相互リンク先の更新情報!

【初体験】 男「へぇ、処女膜を破るバイトですか」 【告白体験談】

カテゴリー:初体験の告白体験談
tag:


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)21:15:47.52ID:fCO0OHtr0





男「面白そうですね。是非やらせてください」



社員「助かるよ!良かった、じゃあさっそくこちらへ来てもらおうか」





男「これは・・・ベルトコンベア?」



社員「そうだね、ここから処女が流れてくるんだ」



男「流れてきたら、どうするんですか?」



社員「普通に、次々と処女膜を破ってくれたらいいよ」






男「分かりました。思ったより簡単そうですね」



社員「あ、破る時はここにある麺棒を使ってくれたらいいから」



男「麺棒、ヌルヌルしてますね」



社員「滑りを良くする為にね。素手じゃ掴みにくいと思うから軍手を貸してあげよう」



男「ありがとうございます」



社員「うん、そんなところかな。じゃあ機械動かすから、何かあったら言ってくれ」



社員「いやぁー、人足りなくて困ってたんだよね!本当に助かったよ!」



ガシャン、ウィーン













7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)21:21:56.40ID:fCO0OHtr0





男「お、流れてきた流れてきた。みんな全裸だけど、恥ずかしく無いのかな」



男「まぁいいや。よし、やるぞ」



ウィーン



男「ふん!」ブチィ



処女「いぎぃ!」



ウィーン



男「ふん!」ブチチィ



処女「ふぎぃ!!」



ウィーン



男「ふん!」ビリッ



処女「ふぐっ!」



ウィーン



男「力加減が難しい・・・さっきの人痛そうだったな・・・」



男「よし、もっと躊躇なく破ってみよう」



21:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)21:27:08.68ID:fCO0OHtr0





ウィーン



男「おりゃあ!」ドスッ



処女「いっ!?ぐがぁ!!」



ウィーン



男「ちょっと強すぎたかな・・・もう少し弱めるか・・・」ツンッ



処女「ひゃっ!」



男「あ、入らなかった。もう一回、えいっ!」トンッ



処女「ひゃうぅ!」



男「あれ、また駄目だった・・・おっと、後がつかえてきた。まずい!」グシュ



処女「ぐひぃ!!うっ・・・」



ウィーン



男「やばい、急がないと!」







28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)21:32:58.54ID:fCO0OHtr0





ウィーン



男「えいっ!」ズリュッ



処女「ぎぃ!」



ウィーン



男「やぁっ!」ドドバァ



処女「うぐぅ!」



ウィーン



男「とぉ!」ズギュム



処女「はがぁあ!」



男「忙しくて力加減を調節してる暇が無い・・・!」



ウィーン



男「ふんっ!」グニュ



処女「ひぎぃ!」



男「あぁ!手元が狂ってお尻を貫いちゃった!」







32:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)21:39:45.62ID:fCO0OHtr0





男「しまった・・・もう一度!」ヌルン



処女「ぐぇあ!」



ウィーン



男「どうしよう、一つ駄目にしちゃったかもしれない・・・」



男「あれ、でもお尻だって処女には違い無いだろうし・・・」



男「え?もしかして最初からお尻も突かなきゃ駄目だったり・・・」



ウィーン



男「うわぁ!もたもたしてたらどんどん流れてきた!」



男「ふんっ!ふんっ!ふんっ!」ズドッズドッ



処女「ぶはぁ!」



男「いかん、焦れば焦るほど手元が狂って・・・」







39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)21:51:13.78ID:fCO0OHtr0





男「ちょっ、待!一旦止めて貰わなきゃ!」



男「すみませーん!」



ウィーン・・・ピタッ



社員「どうかしたのかい?詰まってるじゃないか」



男「いえ、それなんですが実は・・・一度お尻の方を突いてしまった物がありまして・・・」



社員「なんだって!それは困るよ、破るのは処女”膜”って言ったろう!?」



男「ああ、膜だけでしたか・・・すみません、どうすればいいですか?」



社員「そうなった奴は廃棄だよ、先まで行って弾いてこなきゃいけない」



男「本当にすみません・・・」



社員「いやいや、誰でも一度はやることだ。一緒に行こうか、廃棄の仕方を教えるから」



男「はい・・・」







50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)21:59:56.83ID:fCO0OHtr0





