相互リンク先の更新情報!

【姉】姉とアナルファックした時の話をしよう 【告白体験談】

カテゴリー:姉との告白体験談
tag:


当時の俺は中2

姉は高2



俺は出来が悪く不真面目で

県内有数の進学校に通ってる姉といつも比べられていた



親戚一同に毎回姉の話をされ、

俺は姉と比べられて詰られていた

俺はそれが嫌でしょうがなかったし、

そのせいにはしたくないが少し荒れていた



そんな俺にいつも優しくしてくれていたのが姉だった

姉と比べられるのは嫌だったが、優しくて出来のいい姉が

大好きだったし、俺の誇りでもあった






俺が悪さをしたときも、姉はいつも俺を慰めてくれたし

怒鳴り散らすだけの両親と違って優しく怒ってくれた



そんな姉にいつしか姉弟以上の感情を抱くようになった



俺は姉の事が異性として好きだったんだとおもう



日常的に姉のパンツでオナニーしてたし、

使用済みナプキンの臭いを嗅いだり

姉がいる脱衣室に全裸で突入したりしてた



ある日姉にオナニーを見られた

幸い姉のパンツは装備してなかったが右手にオナホ

左手にラッシュと言うコンボで姉貴はドン引きだった



その日は気まずくて話せなかったが、

俺の胸は新たな快感で溢れていた



俺は変態なんだとその時初めて気づいた



その日から俺は姉にオナニーを見せつけるようになった

わざわざ姉がいる時にAVを大音量で視聴したり、

部屋のドアを半開きにしてオナニーしたり、

鍵をかけずにトイレでオナニーしたりした



だんだんと姉貴の反応が驚きから

呆れに変わっていくのがわかって、堪らなく興奮した



俺はマゾなんだと、その時初めて気づいた



もっと恥ずかしいところを姉にみてもらいたくて、

エネマグラでセルフアナル調教してるところを見せつけてみた



あとで姉が「私は大人だからそういう世界があることも知ってるし、

恥ずかしいことないよ、でも私に見つからないように

やったほうがいいと思うよ」と言ってくれた



堪らなく興奮した



姉にもっとかまってもらいたい一心で、

姉もののAV、エロゲ、エロ本を買い漁って

部屋の目立つところに散乱させていた



これには姉も戸惑いを隠しきれていなかった



「近親相姦とか好きなの?」と姉が聞いてきた

さすがに部屋にたまった姉ものの数も

半端じゃなくなってきたので無理もない

俺は「うーん…どっちかっていうと姉ちゃんが好きって言うか…

姉ものっていいよね」みたいなことを言ったと思う



姉は「そうなんだ…」とかなんとか納得できてなさそうだった

続けて「ってかこーちゃんは私にオナニー見せてんの?」って聞いてきた



勃起した



俺は興奮と焦りのあまり

意味不明な言動を繰り返していたと思う

最後には「見せてるよ、見せたいもん」とか言ってた



「だって姉ちゃん最近構ってくれないし、寂しいがな…」

とか言ってたと思う 泣きながら



姉は頭撫でたりしてくれた

「ごめんね、寂しかったね」

とか言ってくれた



姉も姉でかなりブラコンだとおもう



こーちゃんって俺な



その日は添い寝してもらった

あの時の姉の匂いは今でも覚えてる

俺と同じシャンプー使ってるはずなのにめちゃくちゃいい匂いした



フル勃起した



ちなみに腕枕してもらいつつ、両手両足で抱きついて寝た



その後、俺は度々姉に添い寝をせがむようになった



ちなみにリアル姉が最強過ぎて

虚しくなったので姉ものは全て処分した



姉に添い寝してもらった次の日はオナニーが捗った

精子の量が尋常じゃなかった



そして添い寝が当たり前になってきた

このときの俺は姉に腕枕してもらうのが生き甲斐だった

学校ちゃんと朝から放課後まで行けば

ご褒美として添い寝をして貰えたので、通学も捗った



そして運命の時がやって来た



姉が寝たことを確認した俺は、

添い寝の体制でのオナニーを敢行した

姉の呼気を胸いっぱいに吸い込み、

髪の匂いを嗅ぎ、唇を舐め、胸に顔を埋めた



テンションは最高潮

布団から出て姉のほっぺや唇にちんこ擦り付けたりしてた



怖いものは何もなかった



途中から姉が起きてるのは気付いてた



「姉ちゃん!姉ちゃん!うぅああぁぁぁ!イク!イク!おっ…おぉっ…!」



