに硬直させていました私はカメラを持つ手が震えています・・・

まずBさんが妻に触りだしました・・・

妻の服を脱がせていますB「うわー肌も綺麗し、たまらんなー」とか言いながら妻を全裸にしていきました・・

私はパンティーが脱がす時片足に掛けたままにしておいて

と言いました其れの方がレイプ感が有って興奮しました

妻が片足に下着を付けたまま全裸で大の字で寝ています

大股開きです・・皆写真を撮っていました・・・

Bさんが妻にキスをしていますが妻は無反応です・・

次は胸を揉んで乳首を噛んだりしていますがまだ無反応です

小陰唇のビラ肉を摘んだりしゃぶったりしていました

Bさんは妻のアソコにジュースの小瓶を挿入しています・・

次はキュウリや茄を挿入していましたまるでビデオの

女性器マニアそのものの内容でした・・

B「指クスコしますよー」と言いました

Bさんが両手の指2本ずつを使用してグバァと膣口を拡げて見せています・・AさんもCさんも撮影していました

B「之じゃ見難いですねクスコ拡張しようか」

B「旦那さん奥さんのアソコの中身見た事有ります?」

私は勿論無いと答えました実は見てみたいと思っていました

B「拡げすぎると筋が切れて締りが悪く成ったり膣口が開いたままに成る女性がいますがいいですか?」

私は全開まで拡げても構いませんと言ってしまいました

Cさんが持ってきた大き目のクスコを使用する事にしました

Aさんが妻の脚を持ってM字開脚の形にしました

Bさんがローションをクスコに塗っていました用意が良いですCさんがハンディカメラで妻を撮影しています・・・

私は「ネットに流すなら顔モザイクはお願いしますよ」

と念を押しました・・・

Cさんはマニアみたいです自分の妻やSEXの動画を

投稿しているようです・・

Cさんがカメラに向かって言いました

「之から美人人妻の子宮口を撮影しますお楽しみ下さい」

私も妻の子宮口など見た事有りませんこの時点で私は興奮と

期待で先走り汁でブリーフを濡らしています・・・

Aさんがクスコを妻のアソコ挿入しています・・・

ローションのお陰でズポッと簡単に挿入出来てしまいました・・・

「キリキリ・キリキリ」と拡げるネジが巻かれています

最大まで拡げられました・・妻の内臓が見えています

凄い光景でした妻の膣口は大型クスコでガパァと7cmぐらい

丸く拡げられていますライトで中身を照らしてみます

ピンク色のヒダヒダ肉が有りました焼肉のてっちゃん

みたいでした其の奥に薄い紫色のプクッとした丸い亀頭に

似た子宮頸部が露に成って少し前に押し出されていす・・・指で届く所まで金具で押し出されていましたピクピク蠢いてなんだか芋虫みたいです更に子宮口の穴から白い淫な汁が垂れていました・・・エログロでした・・・