社員「それで、お尻を突いたのはどれだい?」



男「いえ、それが・・・ちょっと分からないです・・・顔を見てなかったもので・・・」



社員「ははぁ、困ったねぇ。・・・うーん、まぁまだ始めてそれほど時間は経過してない訳だし・・・」



社員「しょうがない。ここら一帯はまとめて廃棄だね」



男「えぇ!・・・いえ、すみませんでした・・・」



社員「もういいよ、済んだことだから。じゃあこの台車に廃棄品載せて」



男「はい・・・よいしょ」ドサッ



処女「痛っ!」







男「はぁ・・・はぁ・・・終わりました・・・」



社員「お疲れ様、じゃあ廃棄所まで送って行こうか」







67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)22:11:43.90ID:fCO0OHtr0





男(思ったよりキツいなぁ・・・この仕事・・・精神的に・・・)



社員「着いた、ここだよ」



男「なんだ・・・この臭い・・・」



社員「ああ、始めてだとちょっと堪えるかな。これは廃棄品の臭いだよ」



男(うわ・・・これ全部が・・・廃棄・・・!?)ゾッ



社員「非処女は特に、痛むのが早くてね。月に一度業者が回収に来るんだけど」



社員「それまではずっとここに置いとかなきゃいけないんだ」



男「月に一度・・・って、一か月分がこの量ですか?」



社員「たくさんあるからって手を付けちゃ駄目だよ、後で色々と問題になるからね」



男「流石にそんな気分にはならないでしょう・・・これは・・・」



社員「・・・まぁいいや、それ置いたら仕事に戻ろうか」



男「はい・・・」



76:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)22:16:54.95ID:fCO0OHtr0





男「よし、今度は間違えないぞ!」



ウィーン



処女「遅かったね、何してたの?」



男「・・・・・・」ブシュ



処女「ひぐっ!」



ウィーン



男(集中しよう・・・手元の作業だけに集中・・・)ズチュ



処女「ぁぎぃ!」



ウィーン



男「・・・・・・」ドブッ



処女「んぁあ!」



ウィーン







87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)22:25:20.17ID:fCO0OHtr0





男「・・・・・・」ズヌヌッ



処女「はぎぃ!」



ウィーン・・・ピタッ



男「・・・あ、止まった?」



社員「お疲れ、よく頑張ったね。お昼にしていいよ」



男「あ、はい!お疲れ様です!昼休憩行ってきます!」



社員「うん、行ってらっしゃい」



男「気が付いたらこんな時間か・・・大分集中してたな・・・」



男「弁当は持ってきてないから外で買わなきゃな・・・ん?」



処女「あの・・・もしかしてお昼ご飯まだですか?だったら一緒に・・・」



男「近くにコンビニとかあったっけな・・・」







109:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)22:42:31.99ID:fCO0OHtr0





男「良かった、近くにコンビニ会って。ついでにトイレも借りるかな」



男「すみません、トイレ貸して頂けませんか?」



店員「ッ!・・・は、はいどうぞ!」



客「・・・ヒソヒソ」



客「・・・ヒソヒソ」



男(どうしたんだろう・・・みんな俺を見てる気が・・・)



男「ってなんだ、返り血塗れじゃないか。気が付かなかったなぁ、まぁいいか」



男「お昼はパンにしよう。飲み物はファンタと・・・」



男「この形は駄目だ・・・やっぱりお茶にしよう・・・これください」



店員「は、はい!・・・245円になります!」



男「ふんっ!」



店員「ひぎぃ!」



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)22:48:41.71ID:fCO0OHtr0





男「・・・と、危ない危ない。お茶を選んで正解だった」



男「ファンタなら大変なことになってたかな、うん」



店員「?」





社員「あ、お帰り。じゃ再開しようか」



男「よろしくお願いします」



処女「おかえりー」



男「ふんっ!」ズボッ



処女「ひぐぁ!・・・ぐすっ」



ウィーン



男「特に考えなくても手が動くようになってきた、上達したようだ」







131:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)22:57:47.96ID:fCO0OHtr0





男「右手で麺棒を握り、左手で膣を押さえ、一気に突き!そして抜く!」ズボァ



処女「うっ・・・!」



ウィーン



男「どうもこのやり方だと効率が悪い気がするなぁ」ズリュ



処女「ぎひぁ!」



ウィーン



男「そうだ!」ズブブッ!



