相互リンク先の更新情報!

【職場】キャンプで【告白体験談】

カテゴリー:職場での告白体験談
tag:


今からもう18年も前のこと。入社2年目の秋、同じ職場の仲の良いもので集まり桑殘゜に行った。

 当初は同期の仲間4人、それも野郎だけで計画していたが、女の子達も行きたいということになり、先輩を含め、男性4人、女性6人となってしまった。

 男性は皆同期の24歳、女性は21歳から41歳の既婚者まで。

 昼過ぎにキャンプ場に到着し、早速テントを張ったり、????の準備を始め、????片手に????やおにぎり、鍋物を思い思いに取って食べた。

 昼食と夕食の境がなく、4〜5時間飲み食いし放題。

 酒が入るとやはり話題はHな方向へ進んでしまう。誰と誰が付合っているとか、誰と誰が不倫関係であるとか、そんな話から初体験、今の彼、彼氏とのHの話。

 なかには????されたことがあるといった告白まで。

 そんななか、既婚者の久美さんの日頃のSEXの話の????から皆興奮していた。彼女はフェラが好きなようで、旦那もその巧さを誉めてくれるらしい。

 酒の勢いもあったと思うが、もともと彼女に好意を抱いてた私は『どういう風にするのか、ここで実際に俺にして見せて』と言ってしまった。

 周りの皆も冗談混じりにはやし立てた。

 驚いたことに久美さんは『じゃあ下脱いで…』と私の下にやって来た。『えっ?』と思う頃には彼女の手は私の股間を????の上から擦っていた。

 どうにでもなれ、と思い????を下し、????と????を膝まで下ろした。皆キャアキャアとはやし立てていたが、それでも眼は2人を捕らえている。

 彼女のフェラは確かに巧く、あまり永くは我慢できず、彼女の口の中に勢い良く発射してしまった。

 彼女はそのまま私の吐き出したものを飲み込んでしまい、それを見た女性陣は『すごーい』と歓声を挙げていた。

 これを見た同期の奴が、『俺もして』と久美さんの前に行きズボンを脱いだ。久美さんは躊躇いもなく奴のものを咥え、得意の技を披露している。




 俺は彼女の後ろに回り、その胸を優しく揉み、そして片手を??の中に入れた。

 ??は既にかなりの湿り気を帯びており、その上から彼女の最も敏感な部分に刺激を与えた。同期の奴のものを咥えながらも時折漏らす喘ぎ声に、皆の昂ぶりは加速された。

 二人目が彼女の中には果てる頃、もう一人の同期の奴は同期の裕子の胸を直接揉んでいた。私は久美さんを抱き寄せ、精子の匂いのする口にキスした。

 徐々にそれは激しくなり、同時に胸と下に与える刺激も激しさを増した。

 彼女の???を脱がし、フェラを外し、そのDカップの胸に貪りついた。

 彼女の喘ぎ声は徐々に大きくなり、その気持ちの良さを私に教えてくれる。

 彼女を後向きに立たせ、湿った鋪歟ィを脱がせ、直接舌で刺激を与える。歓喜の声がまた一段と大きくなりそして彼女から一言。

『お願い入れて…』やった!! と思いながらも、『いいの?』と一応確認する。『うん。いいからして』????から彼女の中に挿入した。

 やりたい盛りの年頃だったため、とにかく激しく攻めたてた。最後はそのまま中に果てた。彼女も同時に果てたようで、大きな声をあげた。周りを見ると、皆それぞれにSEXをしている。

 21歳の子はまだ処女だったようで、じっと皆の様子を見守っている。

 久美さんと離れると、41歳の和子さんが私の下にやって来た。『私にもして!』そういってキスしてきた。

 手はすでに私の息子を優しく撫でている。しばらくすると復活した我が息子を愛しそうに咥え、そして自ら全裸となり、私の上に跨った。

『舐めて!』とその熟れた花弁を私に押し付け、淫らに腰を振る。

 鼻と舌を使いそれに応える。口の回りは彼女の愛液でベトベト状態。和子さんは腰をずらし、我が息子に手を添え、自ら導いてくれた。

 そしてゆっくりと腰を前後に動かし始めた。その動きがだんだん激しく、早く、前後から上下、円を描くような動きと様々に変化する。

 今度は彼女を立たせ、舗・から挿入する。少し垂れ気味の胸が大きく揺れる。その胸を後から鷲掴みにし、激しく揉む。

 たまらず大きな歓喜の声をあげる和子さん。髪を乱しながら、自らも腰を振る淫乱な人妻に私はもっと興奮する。そして高まりが絶頂を迎えたことを告げると、『そのまま中に出して!』と返す言葉と同時に彼女の中に果てた。

 座り込んだ彼女の花弁に白い物が伝っているのが見えた。

 21歳の彼女はまだじっとしていた。しかし呼吸が早く、熱っぽい顔をしている。決して酒だけの理由ではないはず。

 彼女の横に座り、ゆっくりとキスする。すると彼女から舌をからめてきた。その気は充分あるようだ。

 むねをやさしく揉み、首筋からうなじへと舌を這わせ、灼維殉の上から股間を擦る。

 上半身を裸にし、????を脱がす。パンティは既にシミを作っているよう。しかしなかなか脱ごうとしない。

 根気強く指で刺激を与え、舌で刺激を与え、また、胸や首筋、脇腹にも刺激を与えると喘ぎ声を上げるようになった。

 やっと最後の一枚を脱ぎ、再び舌で刺激を与えた。今まで以上に声をあげながらいってしまった。

 そのまま刺激を与えようとすると、『お願い…』と一言。『どうするの?』と聞くと、『お願い…入れて欲しいの。初めてなの』と小声で言う。

 彼女を????に寝かせ、正常位でゆっくりと挿入する。処女だと言うが案外すんなりと入った。

 ゆっくりと前後に腰を動かすと顔を少し歪める。しかしそのうち恍惚の表情に変わり、歓喜の声をあげる。またいってしまったようだ。締付けがとても強い。

 彼女の両足を抱え挙げ、奥深くまで突き進むと一段と大きな声をあげ、また締付けが強くなる。いきそうと思い、腰の動きを早めた。

 そして同時に果てた。処女の彼女に中出ししてしまった。そのままキスしてきて、抱き付かれ、『ありがとう』って言われてしまった。

 結局その夜は女性全員と関係を持ち、全てが中出しであった。実は今もそのうちの3人とは関係が続いている。ちなみにその処女は今の私の妻である。


告白体験談関連タグ

||||||||||||

【職場】キャンプで【告白体験談】 を見た人はこんな体験談も読んでいます


秘密のエッチ告白体験談 前後のページナビ!

2013年11月12日 | 告白体験談カテゴリー:職場での告白体験談

このページの先頭へ