私は妻の内臓を写真に収めました・・・

B「旦那さん奥さんの子宮で遊んで良いですか?」

A「綺麗な奥さんは内臓も綺麗だー」

C「コリコリで遊びましょう」

僕は不安に成りながらも良いですと答えました・・・

Bさんがガラス棒を妻の子宮口に挿入しだしました・・

私はビックリして「そんな事して大丈夫ですか?」

B「大丈夫ですよ妻にもしています」と言いました

BさんもCさんも妻の子宮頸部のコリコリな所を

指で穿っています更に子宮口に指を挿入していました・・

妻が「う・・うん・・」少し反応しました起きると思い

クスコは抜きました薬が切れるとまずいので時間を考えて

3人まとめて悪戯する事にしました・・・

Bさんが肉棒を妻の口に捻じ込んでいます・・・

Aさんが妻の乳房を舐めています・・・

Cさんが妻のオマンコに指マンしています

私は夢中でシャッターを切りました・・・

いよいよ挿入です・・・

Bさんのチンポが妻の膣口にあてがわれています

とうとう寝取られの瞬間です・・・「ズブ・ズブ・ズブ」

B「おおー気持ち良いーこの奥さん最高」

他人の肉棒が愛する妻のオマンコにゆっくりと挿入されました・・・この時点で私はブリーフの中で既に射精していましたが、まだチンポはビンビンでした・・・

B「奥さんのオマンコ凄い締まり良い」

そうです私の妻は名器です私が今まで交際した女性の中では一番でしただから妻を選んだのです

Bさんはゆっくり浅く半分ぐらい挿入しています私はBさん

に奥まで激しくピストンして掻き回して下さいよと言いました・・・

B「いえ締まり良すぎて実はもう逝きそうなんですよ」

そのまま中出し良いですよ私が言うと・・・

Bさんはあっと言う間に射精してしまいました・・・

Bさんのチンポが妻から抜けました2秒後ドロッと白濁液が

流れて来ました先程のクスコ拡張で膣口が開いたままでした

次はAさんが妻に挿入していました・・・

A「これはミミズ千匹だよ名器だよ」と言いながら

ピストンしていました3分ぐらいで射精していました・・

最後はCさんですが私はCさんの一物を見てビックリしました・・・それは長さ20cm太さ5cmの巨根でした・・・

AさんもBさんもビックリしています・・・

Cさんの物が妻の膣口にあてがわれました

其の写真を撮りました・・・

私はCさんに根元まで挿入出来ますか?

C「うーん女性器は伸びますからね僕の妻で三分の二ぐらいですね無理矢理押し込めば根元まで挿入出来るかも」

私はどうしても根元までの写真が撮りたいので少し悩みました・・・

C「僕の妻は押し込んだ時痛がったので止めましたがまだ

  挿りそうでしたよどうします?」

良いですよ根元まで痞えるまで挿入してください妻が起きる

ようなら止めてください・・・

「ズブ・ズブ・ズブ」と太い肉棒が妻に沈んで行きました

C「奥に痞えました子宮頸部に当たっていますこれで

   三分の二です」

見てみると14cm位挿入されていました

奥まで打ち込んで下さいと言いました

C「挿れますよ奥までどうなっても知りませんよー」

妻が「うん・うんうん」と体を動かしました無意識ながら

   未知の大きさの男性器に体が反応しています

Cさんの物が妻の子宮頸部を押し上げて更に奥まで侵入して来たのです反応して当たり前でしょう・・・

C「旦那さん根元まで挿入出来ましたそれにしても締まり良いです僕のチンポギュウギュウ締め付けています」

妻が起きてもいいから激しくピストンしてください

C「奥さんのおまんこメッチャ気持ち良いー根元まで挿ってるよー奥さんクリトリスも大きく成ってるよ」

Cさんも気持ち良いのか解りませんが妻に向かって話しかけていましたふと妻を見ると女性器の芽が枝豆大に成っていました・・・

C「ウワー奥さんの奥に当たる子宮に当たるー」

C「ウワー奥さんのメッチャ奥まで挿ってる・・」

Cさんがそんな事を叫びながら20cmの肉棒を妻のオマンコから抜いたり挿入したりしています「ズブズブズブ・ズブズブズブ」と長いストロークで妻を犯しています・・・

C「奥さんのオマンコ厭らしいわー内の嫁でもこんなに挿らんのにこんな奥まで咥え込んで・・・」

Cさんも妻の名器さと奥深さに興奮して我を忘れて叫んでいます・・・当然撮影しています・・・

C「ウワー奥さんの子宮口にチンポ当たってる奥まで・・」

 「アッ・逝く中で出すよ奥さん・・・ウッ・・」

Cさんが妻の奥深い所で射精しました5秒ぐらいしています

Cさんの巨根が妻から抜けると同時にボタッボタッと床に

音をたてて精液が膣口からこぼれて来ました

次は僕が挿入しました簡単にヌルッと挿入出来ました

皆の精液で膣内はぬるぬるでした物の1分ぐらいで妻の中で

果ててしまいました・・・皆帰りました・・・

妻が起きました「SEXした?」

私「うん起きないし寝てたけどそのまました・・・」

妻「中に出したの?アソコ痛いけど?」

私「うん今日は興奮して何時もより大きくなったかも」

妻「そうなんだ」

少しお馬鹿な妻ですがこんな感じだから不倫はしていないと

思いますが之で妻の女性器は実際に私以外の男性器を3本

受け入れた事と成りましたそれも中出しで・・・

少し気に成るのが最近妻とSEXしていて膣口辺りの

挿入感が少し緩く成ったのと妻が言うにはアソコの中身が

何時も見えそうなの病気かな・・・と言いました

そうなんです妻を貸出した後は妻が軽く脚を拡げるだけで

前まで閉じていた膣口が今では何時も1円玉位の大きさの

穴がポッカリ開いていて膣肉が見えています多分クスコ拡張

とCさんの巨根で掻き混ぜられて妻のオマンコは拡張されてたみたいです明らかに緩いですそれでも私は満足ですが!


告白体験談関連タグ

|||||||||||||||||||

【人妻・熟女】続・妻の生脚に・・・【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月7日 | 告白体験談カテゴリー:人妻との告白体験談

このページの先頭へ