処女「あ゙ーっ!」



ウィーン



男「両手でやろう!」ズボンッ



処女「らぐぅん!」



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)23:06:21.89ID:fCO0OHtr0





男「よく見たら麺棒、もう一本置いてあったよ」



男「最初からそうさせるつもりだったんだろうか、まぁいいや使わせて貰おう」



男「二刀流、効率は良さそうけど、精密なコントロールが要求されそうだな・・・」



ウィーン



男「ここだ!」ズッ



処女「ふわぁ!」



処女「はがぁ!」



ウィーン



男「よし!上手く行った!この調子で行くぞ!」



男「ハァッ!」ズズッ







150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)23:10:50.00ID:fCO0OHtr0





処女「だっ!」



処女「ぐひぃ!」



男「しまった!軌道がずれて、二人ともお尻に・・・」



ウィーン



男「ああ待った待った!廃棄品は弾いとかなきゃ!」



男「でぇい!」



処女「痛っ!」ドスン!



処女「ぐぇ!」ドサッ



男「あとで廃棄所に連れていくから、ひとまずそこで待っててね」



処女「・・・・」







163:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)23:19:10.78ID:fCO0OHtr0





男「ミスらないように・・・気を付けなけれ、ばっ!」ズリュッ



処女「うぁ!」



処女「はん!」



ウィーン



男「集中しよう・・・さっきよりももっと・・・もっと!」ボズズッ



処女「ひぎぃ!」



処女「ひぎぁ!」



ウィーン



男「・・・・・・」ブズッ



処女「いやぁ!」



処女「いひゃい!」



男「不思議だ・・・目を閉じた方がやり易い・・・」







186:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)23:29:09.74ID:fCO0OHtr0





男「見える・・・見えるぞ・・・膣穴の位置・・・膜の呼吸が・・・」ズズッ



処女「あぁっ!」



処女「あふっ!・・・フゥー」



男「よし・・・上手く行った」



ウィーン



男「羽根のように軽く、ふんわりとしたストロークで・・・」ヌルッ



処女「んんっ!」



処女「これぇ!」



男「よし、今度も痛くない・・・なんだろう、五感すら共有してるような・・・」



ウィーン



男「ははは、なに調子に乗ってんだか・・・」







195:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)23:36:14.04ID:fCO0OHtr0





処女「そんなことないよ。上達してると思う」



男「・・・・・・ッ!」ズグンッ



処女「ひぁ!」



処女「ふひぃ!」



男「一瞬、心が乱れた・・・まだまだだな・・・」



ウィーン



男「さらに深く・・・深く・・・集中!」ブズッ



処女「痛っ!」



処女「かーっ!」



ウィーン



男「少し、感触に齟齬があった・・・?」







220:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)23:46:27.13ID:fCO0OHtr0





男「そうか、麺棒が乾いて来てるんだ。滑りが悪くなって摩擦係数が増えた訳だ」



男「ちょっと止めて貰おう。麺棒を変えなきゃいけない」



男「すみませーん!」



ウィーン・・・ピタッ



社員「どうかしたかい?上手く行ってるみたいじゃないか」



男「ええ、おかげ様で。ただ麺棒の滑りが落ちてきまして」



社員「ああ本当だ。取り替えないとね。予備がある場所を教えておくよ」



男「おねがいします。あ、あと廃棄がまた二つ出たので・・・」



男(あれ・・・いない・・・?あっちに除けて置いたはずなのに・・・)



社員「ん?どうしたんだい?」



男「あ、いえ。なんでもありません」







232:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/25(金)23:54:51.15ID:fCO0OHtr0





社員「・・・で、これはこのダンボールで・・・」



男「はい・・・なるほど・・・分かりました・・・」



男(廃棄品の行方が気になる・・・遠くへ行っていないといいけど・・・)



社員「・・・という訳だから、じゃあ引き続き頼むよ」



男「あ、はい。ありがとうございます」



ウィーン



男(結局、言いだせないまま・・・コンベアも動き出してしまった・・・)



男「やぁっ!」ドヌッ



処女「あはぁ!」



処女「めぇえ!」



ウィーン







250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)00:04:45.79ID:Wd3DBSEp0





男「とぅ!」ズドドッ



処女「あぁっ!」



処女「わん!」



ウィーン・・・ピタッ



社員「お疲れ様、今日はもう終わりにしようか」



男「え、あ、はい・・・お疲れ様でした」



社員「明日も今日と同じ時間だから、よろしくね」



男「はい、遅れないようにします。では」





男(探さなきゃ・・・!廃棄品を・・・!)



