相互リンク先の更新情報!

【友達】まなみ【告白体験談】

カテゴリー:友達との告白体験談
tag:


投稿者:まなみ

日 付:2001/5/29 15時48分

内 容:

みなさん、こんな私に御命令ありがとうございます。

自分で書き込みしたのに、自分の恥ずかしい姿を、みなさんに見られたんだと思うと、もう、どうしようもない気持ちで、キーボードを打つ手が震えてしまいます。

でも、御命令ですから、実行しなければいけないんですよね。

えと、しいな様の命令を実行してきました。

服を少しづつ奪われて、少しづつ追い詰められて、最期には裸にされてしまう自分…命令を読んだとき、この命令の文章だけで、裸にされた自分を想像して、すごく感じてしまいました…

怖いって思ったけど、それ以上に好奇心が止まらなくて…

命令では帰りの電車で、という事でしたが、駅から家迄は人通りの多い商店街を通る事になるので、申し訳ないですが、夜中に駅まで出かけてそこから始めました。

終電はもう過ぎているので、誰もいません。まだ何もしてないのに、これから自分がすることを考えると、どうしても落ち着きません。

ドキドキしすぎて、喉もカラカラで、緊張と、期待と、不安…

手が震えて上手く動きません。意を決して、ポケットから100円玉を取り出して投げました。

…裏でした。

ほっとしたような、残念なような複雑な気持ちです。




でも気持ちはこれで少し落ち着きました。

命令では1分毎、という事なので、時計を確認しながら歩きます。

歩くと10分ちょっとくらいの距離なので、大体10~15回、という事になるんでしょうか。

駅の近くの本屋さんの前迄来た辺りで、時計の針が動きました。

コインを投げます。また裏です。案外こういうものなのかなぁ。

またしばらく歩いて、コインを投げました。表です。一気に身体が熱くなりました。

「とうとう始まっちゃった」って感じで…息が凄く荒くって、ブラウスの上のボタンを一つ外すだけなのに、手が震えて、あそこの奥が、じゅんってなって…

どきどきしたまま、次のコイン投げです。念の為に裏路地に入りました。

ここで落としちゃったら…そう思っていたら集中できなくて、失敗してしまいました。

半分、わざとだったかもしれません。

服を脱がなきゃならないんですよね?ストッキング、はいてきてません。

スカートか、ブラウスか、です。靴下、じゃ納得しませんよね?

どちらにしろ、下着を露にする事になります。

どうしよう…どうしよう…って、頭がぐるぐるしました。でも、悩んでる間にも、

次の1分が来てしまいます。一人ではぁはぁ言って、膝も震えてどうしようもありません。

でも、しいな様の命令

「コインに逆らったら、二日間何があっても全裸で生活」

というのを思い出して、すごく追い詰められて…

ブラウスが、結構長い目なのもあって、スカートを脱ぐ事にしました。

すとんて、スカートが足下に落ちて、風は涼しいのに、身体は燃えちゃいそうに熱くて…

脱いだスカートは、乱暴にかばんに押し込みました。

次に失敗したら、下着姿になっちゃいます。そう思うと、あそこに手が伸そうになって、殆どその場から歩けないまま、次の1分が来てしまいました。もうまともな判断力なんて、全然残ってなかったと思います。

コインを落としてしまいました。

絶望と期待…自分の体温でのぼせてしまいそうです。覚悟を決めて、ブラウスを脱いで、かばんに押し込んで慌てて走りだしました。

ブラジャーはスポーツブラで、ホックがありません。 

次からは、キャッチに成功しても、表だったら脱がなきゃいけません。あと2回で、全裸です。

服でぱんぱんになったかばんを前に抱いて、商店街(とはいっても、アーケードではないので、明るくはないんですが)を下着姿で走りました。息が止まりそうな位あがってしまって、自分でもわけがわかりません。自動販売機の光も気にならないくらい焦って、あそこももうわけわかんなくなっちゃってて、どうしていいのかわかりませんでした。

走っていると、目の前にコンビニがありました。

この格好で、明るいコンビニの前を走る勇気もないし、もし見つかったらって思うと…慌てて、遠回りになっちゃいますけど裏路地に回りました。しばらく息を落ち着かせて、そこでふと時間のことを思いだしました。

