相互リンク先の更新情報!

【初体験】妻との力関係 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


会社で初めて妻を目にした時、電流が走るというのだろうか、

妻の清楚な美しさに心臓が止まる程の衝撃を受けたのを覚えている。



自社だけでなく、関連会社からも大人気だった妻を

うまく同じ部署という立場を利用して、

苦労に苦労を重ねてやっと口説き落し、2年の交際の後、

これまたやっとの思いでプロポーズして俺が28歳、妻が26歳の時に結婚できたことは、まさに奇跡だった。

そして、現在は結婚3年目を迎えるに至っている。



上記のような馴れ初めなので、当然のように夫婦間の力関係は

妻>俺だった。

夜の営みについても、妻はセックスが嫌いなのか、

月に何回やってるかを言っても誰にも信じて貰えないくらい少なく、

内容もかなり淡白で、とても満足できるようなものではなかった。

恥ずかしい話だが、交際期間も入れると5年の付き合いだというのに、妻の裸をまともに、見たことさえなかった。




妻は、よく女優(モデル)の西山茉希に似ていると言われる容姿で、

切れ長の目が、少しキツイ性格を連想させ、

夫でありながら、俺は一緒にいても、いつも緊張していた。実際、妻は気位が高かった。

イメージ図()



そのような夫婦生活を送っていたある日(正確には先月中旬の金曜日)

妻が改まって話があると言い出した。

俺は『とうとう来たか!』と絶望感で押し潰されそうになりながら会社から帰宅した。

妻と向き合い改まって妻を見ると、やはり美しい『別れたくない、どんなことをしても別れないぞ!』という気持ちが自然と湧き上がってきた。

俺は緊張して震えながら妻が話しだすのを待った。

緊迫したその場の雰囲気に妻も耐えられなくなったのか、すぐに言い難そうに口を開いた



「お金を貸して下さい。お願いします。」



え?なんだって?

俺は、話の内容と普段、私に対して敬語で話したりしない妻の敬語に驚いて、暫く呆然としてしまった。

妻の説明によると、義弟が事業に失敗してしまって、担保となってる妻の実家の家屋敷まで取られそうだということだった。

てっきり離婚話だと思っていた俺は、ほっとして力が抜けてしまって、

すぐに「いいよ。いくら?」と言ってしまった。

結局、2000万ほど貸すことになり、少し後悔した。



しかし、その後悔も僅かな時間だった。

妻(イメージ図)が、、、あの強気な妻がしおらしく土下座している。

その姿を目にすると、すぐに2000万など安いものだと思うようになった。



俺は、なんだかムラムラしてきてしまって、妻を抱きしめてキスしようとした。

普段の妻だったら、シャワー浴びる前に、しかもこんな明るい場所では、絶対にさせてくれない。

しかし、その日は違った。

自分から舌を絡めてきて、胸を揉んでも文句も言わずに黙ってされるがままになっている。

散々唇を貪った後、唇を離すと、妻は、尊敬を込めた素敵!という熱い眼差しで、じいっと俺を見つめている。

服を脱がそうとすると、嫌がったので、「好きだ」と言ってみた。

すると「私も。佳一君が、全く迷いもしないで、貸してくれると言った時、結婚して本当に良かったと思った。愛してます」

と、普段絶対に言わないようなことを言って素直に服のボタンを外させてくれた。



この日、本当に初めて、明るい所で妻を全裸に剥いて、じっくり裸体を鑑賞した。

醜い話だが、俺の中で金を貸したことで、少し妻より優位に立ったような感情が芽生えていたのだと思う。

自信の無い俺からは想像できないほど強引に、羞恥で嫌がる妻に体を開かせ、裸身を隅々まで見てから、全身を舐め回した。

ただ、お尻の穴を弄った時だけは、死ぬような抵抗をされ、これは諦めた。

この日、俺は何度も妻を抱いた。風呂場でも抱いた。明るい所で美しい顔を眺めながらフェラもさせた。

普通なら新婚旅行で済ませているようなことなのだろうが、、俺達には、初めてのことばかりだった。

いずれにしても、この日からいろいろ変わった。会社から帰ると、食事も風呂も後回しで、妻の体を貪った。

朝っぱらから素っ裸にさせたりもした。あの妻を抱きたい時に抱けるようになったのだ。

2000万など、本当に安いものだった。



そして、、ちょうど先週の金曜

妻がまた言い難そうに、話を切り出した。先日貸したお金では足りず、もっと貸して欲しいというのだ。

俺はあっさり貸すことを承知した。そして、その晩、

あの勝気でプライドの高い妻は、俺の目の前に尻の穴を突き出した。

明かりが煌々とした部屋で、、、

妻は、可愛らしい尻の穴ヒクヒクさせながら、自由に嬲ることを許してくれた。



翌日、義弟と義父が頭を下げに来た。

俺は心の中で義弟に頭を下げた「ありがとうよ」と。おかげで俺は夫婦関係で自信を持つことが出来るようになった。

若干、俺を見下していた妻は、心から俺を尊敬するようになった。

暗闇で正常位でしかさせてもらえなかったSEXが、今では、妻は昼間から真っ裸になって何でもしてくれる。

俺は、本当に感謝している。





出典:自分の体験談

リンク:自分の体験談


告白体験談関連タグ

||||||||

【初体験】妻との力関係 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月11日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