男「どこだ!」







268:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)00:16:36.32ID:RlIGfW620





男(顔は辛うじて覚えてる・・・でもどこへ行ったんだ・・・見当も付かない・・・)



男(始めに退避させておいた場所には・・・いるはず無いよな・・・)



男(考えろ・・・見つけ出さないと・・・万が一非処女にでも混じっていたら・・・)



処女「どうかしたの?なにか手伝えることある?」



男(そうだ・・・微かに覚えてる・・・お尻を貫いた瞬間・・・思い出せ・・・!)



男(目を瞑れば聞こえるはず・・・呼吸・・・お尻の穴の呼吸の音・・・!!)



処女「わ、わたしも探してくるね!あっちの方とか!」



男(何百何千と聞いてきた処女の音の・・・唯二つのみを聞き分ける・・・!)



男「見えたッ!!」







289:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)00:32:09.49ID:RlIGfW620





男「見つけた・・・ここだ・・・」



男「廃棄所・・・なんだ、自分から行ってくれてたのか・・・」



処女「あれ、もしかして私を探してたの?」



男「そうだよ、でもいいんだ。ここに居たなら」



男「ってあれ?もう一人はどこだ・・・?」



処女「本当だ、いつの間にか居なくなってる・・・」



処女「・・・ッ!危ない!後ろ!」



男「なっ!!」



バキィ!



男「ぐはっ!」



312:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)00:47:20.60ID:RlIGfW620





男「肩を・・・やられた・・・!お前か・・・!」



処女「チッ、処女め・・・!余計なことを・・・!」ブンブン



男「お前・・・麺棒を・・・!返せ!それは人を殴る為の道具じゃない!」



処女「黙れっ!こんなもんで・・・お尻を突かれた人間の気持ちがお前に分かるか!」



男「悪かった!俺が調子に乗ったばかりに、望まれない形で処女を奪ってしまった!」



処女「違う!お尻にあんな物を入れられたりしたら・・・痛いだろうが!」ブンッ!



男「ぐあぁ!本当に悪かった!反省している!二刀流とかやってごめんなさい!」



処女「本当に済まないと思ってるなら・・・!責任を取れ!!」



男「・・・・な!」



処女「分かってるだろ?本当は・・・麺棒なんか使わずに・・・」







338:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)00:58:24.50ID:RlIGfW620





処女「私がここに来たのは・・・廃棄される為なんかじゃない」



処女「麺棒以外のもので・・・ちゃんとした形で処女を奪われたかったからだよ」



処女「ここに捨てられた皆も、そう思ってるはずだ」



男「そうなのか・・・?」



処女達「ワラワラ」



処女達「モソモソ」



男「確かに・・・勿体無いよな・・・お尻を突いた、ただそれだけのことで廃棄するなんて」



男「疑問はあった。でも俺は仕事に慣れようとするあまり、その疑問を自ら捨ててしまったんだ」



男「俺のミスのせいで無駄に捨てられた奴らもだ。責任は俺が取る・・・」







355:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)01:10:24.93ID:RlIGfW620





男「俺が貫いた奴も、そうでない奴も・・・一人残らず俺のチン棒で貫いてやる」



処女「その言葉を待ってたよ!」



処女達「ザワザワ」



処女達「ほ、本当!?」



処女達「ありがとう!ありがとうっ!」



処女達「神様っ・・・!!」



処女達「濡れた・・・じゅん!」



男(これだけの処女を相手に・・・俺の精力が持つだろうか・・・?しかし・・・!)