1分経っています。

「まだ、やるの?」

いっそ罰を受ける事にしようか、と迷いました。

「…そんな」

迷ってる間に、もう1分経過です。

…2回、しなきゃいけません。最悪、この場で全裸にされてしまいます。

家迄の距離は、半分近く残ってるのに…何より、家に帰る途中にある、大きな通り。

夜中でも、車の通りが結構あって、コンビニやレンタルビデオがあるので、人通りも少なくはないです。そこを、この格好、最悪全裸でなんて…

泣きそうになっていると、物音がしました。それが何なのか、判断もできなくて、

とにかくその場から逃げ出して、裏道を滅茶苦茶に走りました。

興奮しすぎて、涎迄たらしていました。そんな自分が、すごく惨めでした。

人が来そうにない、建物の間の隙間でやっと落ち着いて、時間を確認しました。

とっくに、もう2分経過していました。これで合計4回です。

もう目の前が真っ暗で何も考えられなくて、とにかくコイン投げをしよう、と思って投げました。

4回投げるまでもなく、ブラもパンティも、奪われてしまいました。

とうとう…全部脱がされる…

御命令にあった、コインに脱ぐ事を強要される…

その文章を思い出して、命令されて裸にされてしまう自分を、強くイメージしてしまいました。

でも、とうとう想像ではなくて、本当に…

震える手で、ブラを上げました。胸が、夜風にさらされました。

「もう許してぇ…は、恥ずかしい…」

そう言いながら、パンティに手をかけました。まるで誰かに身体を操られて

いるみたいで…止まりません。少しづつ、私の恥ずかしいところが露にされていって…

心臓が破裂しそうな位どきどきして…

「やだ…」

とうとう、脱いでしまいました。

乳首もあそこも、自分でもびっくりするぐらいびんびんになっていました。

こんな姿、誰かに見つかったら…

裏路地だから、人通りもないし、誰も助けてなんかくれない…

絶望においつめられた自分に、完全に酔ってしまっていました。

全裸になったまま、恥ずかしくてその場にうずくまったまま動けませんでした。でも、いつまでもこうしているわけにもいかないし、この姿のまま家に戻らないと、命令を破ったことになります。

いやらしい液を足に垂らしながら、手とかばんで前を隠して、出来るだけ人のいなさそうな道を選んで、とぼとぼと歩きました。

…問題の大通りにまで来て、また自分の今おかれている現実をつきつけられました。

信号を渡るには、今いる裏路地から、一度通りにでなきゃいけません。でも、

その通りに、コンビニがあるんです。

もし、本を立ち読みしてる人が顔を上げたら…

これ以上ないって位膝が震えて、涙が出てきそうでした。

あそこも、もう爆発しちゃいそうで…

早く、決めなきゃ。いつまでもここにいる方が余程危険。

信号が青になったところで、全力で走り出しました。

「もう、ちょっと位見られてもいい、とにかく家に戻らなきゃ」って思って、横断歩道を走りました。

「!」

焦って気付かなかったのですが、車が信号待ちをしていました。

…確実に、見られたと思います。

街中を、裸で、息を荒くして、あそこを濡らして走っている私を。

でも、それを気に留めている暇もありません。

自分でもビックリする位のスピードで、そのまま家迄走りました。

幸い、その車が追いかけてくるような事も、その後誰かに見られる事もありませんでした。

震える手で家の鍵を開けて、慌てて鍵を閉め、その場に崩れ落ちました。足が震えて動きません。

そして、思いっきりしました。さっきの姿を誰かに見つかって、そのまま犯される自分を想像しながら、2回程イってしまいました。完全に放心状態で、目の前が真っ白でした。身体が疲れ果てて、動けませんでした。

その後に気付いたのですが、身体中がかゆくて、蚊に刺されまくってたみたいです。それに気付かないくらい、興奮してました。

報告を書きながら、その時の事を思い出して、我慢できなくて途中でまたシてしまいました(恥)。

よければ、また私をいたぶってください…。

長くなってしまって申し訳ありませんでした。

PS

アガタ様 私胸小さいから、ノーブラにしても誰も見たがらないと思います…(恥)

えと、まん造様の命令はこれで実行した事に、なりますよね?


告白体験談関連タグ

||||||

【友達】まなみ【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月11日 | 告白体験談カテゴリー:友達との告白体験談

このページの先頭へ