相互リンク先の更新情報!

【レイプ】「トイレ貸して」 【告白体験談】

カテゴリー:レイプ告白体験談
tag:


鍵っ子狙う



 大阪府警刑事特別捜査隊や四條畷署などの捜査で、強姦致傷などの容疑で逮捕、起訴されたのは、大阪府門真市江端町、無職、石若喜美夫被告(41)。被害届が出ていた3件の強姦事件について、警察の捜査が2月に終了した。



 府警によると、1件目が発生したのは平成22年9月26日、日曜日の昼下がりだった。石若被告は四條畷市内の民家の玄関近くで女子中学生が帰宅するところをじっと見ていた。



 「やれる」



 女子中学生が鍵を使って玄関の鍵を開けた瞬間、石若被告はこう思ったという。



 石若被告は「少女が『ただいま』と声を出して鍵の閉まっていない玄関のドアを開けた場合、家の中には家族がいる。もし、自分で鍵を開けて何も言わずにドアを開けて入ったならば、他に家族はいないはず」と供述しているとされる。



態度を豹変



 石若被告は、女子中学生が自分の鍵でドアを開ける様子を確認したあと、家のブザーを鳴らした。午後1時40分ごろだった。






 ドアが開くと、石若被告は「トイレを貸してほしい」と言って玄関に入った。



 「騒ぐな、殺すぞ」



 次の瞬間には、石若被告は態度を豹変させて女子中学生を脅迫。女子中学生の服をつかんだまま奥の居間へ連れて行き、服をすべて脱がし、わいせつな行為をしたという。



 石若被告は強姦と住居侵入の罪で起訴された。



 2件目は昨年4月28日午後3時50分、被害にあったのは同じ四條畷市内の女子高生だった。



 玄関の鍵を開けるところを確認して家のブザーを押し、「トイレを貸して」と家に侵入するなどの手口は同じ。この事件では、石若被告は強姦致傷と住居侵入の罪で起訴された。



小学女児までも



 3件目は昨年6月22日午後3時ごろ、被害者は門真市内の小学校高学年の女児だ。犯行の手口は前の2件と同じだが、さらに携帯電話のカメラで女児の裸の写真を大量に撮っていた。



 「誰かに言ったら写真をばらまく」



 女児を脅し、恐怖心で抵抗できなくさせ、わいせつな行為をしたという。



 犯行の途中で、女児の友達が家に遊びに来て、女児は裸のまま友達と2人で玄関から外に逃げたという。



 この事件で、石若被告は強制わいせつ致傷と住居侵入の罪で起訴されたほか、さらに写真撮影が判明したため児童ポルノ法違反容疑でも送検された。



 調べに対し、石若被告は「小さい女の子を見たら性的欲求が抑えられなかった」と供述したという。



出典:二度とこのような被害者が現れないように注意喚起しました!!!

リンク:/news/newsarticle/event/crime/547982/


告白体験談関連タグ

||

【レイプ】「トイレ貸して」 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月9日 | 告白体験談カテゴリー:レイプ告白体験談

このページの先頭へ