社員「君ばかりに格好いい役を任せる訳にはいかないね」



男「あ、貴方は!」



372:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)01:16:25.49ID:RlIGfW620





社員「廃棄品に手を付てはいけないと言ったのは私だ」



社員「私の言い方が足りなかったんだろう。諸々の責任は私が取る」



男「あ、ありがとうございます!」



処女達「チン棒!チン棒!チン棒!」



処女達「チン棒!チン棒!チン棒!」



男「・・・・ははは、今日は終電までに・・・帰れそうも無いな・・・」



社員「安心するといい。今日は私が車で送っていこう」



男「それは・・・どうも!」ジュブリ!



処女「はぁん!」







395:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)01:27:00.12ID:RlIGfW620





男「俺、実は童貞だったんです」ヌポン



処女「ひぁい!」



社員「それは良かったね、と言っていいのやら」



男「いいんですよ。穴があれば何だって!」ズブビビィ



処女「くぅっ!」



社員「見境い無しだったとは・・・ちなみに私にも穴はあるんだが」



男「ではこの人達が終わって、そのとき俺がまだ生きていれば是非!」ドブル



処女「はふぅ!」



社員「それは・・・楽しみにしてるよ。君を雇って本当に良かった」



男「ありがとう・・・ございます!」ドンッ



処女「きぇい!」



438:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)01:39:53.67ID:RlIGfW620





男「うっ・・・逝くっ!」ビュルルルル!



処女「はぁぁぁぁぁぁん」



男「これでもう3回目だ・・・そろそろ俺のチン棒が心許無くなってきそうだ・・・!」



社員「随分と持ったんじゃないかな。童貞だったにしては」



男「まだです!まだ半分も終わって無い!ここで諦める訳にはいかないんだ!」



男「集中・・・集中するんだ・・・快感に心を委ねてはいけない・・・」



男「明鏡止水・・・心頭滅却すれば火も又・・・」



社員「おいおい、そんな心構えで彼女達と接するのか?」



男「・・・っ!?どういう事です!?」



社員「せっかくの乱交パーティなんだ。もっと楽しみなよ」



男「・・・・・・そ、そうか!そうだ!」







453:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)01:50:59.58ID:RlIGfW620





男「仕事中、俺は確かに・・・その作業を、処女膜を麺棒で突き破ることを楽しんでいた」



男「無機物で人を貫く感覚、ただひたすらに人を傷つけるという背徳感を、俺は楽しんでいたんだ!」



男「なんて馬鹿だったんだ俺は!麺棒もチン棒も一緒じゃないか!」



社員「どうしたんだね、何か分かったのかい?」



男「ええ、分かりました!俺、この仕事!天職かもしれません!」



社員「それは良かった!私も、君と出会えて良かったよ!」



男「光栄です!」ズドドンッ



処女「はひゃい!ひゅへひぃ!!」



男「ふんっ!」ジュリリュンッ



処女「ほぺぱぃ!」







470:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)02:03:02.65ID:RlIGfW620





男「ふぅ・・・気が付いたら、もうこんなに終わってましたか」



処女達「ビクビクンッ」



社員「よく頑張ったじゃないか。あと一人だよ」



男「え?」



処女「あーっ!何してるの!?廃棄品には手を出しちゃいけないんだよ!」



男「誰ですか、あれ」



社員「ウチのチーフ、兼処女だ」



男「処女ですか。ならばお相手しましょう」



処女「あ、きみ今日来た子だよねっ?さっき会ったよ、覚えてる?」



男「覚えてないです。貴方もここで見た事を忘れてください」



処女「え・・・っ!?そんな・・・!」



男「よぉい!」ドンッ



処女「ふぎぃいいい!!いぃああああ!あーーーっ!!」



487:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2010/06/26(土)02:09:36.07ID:RlIGfW620





男「今までやせ我慢してましたけど・・・もう限界です・・・っ!」ビュルルル・・・ドクンッ!!



処女「ああああ!!駄目っ!できちゃうっ!子供できちゃよう!!」



社員「作ればいいじゃないですか。彼ならきっと責任を取ってくれますよ」



処女「そっかあああ!そうだよねええええ!できちゃえええええ!!」



男「ええっ、そんな責任は知りませんよ!?」



処女「だまされたああああああああ!!!うあああああ!!!」







男「という話だったのさ」



おわり







出典: 

リンク:


告白体験談関連タグ

|||||

【初体験】 男「へぇ、処女膜を破るバイトですか」 【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月11日 | 告白体験談カテゴリー:初体験の告白体験談

このページの先頭へ