相互リンク先の更新情報!

【職場】会社で【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


HP見てて興奮してきちゃったので、初カキコしてみました。27歳のOLです。

 つい最近まで不倫してました。彼は会社の先輩で、9つ上です。

 時間もお金もないのでホテルにはなかなか行けませんが、会社でHなことしまくりです。

 私が仕事の相談をするフリをして彼の横に立つと、彼は真面目な顔のままスカートに手を入れてきます。

 彼の席は部屋の隅で後ろから見られる心配がないので、彼は結構大胆に触ってきます。

 ストッキングは脱ぐか途中までずらしてあります。ショーツの上から私のアソコをなぞるようになでられ、クリを軽くくすぐられます。私はそれだけで感じてしまい、声を出さないように必死です。

 でも、すぐにショーツが湿ってきて、私はもっとして欲しくて足を開きます。すると彼はショーツの横から指を少し入れて、くちゅくちゅとかき回し、いきなり指を奥まで入れてきます。

 私は思わず目をつぶってしまい「んん・・。」と声を漏らしてしまいます。

 彼は「頼んでた資料は?」などと言いながら、さらに激しく指を出し入れします。

 私も「あ、作りましたけどこんなのでいいですか?」とケロッと答えますが、アソコはもうぐちゅぐちゅで彼の指を締め付けて感じまくりです。

 人目があるのでイクことはなく、とりあえずその場は終了。

 でも二人とも興奮していて抑えきれなくなると、3階の倉庫に行って続きを開始。

 私がドアを閉めると、彼は後ろから襲ってきて、首筋に舌を這わせながら制服の上からおっぱいをもみもみ。

「いやっ・・やだぁ・・」と抵抗しますが、彼はさらに激しく舌を動かし、強引におっぱいを揉みます。

 私が無理やりっぽいのが好きネのを知っていて、わざとそうするのです。




 首筋が弱いので思わず「ああん」と声をあげると、彼はあっという間にブラをまくり上げ、生胸を優しく、激しく揉んできます。

 そしてコリコリになった乳首を指で転がしたりつねったりして弄び、急に私の体をくるっと回して、その乳首にしゃぶりつきます。

 彼に乳首をちゅぱちゅぱと吸われ、舌でレロレロと転がされ、私はもうとろけそうに感じてしまいます。

 彼は乳首を舌でいじったまま、ショーツを膝まで下げ、クリをいじり、アソコをくちゅくちゅと指でまぜます。

「もうこんなに濡れてるよ・・すごいびちょびちょ」

「やだ・・はずかしい・・」

「ほら、自分で触ってみろよ」

 彼が私の手を取って下に導くと、アソコは自分の予想以上に濡れて熱くなっているのがわかります。

「すごいエッチだろ。・・ほら、もっと・・」

 彼は私の指をぐいぐいと押し付け、中まで入れさせようとしますが、私は恥ずかしくてできません。

「やぁっ・・自分じゃイヤ・・入れてよぉ・・」

 私が体をよじらせておねだりすると、しょうがないなと言いながら彼はしゃがみこみ、2本の指で一気に奥まで突き上げます。

「はぁん」

 いきなり奥を刺激され、私はたまらなくて声をあげてしまいます。

「ダメだよ、声だしちゃ」

「だって・・すごい感じちゃう・・あぁん・・」

 ダメだと言いながら彼はさらに激しくピストンを繰り返し、左手で下腹部を押さえてもっと感じるようにしてきます。

「ここがいい?・・こっちがいい?」

 そう言いながら、奥にあった指を少し抜いて、第一間接だけ入ってる状態で指を出し入れされます。

「あん・・やだぁ・・」

「ここじゃイヤなの?どこがイイ?」

 私が奥が好きなのを知っているくせに、彼はじらして、動きもゆっくりにしてしまいます。

「やはぁ・・もっと・・奥まで入れてぇ!」

 私もう感じまくっていて我慢できないほどになっているので、ピクピクと自分から指をくわえてしまい、もっとしてほしくて腰をふってお願いします。

 彼はまた私の体の向きをくるっと変えて棚に私を押し付け、私は自分から指が入りやすいようにおしりを突き出します。

 少し入っていた指が抜けたかと思うと、次は3本の指で奥まで突き上げられ、反射的に体を反らせるとますます感じてしまいます。

「ああぁん、いいよぉ・・んん・・すごぉい・・っ!」

 痛いくらいの快感にあえぎながら、右手で棚につかまり、左手で自分の乳首をいじり、さらに登りつめていくのを感じます。

「ああ・・興奮するよ・・気持ちイイ?」

 自分で乳首を触るのを見た彼は興奮し、右手の指を入れたまま立ち上がり、後ろから私に覆い被さると左手で胸を激しくいじってきます。

 彼の硬いモノが太ももに当たるのを感じ、私は空いた左手でズボンの上から優しくしごいてあげます。

「ああー、気持ちイイよ」

 私が触ってあげると彼のモノはもっと大きくなり、ズボンから出してあげようとジッパーを探りますが、後ろ手なのと感じてるのとでうまくできません。

 彼はかまわず私を責め続け、私は力が入らなくなり、足がガクガクしてきます。

「ああん、気持ち良すぎるぅ・・・あっ、あっ、・・イクぅぅ・・!」

 あまりの気持ち良さにあっという間にイッちゃいます。

 まだ体がフワフワしてるけど、今度は彼の番。

 すでに大きくなったモノを苦労しながらジッパーから飛び出させ、両手で優しくしごいてあげます。

「ああ〜、もういっちゃいそうだよ・・」

「気持ちいーの?・・もっとしてあげるぅ・・」

 私はひざまずいて、竿を両手で撫でながら、少しお汁が出始めた先っちょをレロレロしてあげます。

「くぅ・・」

 彼が歯を食いしばって快感に悶えているのがかわいくて、首までカプっとくわえて口の中で舐めまわします。

 そして付け根までくわえて竿の裏側を舌で丁寧に刺激します。

「ああ〜〜いいよ、もっとして」

 彼はあわててズボンをおろして、パンツも一緒に太ももまでおろします。さっきよりいきり立ってビンビンのモノにたまらずしゃぶりつき、唇と舌でじゅるじゅるにしちゃいます。

 口の中でどんどん大きくなる彼のモノ。

 苦しいけど彼のおかげで上手になった私は、手でタマも触りながら、竿も撫でながら、夢中でフェラします。

「あー! もういっちゃう・・イクよ・・うぅ!」

 あえぎながら、口の中にフィニッシュ。どくどくと出てくる液を最後まで舐めて飲み干します。

 終わったらそそくさと衣服を直して、彼は階段で1階へ、私は通路から2階を通り、別々の行き方で席に戻ります。

 倉庫は鍵も掛からないし、いつ誰が入ってくるかわからないけど、スリルがあって興奮しちゃう。

 他にも会議室、応接室、更衣室、トイレ、残業中は誰もいなくなるので事務所ですることもあります。

 私は上付きで、彼のは固いし立ち過ぎるのためバックができず、会社では挿入はなかなかできません。

 でも飲み会の帰りなど、車でする時はもっと激しくお互いに舐めあい、狭いけど体位もいろいろ楽しみます。

 挿入する時は必ずゴムをつけますが、時々は少しだけ生でして、後は手でいかせてもらい、彼も私のおなかの上に出しちゃいます。

 こんな毎日が5年続きましたが、最近私に彼氏ができたので、関係はストップしてます。

 でも、彼氏のテクで私は前よりどんどんHになってきちゃったので、たまには先輩ともHしようかな、と考えたりしてます。


告白体験談関連タグ

|||||||||

【職場】会社で【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月9日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