さすがに顔射は出来なかった、ちゃんとティッシュに出した

ちなみに姉は確実に起きてた



そんで次の日も、その次の日も、毎日姉の隣でオナニーした



そんで姉がとうとう添い寝を止めようと言い出した

俺は泣きながら反対したが、姉も困っていた



「私も最近寝不足だし、こーちゃんが私のこと好きなのは

うれしいけど良くないと思う」とか言ってた



俺は泣いた

姉は困ってた



結局オナニーはしないということと、

頑張って姉ばなれするという約束で

なんとか添い寝は継続した



その日から添い寝オナニーが出来なくなったので、

寝るまでのあいだずっと姉に勃起ちんこを押し付けてた

姉はいやがってたけど俺は

「オナニー出来ないからしょうがない」って言い張ってた



すると姉は「じゃあ寝る前にオナニーしてから寝なさい」とか言ってた



俺はその日から寝る前のオナニーが日課になった

姉コキより添い寝の方が大事だったから



オカズはもちろん姉だった

姉の枕、姉のシャツ、姉の靴下、パンツ、ブラ、メガネ、歯ブラシ

使えそうなものは全て使った



そしてオカズがなくなった頃

「オカズがないから姉ちゃんオナニー見ててよ」って言ってみた



姉は困っていたが、俺は構うことなくオナニーを始めた

姉の前で正座で開脚したような姿勢になり、ひたすらに体を見せつけた



「姉ちゃん…イクとこ見て…イクとこ見て…」



人生で一番気持ちいいオナニーだった



姉も姉で嫌がりはするが断りはしなかった



そんな状態では変態が調子に乗るのは当然のことで、

一週間後にはオナニーの手伝いをしてくれるようになった

乳首を舐めたり、ちんこに唾を垂らしたり、顔にかけさせてもらったりした



そんなこんなで俺がオナニーするときはお互い半裸になっていた

俺は下半身、姉は上半身裸になり、俺は一心不乱にちんこを扱き、

姉は俺の乳首とか耳を舐めたりしてた



俺は姉に直接してもらいたくてしょうがなかった



なのでイキそうになったとき思いきって

「もうイキそうだから姉ちゃんにイカせて欲しい」って言ってみた

姉はしばらく考えていたが、結局腕枕で

俺を見下ろしながら、手でイカせてくれた



この日のことは一生忘れない



一度そうなってしまったら早いもので、

最初から最後まで姉にしてもらうようになった



座り込んで向かい合い、俺の目をじっと見つめて

自分の唾でべちょべちょのちんこをコキコキしてくれた

俺のあえぎ声とぐちょぐちょと嫌らしい音が

静かに部屋に響いてとてもエロかった



「姉ちゃん…顔…顔にかけさせて…」



「ん……いいよ、出して…」



そんなやり取りが当たり前になっていた



俺の性生活はとても充実していた

姉はフェラまでしてくれるようになったし、イクと言えば

口、顔、胸、太もも、尻、どこにでもかけさせてくれた



ただ姉は俺には触らせてくれなかった



おっぱい揉むまではさせてくれるものの、

肝心の下半身は完全にNGだった



姉が寝てるときちゅーしたり、

おっぱい舐めたり吸ったりしてもなにも言わないが、

ズボンに手を入れようとすると瞬間「起きてるぞー」と言われた



半ば俺の性奴隷のような姉ちゃんが頑なに拒むので、

無理やりやってしまったら

もう抜いてもらえなくなりそうで、怖かった



ある日いつものようにフェラしてもらってる時言ってみた



「姉ちゃん尻コキってしってる?」

「スマタのこと?だめだって、それは」

「スマタじゃないよ!尻コキだよ」

って言って動画を見せた

Yourfilehostだったと思う



「触れてるのはケツだけだよ!これならいいでしょ!?」

とかワケわからないこと言ってた

30分くらい粘ったと思う



「しょーがないなー」

と恥じらいながらパンツを下ろしてくれた



ローションがないので、まず姉のよだれでちんこをどろどろにした



姉の唾でべちょべちょの亀頭を手のひらでにちょにちょされた

俺はこれが大好きだった

気持ちいいのは当然のこと、あっ…とかふっ…とか声が漏れると

姉が「ふふっ、かわいい…」とか言ってくれるから



ちょっと話がそれたが、まぁ天にも昇る気持ちよさだった



それからは毎日尻コキしてもらった

ドンキホーテでローションも買ってきた



ぶっちゃけフェラの方が気持ちいいんだが、

姉の尻を鷲掴みにして腰をふるのが最高にいい気分だった



それから1ヶ月ほど経って、

「アナルだけ」という条件で舐めさせてもらってた

まぁ実際にはそんな条件無いようなもんだったけど、

まんこに指とか入れてたし



んで姉が「そういえばこーちゃんお尻で

オナニーしてたけど、気持ちいいの?」とか聞いてきた



「気持ちいいよ、でも俺のは男性用だし、姉ちゃんには意味ないかも」



「そっか」



「そだ、姉ちゃんのアナル調教させてよ」



「ん…なんで?」



「だってまんこはダメなんだろ?じゃあアナルは?俺もやってみたいし」



「うーん…じゃあやってみる?」



69しながらこういう話してた



その流れで部屋からエネマをとってきて

姉にでアナニーを見せつけた

アナニーレベルは低いので教科書通りのことしか出来ないが、

姉は興味津々で見てた



「指、入るかな」

姉が恐る恐る言った



「入るんじゃないかな、ちょっと直腸洗浄してくる」

ウォッシュレットで洗浄を済ませ、ドンキホーテのローションを

肛門に塗りたくり、ケツを姉に向かってつき出した



「失礼します」



そういって姉が指を入れてきた



膝だけついてうつ伏せになりケツを限界まで上げて

枕を噛みながら姉に肛門をほじくられて

ひぃひぃ言ってる俺は世界一かわいかったと思う



俺の反応だけで性感帯を見抜き執拗に前立腺を

責めてくる姉は今思うと才能があったんだと思う



「こーちゃん…こーちゃんかわいいよ…」

と言われる度に無意識に肛門が締まってしまう

その反応を楽しんでいる姉はやはり俺の女神もとい女王様だ



次の日だったかな

姉の部屋にペニバンがあって愕然とした

俺を掘るためにドンキで買ってきたらしい



この日俺の処女は散った

ちなみにまだ童貞



俺を掘ってる姉はかなりうるさかった



姉の弟愛を見た



「こーちゃん!こーちゃん!

きもちいい!?きもちいぃ!?

きもちいんだねっ!?

かわいいよっ!

これから毎日…っしてあげるからね!!

イッちゃうの!?

イッちゃうんだねっ!!

見せてっ!おねーちゃんにお尻でイクとこ見せてぇっ!!」



って感じだった

少し姉が怖かった



その日から毎日俺は姉のアナルを指でほぐして

→姉がペニバンでガン堀りっていう流れだった



一線を越えてからは寧ろ姉から求めて来るようになって

(掘られるのは俺)なにか吹っ切れたのか逆に心配になった



かくして俺はヤリマン童貞、

姉はヤリチン処女という称号を手にした



俺はすっかり掘られる快感に目覚めてしまって、

姉はタチの素晴らしさに目覚めた



毎日ほぐしてるせいか、姉の肛門は順調に広がっていき、

なんとか指2本ギリギリ入るくらいになった



姉も肛門でイケるようになったし

本格的にアナルファックをしようということになった



俺は童貞卒業+やっと姉とヤれるということで鼻血が出るほど興奮した。



姉も姉でケツの穴までマン汁が垂れてた



正常位でしばらく見つめあって、

ちゅーして「だいすき」って言って、ゆっくり挿入した

姉は苦しそうだったけど、嬉しそうだった

俺はいろんなこと考えすぎたり、無心で腰振ったりよく覚えてない



ただめちゃくちゃ暖かかった、オナホと違って

ヒダヒダや突起はあまりなく、肉の塊で包み込まれてる感覚

根元はきつく締め付けられ、中はふんわり暖かくて

ずるずるでべちょべちょのぐちょぐちょだった



こうして俺は処女と童貞を姉に捧げた



それから姉が大学を卒業するまでずっと俺とセックスしてた



アナルで



今でも盆正月実家に帰る度にセックスしてる



アナルで



姉は大学、院で2〜3人彼氏が出来たが

俺との性生活が満たされてるから性交渉がなく、

別れるはめになるらしい



出典:姉とアナルファックした時の話をしよう

リンク:


告白体験談関連タグ

||||||||||||||||

【姉】姉とアナルファックした時の話をしよう 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月8日 | 告白体験談カテゴリー:姉との告白体験談

このページの先頭へ